MotifyHR

エンゲージメント

仕事のモチベーションアップにつながる方法を知って、社内の雰囲気を良くしよう

モチベーションを高めることができれば、みんながやる気を持って仕事に取り組むようになり、仕事の効率性が高まって業績アップにつながります。したがって、いかにしてモチベーションをアップさせるかは重要な問題といえるでしょう。ここではモチベーションを高めるための方法についてご紹介します。

モチベーションとは

そもそもモチベーションとは何なのか基本的な点について見ていきましょう。

モチベーションは動機ややる気、意欲のこと

モチベーションをそのまま訳すと動機という意味になります。そこから転じてやる気や意欲といった意味で用いられることもあります。企業が消費者に対して製品をアピールするときには、購買の動機づけをする必要があり、このことをモチベーションを上げると表現することがあります。また、スポーツ選手がやる気を高めることもモチベーションを上げると表現されたりします。このようにモチベーションという言葉は現代の日本において幅広く使われているといえます。

ビジネスにおけるモチベーションの意味とは

ビジネスにおいてモチベーションという言葉が使われる場合は、従業員の仕事に対する意欲を指していることが多いです。業務に対する意欲が失われてしまうとやる気を持って仕事に接しなくなります。このような従業員が増えてしまうと社内の生産性が低下してしまうでしょう。組織全体の生産性が落ちると、当然会社の業績にも悪い影響を与えてしまいます。

モチベーションを高めるのは管理側の役割

組織において個々のモチベーションを高めることは管理側の重要な役割といえます。もちろん、個人がそれぞれ自分で工夫をしてモチベーションを高めるための努力をすることも大切です。しかし、モチベーションを高めることを個人任せにしておくのは効率が悪いでしょう。また、管理側のミスによって従業員のモチベーションが低下するのもよくあることです。そのため、いかにしてモチベーションを高めてあげればいいのか考えることは大切です。

「モチベーションアップにつながる」とはどういう意味?

仕事においてのその意味を詳しくご紹介します。

従業員のモチベーションを高めるのに効果があること

「モチベーションアップにつながる」と表現されるのは、何らかの施策によって従業員がやる気になり仕事への意欲を高めることに寄与しているという意味です。仕事においてモチベーションアップが大切な理由は、仕事のやる気を引き出すことによって、会社の業績アップにつながるからです。多くの会社は従業員の仕事に対するモチベーションを高めることに苦労しています。せっかく対策を実施してもそれがモチベーションアップにつながらないということはよくあるのです。

モチベーションを高めるための方法はたくさんある

従業員のモチベーションを高める方法はいろいろとあります。ただし、それらすべてが自社の従業員に効果があるとは限らないでしょう。従業員によって、影響を強くものは異なっているのです。モチベーションアップのために採用した方法が逆効果になることもよくあります。そのため、それぞれの従業員にとって最適な方法を探すことが大切です。

【社内の雰囲気アップにつながる】モチベーションを高めるために知っておきたい3つのポイント

従業員のモチベーションを高めて社内の雰囲気アップを果たすために知っておきたい3つのことをご紹介します。

きちんと褒めてあげる

モチベーションを高めるには従業員をきちんと褒めることが大切です。せっかく仕事で大きな成果を上げたとしてもそのことを認め褒めてもらえないと、やる気は減退してしまいます。努力や成果をきちんと褒めることができなければ、他にどのような方法を採用したとしても、その従業員のモチベーションが高まることはないでしょう。どんなに小さな成果でも欠かさずに積極的に褒めることを心がけましょう。

しっかりと社員の声に耳を傾ける

従業員の意見や希望などをしっかりと聞き入れて、それを反映させることが大切です。自分の意見が聞いてもらえないと感じるとモチベーションは急激に低下してしまうでしょう。自分には存在価値がないと考えてしまうこともあります。そういう場合、1対1話し合いができるような機会を定期的に設けることをおすすめします。いろいろな意見を引き出すことによって、従業員のモチベーションをアップさせることにつながります。

会社の方向性を示して各々の役割を自覚させる

会社がこれから何を目指しているのか、方向性や将来像を明確に示すことは大切です。従業員すべてと会社の方向性について共有しましょう。さらに、会社の目的を達成するためにそれぞれに与えられた役割を明確にすることも大切です。自分に与えられた役割を自覚することができれば、そこに責任が生じ、仕事への意欲が高まります。自分は期待されていると考えることができ、自己肯定感を高めることにもつながるでしょう。

社内のモチベーションは影響する?従業員の雰囲気向上につながる方法

従業員のモチベーションの低下には波及効果があり、社内全体のモチベーションにまで影響します。そこで、雰囲気向上を図るための方法についていくつかご紹介します。

労働時間を削減する

労働時間が長くなると従業員のモチベーションがどんどん低下していきます。心身にストレスを抱えるようになれば、やる気が出なくなります。激務を強いるような会社に対する忠誠心は失われてしまい、モチベーションも低下するでしょう。そこで、従業員の労働時間が長い場合は削減するための取り組みを実施することが大切です。具体的には、短時間勤務制度を導入する、育児休暇や介護休暇などの制度を整備する、柔軟な働き方を認めるなどです。

社員のコミュニケーションの活性化

異なる部署にいる社員と頻繁にコミュニケーションを取れるような環境を整えることも大切です。いろいろな社員と交流を深めることによって、社内に一体感が生まれて仕事のやる気も出るようになります。社内の雰囲気向上にも役立つでしょう。社内イベントを定期的に実施して、異なる部署の社員とチームになって1つのことに取り組む機会を用意するなどは効果的です。そうすれば、自然といろいろな社員とコミュニケーションを取る機会が生まれます。

人事評価の制度を見直す

自分が正当な評価を受けていると感じることができないと従業員のやる気の低下につながります。そこで、公正な評価を実現するために、人事評価制度の見直しが大切です。その際には評価基準を明確にしてそれを公表することが重要です。そうすれば、従業員は自分がどうすれば評価を上げることができるのかわかります。評価の高い従業員に対して昇給や昇進の機会を多く設けたり、表彰制度を用意したりすることも大切です。

メンタルヘルスケアを実施する

モチベーションというのは精神面に大きな影響を受けるものです。もし、従業員のメンタルヘルスに問題が生じていれば、それはモチベーションアップの大きな妨げとなるでしょう。ストレスによって体調を崩してしまい倒れてしまう可能性もあります。それは会社にとって大きな損失となるため、メンタルヘルスケアを実施することは大切です。ストレスチェックを実施して、問題のある従業員には医師の診断を受けさせるとよいでしょう。気軽に悩みを相談できる機会を用意しておくことも大切です。

従業員のモチベーションが低下する原因とは

モチベーションを低下させる原因を知っておくことは大切です。従業員のモチベーションを下げる原因となることについてご紹介します。

仕事にやりがいを感じられない

自分が今取り組んでいることに対してやりがいを感じられない、何のために今の仕事をしているのかわからないなどの気持ちがあると、モチベーションは低下します。そのため、仕事の目的についてきちんと従業員に理解させることはとても大切です。無意味な業務ばかり任せないようにすることも重要でしょう。本人が希望する仕事にかかわれるような配慮のある人事も効果的です。

人間関係に問題を抱えている

人間関係について問題を抱えていると仕事のやる気がなくなってしまいます。頑張ろうという気持ちがなくなってしまい、モチベーションの低下につながるのです。職場の雰囲気が悪いと仕事に集中することができなくなることもあります。コミュニケーションを活発にして職場の雰囲気をよくすることが大切です。

待遇が悪い

待遇が悪いと仕事のやる気を失ってしまいます。その業界や業種の一般的な待遇と比較して給与条件などが悪いときにはモチベーションが低下して、転職を検討するようになるでしょう。そのため、従業員の待遇は最低でも平均並みには高めておく必要があります。そうしないとその会社で仕事を続ける意欲がなくなってしまうでしょう。

ワークライフバランスが悪い

毎日仕事の連続で私生活を充実させることができないと、何のために生きているのだろうかと考えてしまいます。このような状態が続くとやる気を大きく失ってしまうでしょう。毎日、家と職場の往復で仕事ばかり続けているような状態ではモチベーションが低下するのは当然のことです。そのため、従業員のワークライフバランスを改善するための取り組みを推進することは重要です。柔軟な働き方を認めてあげるようにしましょう。

まとめ

仕事のモチベーションをアップさせるための方法について解説しました。従業員のモチベーションが低下すると仕事の質に影響して、それが会社の業績を悪化させることにつながります。従業員の現状をしっかりと把握して社内のモチベーションをアップさせましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

人材開発プラットフォームサービス 『Motify HR』を運営しています。このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
セミナー『エンゲージメントカンパニー』 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
幹部社員の離職防止セミナー(10月) MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ