MotifyHR

労務110番

パートタイマーから正社員に転換すると年次有休休暇の付与日数や支払う賃金は、いつから変わる?

週3日勤務のあるパートタイマーを、正社員にすることを打診しました。すると本人から「正社員になると、これまであった有給休暇がなくなり、半年間有休が取れなくなるのが気になります」と言われました。パートタイマーから正社員に転換すると、付与している年次有給休暇の日数をリセットして、正社員に応じた年次有給休暇の付与日数に変更しないといけないのでしょうか?

年次有給休暇の付与日数は「付与日」が基準になる

年次有給休暇は、雇い入れの日から起算して6ヵ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した者に付与されることになっています。
その後は継続勤務年数1年ごとに、その間8割以上出勤という要件を満たしたときに、翌年度の年次有給休暇の権利が、付与日に発生します。以後、毎年この「付与日」を基準に年次有給休暇が付与されます。
 
たとえば、通常の労働者が入社から6ヵ月経過した時点で全労働日のうち8割以上の出勤を満たしていれば、10日の年次有給休暇が権利として発生します。
 
パートタイマーの場合は、週の所定労働時間や所定労働日数によって、下図のように日数が付与されることになります。
 
年次有給休暇の付与日数は、あくまでも付与日が基準となります。正社員に転換した時点では、新たな有給休暇の付与はありません。正社員転換後の付与日を基準に、正社員に応じた年次有給休暇の付与日数を判断すればいいことになります

年次有給休暇中の賃金は有給休暇取得時の所定労働時間分になる

年次有給休暇中に支払う賃金は、パートタイマーから正社員に転換したらどうなるのでしょうか。
年次有給休暇を取得した場合、ほとんどの企業が有給休暇を取得したその日の時点の所定労働時間分支払われる通常の賃金を適用しています。
 
例えば、1日3時間で週4日勤務していたパートタイマー(勤続1年間)が、年の途中で正社員になった日以降に年次有給休暇を利用した場合は、付与日数自体は7日と、次回の付与日まで変わりません。しかし賃金は、パートタイマー時の1日3時間分ではなく、正社員と同じく1日8時間勤務した分の賃金を支払う必要があります。


記事提供:助成金・給与労務手続センター本部
社会保険労務士法人HRサポート

この記事もオススメ!

一覧へ