MotifyHR

エンゲージメント

アルムナイ活用のメリット

卒業生、出身者といった意味を持つ「アルムナイ」。近年は、勤めていた会社を離れ、アルムナイとなった“元”従業員たちが、会社にメリットをもたらしてくれるケースに注目が集まっています。実際にどのようなメリットがあるのか、その具体例を紹介していきます。

会社を知るアルムナイを再雇用し、即戦力として活かす

かつてのように終身雇用が一般的で、会社に忠誠を尽くすことが良しとされてきた日本では、退職者が“裏切り者”扱いされることも少なくありませんでした。

しかし、日本人の働き方が年々変わっていくなかで、会社と元従業員との関係性には明らかな変化が起きています。団塊世代社員の定年退職や少子化などの影響で働き手が減り、採用マーケットはこの先も売り手市場が続くのは確実です。そんななか、優秀な人材を確保するために、アルムナイを再雇用する会社が増えています。

新卒採用・中途採用にかかわらず、新入社員のなかには、会社の風習や風土に順応するまで時間がかかり、いつまでたっても馴染むことができず、最終的に退職にいたる場合もあります。会社側としては採用や育成にかかったコストや時間が無駄になりますし、退職者としては、自責の念を感じたり疲弊してしまったりするかもしれません。

しかし、アルムナイ採用であれば、過去に働いていた経験があるからこそ、ミスマッチが起こるリスクは格段に減ります。人事採用部門としても、不特定多数の求職者を対象とする場合とは異なり、特定の相手をターゲットにできるため、コストや労力を確実に抑えられます

アルムナイ採用が決まれば、在籍時の経験から即戦力としての活躍も見込めます。さらに、会社を離れている間に他社で身につけたノウハウや知識を、自社にもたらしてくれることも考えられます。社内にいるとわからない、業界内での自社の評価や弱点などを、アルムナイから知ることもあるでしょう。

また、再雇用されたアルムナイは、「一度辞めた自分を再雇用してくれた」という恩義を感じる可能性もあります。その感情がロイヤリティへと発展し、愛社精神の強い“頼れる働き手”となってくれることも期待できます。

社外のアルムナイが数々のメリットをもたらす

社外のアルムナイが数々のメリットをもたらす

人事採用の分野以外でも、アルムナイの存在が会社にメリットをもたらしてくれる場面はいくつも考えられます。

まずは、アルムナイが同じ業界内で転職するケースです。既存の取引先への転職であれば、今まで以上にパイプを太くすることができるでしょう。これまで取引のなかった会社への転職であれば、新規取引先の獲得につながることは言うまでもありません。同様に、アルムナイが協力会社で働いている場合は、製品やサービスのコラボレーションが成立しやすくなります。

巣立っていったアルムナイが新天地で活躍し、影響力のある人物に成長することで、採用マーケットにおいて会社のブランド力が高まるという現象も起こっています。「あの会社は優秀な人材を輩出している」という事実が、会社のイメージを高めてくれるのです。同時に、巣立っていったアルムナイたちと良好な関係を保つことによって、「会社と従業員という枠を越えて人間関係を大切にする会社」というイメージも生まれ、これもブランディングに役立ちます。

友人、知人の紹介で人事採用を行うリファラル採用においても、アルムナイは頼れる存在です。内情を理解しているからこそ、会社にあった人物を紹介してもらえる可能性は高いでしょう。巣立ってから時間がたっているアルムナイであれば、人間関係が広がっていることが考えられるため、思いもよらない優秀な人材と引きあわせてもらえるかもしれません。

アルムナイが自社の製品やサービスを利用する顧客になってくれることも考えられるでしょう。キャリアアップを目指して退社したアルムナイが、社会で影響力を持つ存在となれば、アンバサダーのような働きで製品やサービスの魅力を広めてくれる可能性もあります。

信頼関係や制度づくりがアルムナイ活用の決め手になる

信頼関係や制度づくりがアルムナイ活用の決め手になる

ミスマッチのリスクが少ないアルムナイ採用、転職先で活躍するアルムナイとの取引やコやラボレーション、リファラル採用の確度アップ、アンバサダーとしての役割など、アルムナイへの期待は、いずれも在職中に会社と従業員本人との信頼関係が保たれていたことが前提となります。

同時に、退職がお互いに合意の上で円満に行われたことも条件でしょう。ポジティブな離職を促したり、再雇用がしやすい状態をつくっておく「イグジット・マネジメント」をおろそかにしないことも、アルムナイ活用のポイントです。

アルムナイの力を会社に活かすためには、会社側の制度づくりや風土も大切です。退職後もアルムナイとして活躍する機会があることが社内に浸透していれば、多くの従業員が会社との信頼関係を崩すような行動は取らなくなるでしょう。また、アルムナイを再雇用する制度が社内外に周知されていれば、アルムナイ側も、受け入れる会社側も抵抗感が薄れ、採用後もすぐに職場に馴染めるでしょう。

アルムナイ活用に力を入れてる会社では、イベント開催やインターネット上のプラットフォームを用いたコミュニケーションも盛んです。アルムナイ同士、またアルムナイと現職社員らが積極的に情報交換を行うことで、業界の動向を見渡し、アドバイスを送り合いながら、切磋琢磨しているのです。

また、イベントやインターネット上でのコミュニケーションは、アルムナイの再雇用や、リファラル採用に関する情報収集やオファーのタイミングを図る上でも役に立つようです。

まとめ

生産年齢人口の減少や雇用の流動化による働き手不足は、今後も高まることが予想されます。アルムナイと連携し、時には再雇用などの道も模索していくことが、これからの時代を生き残るための一手となるでしょう。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ