MotifyHR

エンゲージメント

エンゲージメントと社員満足度、会社をより成長させるのはどっち?

会社と社員の関係性を見つめ直す動きとして、エンゲージメントを高める仕組みづくりに励む会社が増え始めています。そんななか「エンゲージメントと社員満足度はどう違うの?」という疑問を持った方も多いでしょう。その違いについて確かめていきましょう。

社員満足度を高めても業績は上がらない!?

会社が目指す方向性と、社員の個人的な目標のベクトルを一致させ、業績を向上させようとするのがエンゲージメントの基本的な考え方です。社内のエンゲージメントが高まると、社員は積極的に成長しようとし、自発的に行動することから自然と生産性も上がるため会社の業績に好影響が生まれるという循環が生まれます。

エンゲージメントという考え方が広まる以前は、社員満足度をアップさせることが、企業が生み出す製品やサービスを向上させる根幹になると言われていました。社員が心に余裕を持った状態で仕事に取り組むことで、質の高いサービスや製品が生まれ、結果として顧客満足度の上昇や業績アップにもつながると考えられていたのです。

そのため、かつては多くの企業が、社員の待遇向上や福利厚生の充実などを図り、社員満足度のアップに取り組んでいました。

ところが、思わぬ悪影響が生まれるケースが出始めました。社員にとっての居心地の良さがある種の“ぬるま湯状態”につながり、「与えられた仕事をこなしておけば生活には困らない」と考える“ぶら下がり社員”が生まれるケースが見られるようになったのです。

このような事態から、最近では「社員満足度の高低は業績に直結しない

エンゲージメントの向上は、離職率の低下にもつながることが知られています。会社とベクトルが一致することで、社員には「この会社と一緒に成長していきたい」という思いが生まれ、他の会社に目が向かなくなるのです。その結果、会社は社員の成長を見込んだ長期的なビジョンを掲げやすくなります。

エンゲージメントへの取り組みのなかでは、社員のキャリアアップやステップアップを会社側が積極的にバックアップする事例も多くなっています。そのことを明確に打ち出すことは、向上心の高い新卒者、中途採用者へのアピールになるというメリットもあるでしょう。

一方、給与、待遇、福利厚生などにこだわって社員満足度を上げるだけにとどまっていると、人材の流出を止めるのは容易ではありません。快適な職場環境や給与額などが仕事のモチベーションになっている社員は、現在よりも良い待遇を提示されれば、ためらいなく転職に踏み切るのではないでしょうか。

ところが、エンゲージメントが高い社員は、目の前にある仕事にやりがいを感じられる上に、その会社の一員であることに誇りを持っているものです。優秀な人物であればあるほど、ヘッドハンティングされる可能性は高まりますが、ちょっとやそっとの条件提示では揺るがないでしょう。

時間とコストをかけて育ててきた人材が、いとも簡単に外部に流出してしまうことは、会社にとって損害以外の何物でもありません。エンゲージメントと社員満足度は、人材採用、人材確保などの観点から見ても大きな違いがあるのです。人事施策を立てる上では、混同を避けなければなりません。

社員を育てたいならエンゲージメントに注目を

職場環境を整え、給与や待遇を高め、充実した福利厚生を用意するといった、社員満足度を上げる取り組みは、度を超えた瞬間から、会社から社員への不釣り合いな“もてなし”になってしまいます。社員側はもてなされるのを待つのみになる上、コミュニケーションは一方向に限られます。

それに対して、エンゲージメントを高めるためにはおのずと対話が必要になります。会社のビジョンと個人の目指す方向性をリンクさせた上で、上司と社員が話し合いによって適切な目標を設定し、評価やフィードバックを積み重ねることによって、自発性や積極性が培われていきます。

会社側が、公平で透明度の高い評価システムを用意し、評価する側の教育や、成長機会となる研修やトレーニングの場を用意する必要もあるでしょう。

その結果、会社にとって有用な社員が育ち、社員もまた会社のために尽くそうとする良好な関係が築き上げられていきます。

年功序列や終身雇用が見直され、個人の能力にスポットがあてられる現代だからこそ、一人ひとりに注目した、会社と社員のパートナーシップが求められるのは自然な流れです。個人の能力を認め、やりがいを提供できる会社に、優秀な人材が集まるのも、また自然な流れだと言えるでしょう。

エンゲージメントの高い会社では、社員同士が「会社のために、もっとできることはないか?」と力を合わせ、ポテンシャルを最大限に生かそうとする場面も増えていくでしょう。コミュケーションが増え、チームワークが磨かれ、社内の風通しも自然とよくなるなど、エンゲージメントを高めることによって、さまざまなメリットが生じます。

まとめ

社員満足度に固執するだけでは、会社と社員の良好な関係性を築くには不十分だということがおわかりいただけたと思います。これからは、エンゲージメントに注目して、社員の能力を最大限に生かせる会社づくりを目指してみましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ