MotifyHR

HRの基本

守りの人事から攻めの人事へ戦略をシフト!HR業界で注目を浴びているHRBPとは?

最近、HR業界で注目浴びている「HRBP」という言葉。戦略人事を実行するための重要な役割で、通常の業務に加え、人事を通じて会社経営や事業目標の成功を目指すことが主な役割です。今回はHRBPの意味や、HRBPに期待される役割の一つである経営者や社員とのコミュニケーションの重要性についてご紹介します。

HRBPとは?

HRBPは、HRビジネスパートナーの略で、いわゆる戦略人事の役割を果たす人事のことを指します。管理部門として給与計算や勤怠管理を行うだけが業務ではなく、会社の成長や事業目標の達成を目指して、戦略的な人事や組織設計を計画・実行していくのが主業務。人事のプロフェッショナルとして会社の目標とマッチするよう、経営幹部と共に戦略的に働き、人と組織の面から企業の成長を支えます。

HRBPという概念は、1990年代にミシガン大学ビジネススクール教授であるデイビッド・ウルリッチ氏が提唱したことから始まりました。今では多くの欧米企業でHRBPをベースにした人事部門がつくられており、日本においても、新たな人事の在り方として注目されています。

企業がHRBPを必要とする背景

ではなぜ今、日本でもHRBPが注目を集めるようになったのでしょう?その背景には、経営戦略に基づく部門ごとの事業計画から、従業員の業務計画を設定する仕組みを実現する戦略人事が重要視されるようになったことがあげられます。

現代のビジネスでは競争の激化により、従来のビジネスモデルだけでは利益を上げにくくなっています。しかし企業は成長を続ける必要があり、そのためにはイノベーションが求められています。そして人事部門の役割も、労務管理や法的対応を業務別に分けたタスク型組織、つまり「守りの人事」だけではビジネスとして立ち行かなくなってきたのです。

そこで必要になるのが、人材を管理するといった従来のオペレーションを中心とした人事ではなく、経営戦略と人事マネジメントを連動させながら、経営視点に立った方策を創り出すことができる「攻めの人事」です。経営目標を達成するためにはどのような人材が必要で、どのように育てていくべきかを積極的に事業計画に組み込み、企業成長に対して高い貢献度を発揮できる人事部門が必要とされているといえるでしょう。

HRBPに期待される役割

企業においてHRBPに期待される役割とはどのようなものでしょう?すべての企業にとって、経営目標を達成することは共通のミッションです。その中で戦略人事を担うHRBPの役割は、以下の3点になると考えられます。

・経営陣の課題や事業戦略を理解し、そのための人事施策を立案・実行すること
・組織の変革を先導する仕掛け人となること
・現場の意見に耳を傾け、従業員が抱える問題点をあぶり出し、経営陣に伝えること

経営的観点も視野に入れながら、労務の問題点を見出したうえで経営者に有益な情報提供を行い、課題解決・収益向上につなげることこそ、HRBPの役割といえるでしょう。

HRBPに必要な能力

ここまでお伝えしたことからもわかるように、HRBPのポジションを担う人材の選出は、企業にとって非常に重要です。そして、下記の3つの能力が主に必要になります。

人事のプロフェッショナルであること

従来の人事に必要とされている法律や労務の知識に加え、コーチングやメンタリング(対話により人材を育成する指導)のノウハウも求められます。人のやる気を引き出し、次世代のリーダーの育成にも積極的に関わることができることが必要になります。

従業員との対話を進められるコミュニケーション能力、対人折衝力

従来型の守りの人事では後回しにされてきたことかもしれません。進んで従業員に声をかけたり、困った雰囲気を感じ取れば話を聞いたり、できるアドバイスはその場で行ったりと、柔軟な対応や話しかけやすい存在になることが重要です。

経営者と同じ視点に立ったビジネス感覚

HRBPは経営者のビジネスパートナーです。そのためには、市場で何が起きているのかを経営者の視点でとらえる能力が必要です。その上で人をどのように活かすかを経営者にアドバイスできるスピード感覚も重要です。

HRBPの能力、業務、役割は多岐に渡る

攻めの人事、戦略人事を実行することは、ビジネスの厳しい環境を生き抜くために必要な要素です。経営者が早期に達成すべき目標と重なる人事の問題点を特定し、その解決策を提示できることがHRBPには求められます。同時に経営者や人事担当者は現場の意見を吸い上げる必要もあるので、日々、従業員とコミュニケーションを取り、働きやすい職場環境を提供し続ける必要もあります。つまりHRBPには多岐に渡る能力や業務、役割があるといえそうです。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ