MotifyHR

HRの基本

HRテックとは? 活用方法とメリットを解説

公開日:2021.7.15

HRテックは現代のビジネスの場において急速に普及しはじめた言葉です。特に人事の現場においては、HRテックを注視して活用していくことを考えておかなければなりません。では、HRテックはどのようなものであり、どのように有効活用できるのでしょうか。ここでは、会社組織においてこれがどのように活用されていくのか、活用していくことにどのようなメリットがあるのか、みていきましょう。

HRテックとは

HR(Human Resource)テック(Technology)とは、人事と技術を組み合わせた造語です。この場合の技術とは、特に昨今隆盛しつつあるプログラム系やインターネットの技術のことです。

たとえば、インターネット・AIを利用した人事評価による採用活動などが、代表的な「人事と技術の組み合わせ」です。こうしたツールは、非常に客観的でわかりやすく、手間のかからない評価が可能です。また、勤怠管理にHRテックを使う企業も出てきているため、この考え方は多様な場所に芽吹きつつあります。

ただし、HRテックは決して人事部の業務を自動化する技術ではありません。あくまでも効率化を目的としたツールの1つという認識が大切です。

たとえば、人事部の感情が入ることによって不公平になっていた箇所を正したり、データのやり取りのためにお互いにメールをやり取りする手間を省くことが可能です。また、人事に関するビッグデータを解析するなど人間の手では困難だった解析が可能となります。このように、今まで不便だったところを改善することで人事部がより活躍できるように補助するのが、HRテックの役目です。

ただし、HRテックは導入したからといってすぐさま職務が改善されるわけではなく、活用する社員にも気を配らなければなりません。また、HRテックの導入が進む背景としては、経営に関わる戦略まで担う戦略人事などの役割の増加や機械的な判断による精度の向上などの理由があります。

HRテックを活用するメリットとは?

ここでは、HRテックのメリットについて詳しくみていきましょう。具体的には、「採用面のメリット」「業務面のメリット」の2つがあります。

企業に対して、新しいツールやシステムを取り入れる労力は低くありません。HRテックを利用する人材を育成するためには、ある程度のコストと教育体制の充実など、社内体制を整える必要があります。企業は利益を出し続けなければならないため、HRテックの導入にあたっても、リスク・リターンを考えなければならない点は把握しておきましょう。

より広い領域から人材を獲得できる

まずは、採用面でのメリットとして、新しい技術の導入はさまざまな領域からの採用を期待できます。これまでは、人材の確保を行うための方法は書類面接・能力テスト・面接などがメジャーな方法でした。しかし、HRテックが出てきたことで、その人材の客観的なデータをより詳細に集めることができるようになりました。

たとえば、その人材が何を求めているのか、どのような性格を持っているのかなど、簡単なテストを通じて、膨大なデータを通して分析することが可能です。HRテックの採用によって以下ようなメリットが生まれます。

  • これまで書類や選考などによって埋もれていた人材を獲得することができる
  • 自分からアピールすることは苦手とするものの、会社の理念にぴったりマッチした人材を採用する

人間による判断だけでなく、ツールによる客観的・機械的な判断も加味した採用が可能となります。

また、HRテックによって、マッチングする人材を大きく増やせる点も大きなメリットです。導入していない状態では、面接する人材やスカウトできる人材は決して多くありません。どんなに効率的な面接をしたところで、1日で見ることのできる人員は限られてくるでしょう。

しかし、HRテックの導入ができれば非常に多くの候補者とのマッチングが可能です。たとえば、1日の間に、条件を満たした候補者に自動的にメールを送ってスカウトする、適正テストの門戸をより広く開く、インターネット通話を利用した候補者とのコミュニケーションをとることも可能です。

労働力となる労働人口は減少し続けています。そのうえで、人材獲得の重要性が叫ばれている中、HRテックを利用してマッチングする人員を増やすことは、単純に優秀な人材とマッチングする確率を増やすことにつながります。優秀な人材との出会いは、企業の未来を作るという意味でも大切だといえるでしょう。

効率的な業務が期待できる

次に業務面でのメリットです。HRテックを利用することによって、「必要な人員のデータを必要なときに」共有することが可能です。たとえば、元来では人事部の人間が個人用パソコンや自分のファイルなどに保管していた人材データを、クラウド上にアップロードすることによって、必要に応じてデータを共有できるようになるなどのメリットがあります。

また、データの集計や勤怠管理、給料の計算、書類の発行といった業務を、HRテックは効率的に行ってくれます。そのため、人員にも余裕が生まれ、人事部が経営に関わるなどの新しい働き方も可能となります。また、本来は会社の外に出て申請しなければならなかったものも、簡単・迅速に行えるようになります。

ツールや機械が得意とする分野と人間が得意とする分野は明確に分かれているため、余ったリソースで戦略やよりベストな人事施策を検討することもできるでしょう。

つまり機械は機械の、人間には人間の得意分野をうまく生かすことによって、会社の業務全体を効率的に行うのです。それを可能にするのが、HRテックを導入するメリットといえるでしょう。

離職率の改善や社内環境の改善が期待できる

最後は採用面・業務面両方の側面を持つメリットについて。離職率の改善については、マッチングする人材の数を増やす、選別する行程を詳細に行うなどの施策で可能になります。つまり、内定のあとに実際に働いてみて、「思っていた仕事と違った」ことを理由として離職する人材を減らすことができます。

早期離職率は、新しい人材が企業を決める上で重要なファクターです。そのため、早期離職率を改善するだけでも優秀な人材が集まりやすい環境を構築することにもつながってくるといえるでしょう。

加えて、HRテックは、社内環境を改善する効果も期待できます。人材の持つスキルや能力を客観的に評価するシステムがあるためです。また、HRテックを利用して適切な人材を適切な領域に配置すれば、組織自体が良好な状態になり、社内環境が改善も期待できるでしょう。

ただし、能力やスキルだけを前提としてすべてを決めていると、人間関係の問題で思わぬ綻びが出たりします。そのため、ある程度は人間の手を入れて調整することによって、労働のための良質な環境を提供することができるようになるのです。

HRテックの活用例を徹底解説

ここでは、具体的にHRテックがどのように導入されて活躍しているのかを解説していきましょう。

HRテックの活用例としては、ビッグデータ分析が挙げられます。社員や業界のデータを集め、それらを根拠にして経営や採用方法を変える活用方法が代表的です。また、AIが常時最新鋭のものを反映させるため、経営判断をする際もより実情にあった判断をできるようになりました。

他に、人材の採用活動および育成分野においても、活用事例があります。前述した企業と人員のマッチング率を高めるアプリやデータの利用、採用活動における「オンライン就職活動」の導入などをはじめ、人材を育成する際のプログラムなども立派なHRテックの導入例です。

また、研修の際にもHRテックを利用することによって、個人個人の社員の得意分野、苦手分野をビッグデータから計算してはじき出し、適切な研修を行うことがで可能となります。

個々人が抱える問題をHRテックを利用してなるべく早く改善しようとする動きも見られます。たとえば、健康診断などで採ったデータをもとにして適切な運動量や食事などをリコメンドするプログラムや個々の悩みを回収するためのフォームの作成などが可能です。社員の健康管理をメンタル面・フィジカル面の両方から救い上げるのもHRテックの役割だといえるでしょう。

加えて、社内の相互理解を円滑にすることも可能です。たとえば、社内共通のチャットアプリや専用のフォームの作成、専用のSNSの作成、クラウド型サービスなどがこれに該当します。普段は話す機会のない経営部と現場がインターネット上で相互理解を行うことで、会社全体を組織としてまとめあげることができるのです。

まとめ

HRテックは、リモートワークが進出し、浸透しつつある今、まさに求められている技術です。そのため、経営者はリモートワークの導入をはじめ、HRテックについてしっかりと認識し、どのように活用するのか検討する必要があります。

ただし、あくまでもHRテックは補助ツールの1つです。人事部の仕事を楽にする、サポートするなどさまざまなメリットも含めて、結局は使う人間次第であるということを忘れないようにしましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【弁護士が解説!】モンスター社員対応の事前・事後対策セミナー
【弁護士が解説!】ハラスメント防止と社内コミュニケーション向上セミナー
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!