MotifyHR

エンゲージメント

企業をより良くするビジョンとは!ミッションやバリューとの違いもチェック

公開日:2020.12.14

ビジネスシーンで「ビジョン」という言葉を聞いた経験がある人は多いのではないでしょうか。ビジョンを決めることは、企業の方向性を決めるうえで欠かせないものになりますが、なかにはどうして企業にとってビジョンを設定することが大事なのかと思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、ビジョンとは一体どういうものであるのかについて改めて解説をすると共に、その必要性や、間違われやすい言葉の意味などについても解説します。ビジョンについてより詳しく知ることで、企業をさらによくすることができるでしょう。

企業を成長させるビジョンとは何か

改めて知ってほしいのが、ビジョンの意味についてです。言葉そのものには、視覚または視覚による映像という意味がありますが、ビジネスシーンで利用をされる際は、企業として目指し実現すべき未来を意味し、従業員全員が共通認識していなくてはなりません。このように、ビジネスシーンで使われるビジョンとは、企業が実現したい目標を表す言葉であるということを改めて覚えておきましょう。

ビジョンとの違いは何?ミッションやバリューの意味もチェック

ビジョンと併せて覚えておくべき言葉があります。それが「ミッション」と「バリュー」です。ミッションやバリューといった言葉は、ビジョンと混同されてしまいがちな言葉ですが、それぞれ異なる意味を持っています。

ミッションとは何か?ビジョンとの違いは?

ミッションの直訳は「目的」「使命」「役割」。企業が「果たすべき使命」という意味合いを持つ言葉です。そのためミッションは「しなくてはならないこと」であると考えることができるでしょう。

ミッションを掲げることで、企業が社会でどのような役割を担うのかが見えきます。企業がまず初めに決めるべきことと考えることもでき、その企業で働く従業員全員が知っておかなければならないことがミッションになります。

バリューとは何か?ビジョンとの違いは?

バリューには「満足度」という意味があり、ビジネスシーンで利用する場合は「価値観」を表しています。ここが明確になると、目標であるビジョンに迷うことなく進むことができ、また企業のミッション実現も叶うでしょう。

したがって、ミッションという企業がしなくてはならないことを実現させるためには、バリューという「行動基準」をまずは定めることが必要になります。ここは具体的かつ理解しやすい形で決めることが大事です。

企業がビジョンを掲げることの重要性

ビジョンと混同しやすい言葉の意味の違いを知ったあとは、「どうして企業はビジョンを掲げる必要があるのか」をチェックしましょう。この重要性を知ることができると、従業員が同じ方向を向いて仕事を行えるはずです。

「目標」を定めることで向かうべき道を共有することができるから

企業がビジョンを定めると、従業員が「何を目指せばよいのか」という方向が明確になり、進むべき道を見失うことはないでしょう。日々の業務に追われていると、つい「何を目指して進んでいるのか」が見えなくなりがちです。そんな時にもビジョンが設定されていれば、道を見失わないで済むことが多いはずです。

企業のなかには、ミッションを設定したもののビジョンを明確に決められていない企業や、社内でその共有ができていないこともあります。ビジョンの共有は同じ企業で働く従業員が、歩む道を迷わないための指針となるのです。

仕事を行ううえでの判断基準になるから

ビジョンを掲げることは、仕事を行ううえでとても役に立ちます。例えば、業務を進めていて、このままでよいのか?と悩んでしまうこともあるでしょう。方向性を見失った経験を持つ人も多いはずです。

一方で、明確にビジョンを設定する企業に勤めている人は、「この目標を達成するために、今行っている行動が合っているのか」を都度考えることができるでしょう。人材育成を行ううえでも、ビジョンの共有は成長に必ず必要になります。「どう動いて欲しいのか」「どのように成長してほしいのか」が、ビジョンの共有ができていると明確に伝わりやすくなるのです。

したがって、従業員が迷うことなく業務を行う環境づくりを行うためにも、ビジョンの設定と共有は必須になるでしょう。

従業員の仕事に対する姿勢をポジティブな方向にもっていくことができるから

ビジョンというのは企業が目指している「目標」です。皆さんにも経験があるかもしれませんが、目標が明確に定まっているとモチベーションが上がったり、やる気が出てきたりするでしょう。何をすればよいのか分かっている時は気持ちも前を向きますし、行動に迷うこともありません。

逆に目標もなくただ業務をこなすだけの仕事は、「何のためにやっているのか」とモチベーションが下がることにもなるのです。ビジョンの共有は従業員が仕事に対してのモチベーションを上げるためにも必要になるでしょう。

従業員が同じ方向を向けるようなビジョンのつくり方

企業がビジョンを設定する重要性について紹介をしました。重要性を知ることができると「うちでもビジョンを設定して共有したい」と考えた人もいるのではないでしょうか?従業員の仕事の効率が上がり、モチベーションを高めながら仕事に取り組むことができるビジョンの共有は、必ず行うべきと言えます。

しかし、いざビジョンをつくろうと思っても「どうすればよいのかが分からない」と悩んでしまう人もいるかもしれません。

ビジョン作成の準備を怠らないこと

企業にとって最重要とも言える目標、ビジョンを作成するのは簡単なことではありません。抜かりなく事前準備を行っていきましょう。

特に重要になるのが、ビジョン作成を行うチーム編成です。管理職はもちろん、できれば新入社員から3年目、5年目など、さまざまな層の意見を取り入れられるようなチームを編成しましょう。ここを間違えてしまうと、途中でつまずいてしまうこともあるので何よりも大切だと意識してください。

ビジョンを作成するセッションを行う

厳選したメンバーでビジョンの作成セッションを始めるのなら、まず大事になるのが「話しやすい環境をつくること」です。多様な年代で集まると、どうしても発言をしにくい空気が出てしまうこともありますが、そうならないように上の立場である人が話しやすい環境をつくる努力をしましょう。誰でも発言ができる環境ができると、きっとより多くのよい案が出てくるはずです。

企業の歴史などを探索すること

ただ話をするだけではなく、社内の従業員にインタビューを行うことや、企業の歴史を振り返るなど、自社がどういう企業であるのかを改めて考え直す機会をつくりましょう。例えば、経営者に話を聞くことで知らなかった企業目標が見えてくることもあれば、「これだけは外せない」という想いを知ることができるかもしれません。探索する時間をしっかり取って、取りこぼしがないように進めていきます。

探索をした内容から【キーワード】を見つけ出すこと

探索した内容をチームでまとめていくと、いくつかのキーワードが見えてくるでしょう。そのキーワードこそ「自社に必要な考え方」や「想い」。そして、そのキーワードを軸にすると「どのような未来を描けばよいのか」を考えられるはずです。

例えば、経営者から聞いた「創業の想い」と、現在働く従業員が考えている企業のよさ、そして「これからやりたいこと」などを紐解いていくことで、どのような未来を歩みたいのかが明確になるはずです。想いを「ビジョン」として言語化するのは難しいことですが、出てきたキーワードの共通点などを確認しながらビジョンの作成をしてください。

ミッションと整合するかをチェックする

ビジョンが決まった後に、必ずしなければならないのが、ミッションとの整合性を確認することです。ビジョンというのは、ミッションをクリアした先に待っている未来。したがって、設定したビジョンとミッションに整合性がなければ、それは正しいビジョンとは言えないのです。

まとめ

この記事では、ビジョンとは何かについて詳しくお話ししました。企業がビジョンを明確になれば、働く従業員が方向性を間違えずに業務に取り組める大きな指標となるでしょう。

そして、ビジョンの共有は業務効率を上げることにもなります。「うちの会社ではまだビジョンの共有ができていない」という方は、この機会にビジョンを明確にし、改めて共有してみてはいかがでしょうか?

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

【5/27開催】元PwC Japanコンサルタント登壇!「【ジョブ型】と雇用/評価」徹底解説 講座 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【4/26 AI CROSS共催】ミスマッチ採用ゼロへ!入社後のオンボーディング施策セミナー MotifyHR
【4/27 リアル/オンライン同時配信】なぜエンゲージメントが壊れるのか!? MotifyHR
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!