MotifyHR

HRの基本

HRMで包括的に人材マネジメントするには

会社の発展には、人材の成長が欠かせません。人材戦略の目的は、人材の流動を防ぎ人的体制を構築することです。さらなる組織開発のために、これからの人事は単なる人事管理ではなく、経営戦略に合致させた形で包括的に人的資源を管理しようとするアプローチが必要となります。今回は、組織発展のための必要な人材マネジメント実施方法、経営戦略と人材戦略の関係性についてご紹介します。

戦略的に人材マネジメントを活用する方法

経営戦略と人材戦略の関係について

ここでは、人材マネジメントの意味や組織発展のために必要な人材マネジメントの実施方法についてお伝えします。

人材マネジメントとは

「人材マネジメント」とは、組織を構成している従業員を重要な経営資源の一つとして認識し、経営理念の実現や経営戦略の推進のために活用するという人事戦略です。優れた人材マネジメントの運営は、会社の発展に向けて多くのメリットをもたらします。
HRM は、Human Resource Managementの略称で、一般的に人的資源管理、人材の管理(マネジメント)という意味です。最近では、人的資源管理という考えが広まるにつれ、人は会社にとって、「コスト」から「経営における大切な資源」と変化してきています。
人材マネジメントは、個人の能力を最大限に活かすための企業努力や研修、制度が必要なのかどうかを検討し実施する人材戦略です。一般的に事業の規模と人材マネジメントの実施負担は比例するといわれています。

人材を人財として扱う

人はモノとは違い、適切な関わりをするとさらに成長し価値を高めることができる存在です。人材マネジメントはその性質に着目し、従業員を『人財』という一つの経営資産として認識します。企業内外で積極的に活躍させることによって、企業理念の実現とさらなる企業発展が期待できます。
経営者や人事部、管理職の活動をスムーズに行うためには従業員の活躍が欠かせません。従業員の持つ能力を最大限に活かすことのできる環境を構築するためには、従業員個人の業績やモチベーションの向上だけではなく、会社全体の活性化や業務プロセスの効率化といった広範囲に好影響を与えることが重要です。

達成に必要な人材要素の洗い出しを行う

人材マネジメント戦略をするにあたり、まず人材マネジメントによって達成したい課題の確認を行います。会社は経営者の描く最終目標の達成に向け、いくつもの中間目標を達成しながら成長を続けています。人材マネジメントはそれらの目標を達成するために必要な課題の解決を目的として実施する経営戦略であるため、実施前には課題の洗い出しや見直しが必要です。
課題確認後、ビジョン達成に向けて必要な人材要素の洗い出しを行います。
現在の課題が明確になったら、人材要素を出すだけではなく、実際の人物像として具体的にイメージできるようにしておくことが大切です。人材要素の洗い出しを行う際には、誰が見ても同じ人材像を思い浮かべることができるレベルまで、詳細に落とし込んでおく必要があります。

ビジョンの達成に向けて必要な人物像をつくり上げたら、企業内人材との比較・検討を行います。自社内に求めている人材のモデルを策定すると良いでしょう。
該当する人物が全く存在しない場合は社内育成を前提とした採用をする必要がありますし、研修次第でビジョン達成に必要な人材に育つのであれば、社内研修による資格やスキルの取得に注力するなどの具体的な方法があげられます。多くの選択肢の中から、自社に最適な方法を選ぶことで、無理のない人材マネジメントを実施できます。

経営戦略と人材戦略の関係について

経営戦略と人材戦略の関係について

会社の経営戦略を実現させるためには、従業員の確保や育成、配置に関する「人材戦略」が欠かせません。それでは、経営戦略と人材戦略の関係について見ていきましょう。

人材戦略とは

「人材戦略」とは、経営戦略を実現させるための、従業員の確保や育成、配置に関する戦略を意味します。
東北大学大学院経済学研究科教授(現在)の藤本雅彦氏は、人材戦略の目指す所を「事業戦略もしくは全社戦略に関わる直接的な成果に関係する経営者ニーズの充足と従業員ニーズの充足」、「究極的には経営者の側からすると戦略を実現することによってハイ・パフォーマンスを獲得することであり、従業員の側からすると満足した職業生活を実現するためのハイ・キャリアを成就すること」と説明しています。

新日本有限責任監査法人が2015年に実施した経営上の優先課題の調査によると、持続可能な経営に向けた経営者の最優先課題は「人材戦略」である、という結果となりました。このように、人材戦略の重要性は年々注目されてきていることがわかります。

経営戦略と人材戦略の関係

事業戦略を実現させるための採用や育成、配置に関する「人材戦略」と、「経営戦略」は深い関係があります。人的体制を構築することが人材戦略の目的となり、経営戦略と人材戦略は、整合性が取れていることが望ましいとされます。文章

整合性が取れることによるメリット

グローバル組織・人材コンサルティング会社のコーン・フェリー・ヘイグループ株式会社では、「人材戦略と経営戦略が整合している状態こそが、好業績の達成に必要である」と説明しています。同社によると、さまざまな調査結果から、経営戦略と人材戦略の整合がとれると、企業価値の向上、社内士気の向上、生産性の向上ひいては業績の改善にも繋がるとしています。

全ての日本企業にHRMが適すとは限らない

全ての日本企業にHRMが適すとは限らない

今までお伝えしてきたように、HRMはこれからの事業戦略の実現に向けて欠かせません。しかし、日本企業の全てがグローバルHRMに適しているとは限りません。世界的に人事機能の制度設計思想、従業員のキャリア観など根本的なところが異なるので、欧米型のHRMをそのまま取り入れるには無理があるのです。
グローバル事業でHRMが成功している日本企業は、企業戦略と人材配置・開発において、あくまで欧米型のグローバルHRMを目指す会社とそうではない会社に分化しています。グローバル事業で成功していても、日本本社内に圧倒的なノウハウが蓄積されていて、日本人の人材と現地の人材の役割分担が明確になっています。そのため、グローバルHRMを行わなくても問題が生じていない会社では、従来の日本中心型のグローバルHRMが成功パターンとして確立しているのです。このような会社ではグローバルHRMを早急に取り入れる必要はないでしょう。一方、事業が多角化してきてグローバルな人材配置をする必要のある会社では、欧米型のグローバルHRMを実現するための取り組みが進んできている状態です。

まとめ

このように、組織開発のためには、会社の人的体制を適切に構築することが欠かせません。人的戦略のために人的体制を構築し、経営戦略と人材戦略の整合性が取れていることは、会社と従業員の両者にとって望ましいといえるでしょう。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ