MotifyHR

HRの基本

アルムナイの活用で得られるメリットとは?

かつては考えにくいことでしたが、人材が流動化する昨今はアルムナイ(退職者、離職者)の再雇用が行われる機会が増えています。外資系で昔よくありましたが日本ではあまり浸透してきませんでした。
今回はアルムナイが注目を浴びるようになったのか、その実情や、企業にもたらされるメリットについて解説していきます。

アルムナイはメリットの塊

アルムナイ(Almni)とは、卒業生、同窓生を指す英語。そこから転じて、企業を退職した人物やOB、OGといった意味でも使われるようになり、ビジネスシーンでは「定年退職者以外の離職者全般」を指す言葉として浸透しています。

アルムナイの再雇用は、「出戻り」に他なりません。その言葉の印象から、ややネガティブなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、出戻り制度は外資系企業では以前から珍しくなく、そこには様々なメリットが潜んでいます。

第一のメリットは、アルムナイ側が企業の風土や特性を知り、企業側もアルムナイの人柄を理解しているので、見ず知らずの人物を採用する場合に比べてミスマッチが起こる可能性が低い点があげられるでしょう。アルムナイへのアプローチは、自社の条件に合う人材を闇雲に探すよりも、確実に効率がいいと言えます。

企業風土に馴染めず、「採用したけどすぐに辞められてしまった」という場合は、採用にかかったコストが浪費された形になりますが、アルムナイの再雇用であればそうした事態が起こりにくく、費用の面でもローリスクとなります。

即戦力として期待できる点も見逃せません。教育にかかる時間、費用をカットできるのですから、やはりコスト面でメリットがあります。過去に社内で活躍していた人物の再雇用であれば、社内ムードの好転や社員の士気向上にもつながるでしょう。

キャリアアップのための転職が当たり前の時代、アルムナイ制度の充実は、長期的なキャリアプランを描く人にとって実に魅力的ものです。あなたの会社でもアルムナイ制度を取り入れ、浸透させていけば、新卒・中途を問わず、上昇志向の強い人材を採用していけるでしょう。

アルムナイ運用のための周知徹底と多様な雇用形態の導入

アルムナイ運用のための周知徹底と多様な雇用形態の導入

アルムナイを業務に積極的に活用するには、まず受け入れ準備が整っていることを告知する必要があります。再雇用の筋道があることと知ってもらうことで、制度運用の第一歩を踏み出せるでしょう。再雇用後に、一度辞めた人物を快く思わない社員との関係がこじれたり、会社を離れている間にかつての同僚や部下が昇進し働きにくさを感じる状況になってしまう場合もあります。

そうしたトラブルを避けるためにも、アルムナイ制度の存在を社内で打ち出しておけば、事前調整を進めやすくなります。企業側からの要請で再雇用を申し入れる場合には、フルタイムでの勤務に限らず、時短勤務、期間限定勤務、業務委託契約といった形態で働いてもらうケースが好まれる場合もあるでしょう。

フリーランスとして、または兼業や副業などで関わってもらうパターンも考えられます。例えば、出産し、育児の余裕ができて、同じ職場に戻って働きたいと考えている女性OBなども戻ってきやすくなります。雇用形態に幅を持たせることで、アルムナイが活躍できる場面が増えることになります。

基本的に、迎え入れるアルムナイは、円満退社だったことが前提となるでしょう。退職する前後に、どれだけ良い関係を構築できていたかが、復帰を検討する材料になるのは言うまでもありません。快く退社してもらうため、出口管理として「イグジット・マネジメント」もアルムナイ制度とセットで整備、運用される必要があります。アルムナイとの関係を維持しておくことも大事です。アルムナイの了承を得た上でのDM発送やメール連絡、ネットワーク作り、アルムナイ向けイベントの実施などを通じて、自分が所属していた会社の現状を伝え、魅力をPRし続ければ、良好なリレーションシップを築くことができるでしょう。

現代においては、SNS上での個人間のつながりも有効活用できます。

アルムナイは有益な人材リソース

再雇用されたアルムナイには、単なる労働力以上の価値があります。アルムナイが再雇用されて活躍できるという事実は、「戻ってきたいと思えるほど魅力的な会社なのだな」というポジティブな印象を、社内外に伝えることになります。

この展開は、企業イメージの向上にも一役買うことになるでしょう。一緒に働く社員たちも「一度退職してから戻ってくるのもアリかな」といった、キャリアアッププランを思い描けるでしょう。転職を経て、他社のノウハウを身につけている点もアルムナイならではの特徴です。

社外で身につけた技術や知見により、これまで自社で思いつかなかったアイデアがもたらされ、作業効率のアップや、新製品のアイデアが生まれることも考えられます。

終身雇用が当たり前だった時代、アルムナイは雇用対象から真っ先にはずされていました。しかし実際には、雇用時のミスマッチが少ない、即戦力として期待できる、教育コストを抑えられる、自社のイメージアップにつながる、他社のノウハウを身につけているなど、まさにいいことづくめです。そうした理由から、採用の現場では、人材リソースとしてアルムナイが注目を集めているのです。

まとめ

自社から巣立った社員が、成長して帰って来ることに期待して、戦略的に退職者を募り、アルムナイ制度による再雇用を推進する企業も増え始めています。キャリアアップを目的とした転職や、人材の流動化が当たり前になった現代においては、賢い戦略と言えるでしょう。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ