MotifyHR

エンゲージメント

新入社員の早期離職を防ぐ!「働きがいのある会社」って?

公開日:2021.1.26

「働きやすさ」と「働きがい」は必ずしも比例するものではありません。働きがいのある会社にはどのような特徴、メリットがあるのでしょうか。新入社員の早期離職を防ぐためにも、働きがいについてみていきましょう。

進む働き方改革、変化し続ける新型コロナウイルス…どんな条件が「働きがいのある会社」なのか

働き方改革や新型コロナウイルスの影響で、在宅ワークのように働く環境を大きく変えた会社も少なくありません。なかには、働く環境が変わったことで従業員の士気が下がったりパフォーマンスが落ちたりしてしまった会社もあるのではないでしょうか。

しかし、働きがいのある会社は、どのような状況でも高いパフォーマンスを生み出せている傾向があるようです。まずは、働きがいとは何かを解説します。

働きがいとは?

働きがいとは、自分の仕事に対して意味を見出せていることといわれています。

  • 自分の仕事が役に立っている、社会に貢献していると感じられている
  • 自分の好きなモノ・コトに仕事で携われている
  • 自分が働くことで期待どおりの結果が得られている

など、働く意味や喜びは、個人によって異なるため、働きがいの感じ方も人それぞれ。同じ仕事をしていても、働きがいを感じられる人とそうでない人が出てくることもあります。

働きがいのある会社とは?

働きがいのある会社は、個人の働きがいと働きやすさがバランスよく備わっている会社であるといえます。

働きがいが内的要因であるのに対し、働きやすさは、「人間関係が良好」「福利厚生が整っている」「有給を取得しやすい」「職場環境が健康的」など、外的要因が大きく影響しています。

すなわち、仕事に対して働きがいを感じていても、必ずしもそこが働きがいのある会社とは限らないのです。

上司や経営者が働きがいを重視しなくてはいけない理由

働きがいのある会社で働けない状態が続けば、いずれよりよい環境を求めて転職する従業員が出てくるでしょう。また、スキルやモチベーションが高く、仕事に対して意欲的な従業員だったとしても、他の従業員のモチベーションが低ければ、いずれやる気をなくして埋もれてしまうでしょう。

従業員の離職やパフォーマンス低下を防ぐためにも、上司や経営者は従業員の働きがいを重視し、意識して働きがいのある会社づくりをする必要があります。

働きがいがもたらすメリット

働きがいのある会社で心地よく仕事をすることは、多くのメリットをもたらします。主なものをあげてみましょう。

業績や顧客満足度の向上
従業員一人ひとりが働きがいを感じながら意欲的に仕事をすることで目標達成意識が高まり、業績が向上するというメリットがあります。また、仕事に対して手を抜かない姿勢からサービスの質も充実し、顧客満足度アップも期待できるでしょう。

新事業や新技術の創出
働きがいのある会社は、チャレンジを受け入れる環境が整っています。従業員が積極的に手を上げ、アイデアを出すことで、立場や部署の垣根を越えた新事業や新技術が生まれやすくなります。

離職率の低下
働きがいのある環境で好きな仕事ができれば、「転職する理由」は少なくなります。そのため、離職率の低下も期待できるはず。離職が減ることでスキルやノウハウが会社に構築され、従業員のスキルアップにもつながります。

人材の育成
働きがいのある会社には、個人の努力が正しく評価される風土も兼ね備えてるもの。そのため、会社が機会を用意しなくても従業員が自ら努力を重ね、成長していくことが期待できます。また、離職が減ることにより新規採用の手間が省け、新入社員の採用・育成に注力できるというメリットもあります。

優秀な人材の確保
働きがいのある会社だと認知が広まれば、入社希望者は増えていきます。「募集をしていても人が集まらない」「自社にマッチするよい人材が見つからない」ということがなくなり、多くの母集団の中からより質の高い人材を採用することができるようになるでしょう。

給与が高いだけではない!「働きがいのある会社」従業員がそう感じるには何が必要?

給与が高いことに対して働きがいを感じる従業員もいますが、それだけでは十分ではありません。働きがいは内的要因によるものが大きいため、給与条件のほかに、次のポイントを満たす環境で働けるかどうかも重要です。

  • 経営陣も含め、従業員が前向きである
  • 会社を信頼でき、帰属意識を持つことができる
  • 仲間と共に働くことができ、信頼できる人がいる
  • 自分の目的が達成でき、成長を感じられる
  • 他者から認められ、自分に自信がもてる

上司や経営者は、これらのポイントをおさえつつ、従業員一人ひとりがポジティブに働ける環境づくりを心がけましょう。

いくつ満たしていますか?働きがいのある会社に共通した7つの共通点

働きがいのある会社には共通点があります。主な共通点を7つあげてみましょう。

  • 経営理念が共有されており、従業員が当事者意識をもって働いている
  • 立場にかかわらず風通しがよく、コミュニケーションが良好な環境である
  • 会社らしさを感じるポジティブな文化が根付いている
  • 利益を従業員に正しく還元している
  • 福利厚生が充実しており、スキルアップ支援が整っている
  • オフィスの設備が整い、働きやすい環境になっている
  • 組織に柔軟性があり、希望に応じて異動や多様な働き方を受け入れてくれる

「会社に大切にされている」と感じながら、働きがいのある仕事ができれば、新入社員の早期離職はもちろん既存の従業員の離職も防げます。

まとめ

仕事に対して意味を見出せている状態を「働きがいがある」といい、働きがいと働きやすさのバランスが整った会社を「働きがいのある会社」といいます。働きがいのある会社の多くは、定着性がよく従業員のパフォーマンスが高い傾向があります。そのため、業績が安定している会社も少なくありません。

新入社員の早期離職を防ぎ、業績を向上させるためにも、働きがいのある会社の共通点を踏まえ、自社の環境を見直してみましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【11/4開催】派遣スタッフに長く居てほしい!定着率向上のための採用・フォロー術公開セミナー
【11/24開催】【福祉の企業様向け】福祉業界の人事が取るべき今後の人材戦略とは?
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!