MotifyHR

オンボーディング

ニューノーマル世代のための早期戦力化フィードバックモデル

公開日:2021.2.9

フィードバックが重要な理由

フィードバックは、従業員のエンゲージメントに直接的な影響を与えます。

若手社員の価値観の変化

「ミレニアル世代」や「Z世代」に該当する若手社員の多くは、会社での働き方や会社に対する価値観について、これまでの世代とはいくつも異なる点を持っています。
例えば、仕事の動機(キャリア観)・組織・学習の観点でみると下記のような変遷が起きています。

これまで これから
仕事の動機 昇進や出世 自己実現や能力の発揮
学習 仕事のやり方を教わる 経験→学び→成長のサイクル
組織 トップダウンによるフォーマルな組織 ネットワークによるインフォーマルな組織

若手社員の価値観の変化

若手社員の価値観の変化に伴い、フィードバックの仕方も柔軟に変えていかなければなりません。

株式会社リクルートマネジメントソリューションズが新入社員を対象に毎年実施している意識調査によると、ここ10年の間に新卒社員が上司に求めるフィードバックのスタイルが変化していることが分かります。

「傾聴」「認知」「共感」等の要素を含む項目がポイントが大きく向上している一方で、昔ながらの厳しい指導や背中を見て育てというような従来のスタイルはポイントが減少しています。

ただ、若手社員は厳しいフィードバックを受け付けない、受けたくないというわけではありません。

もちろん、厳しい態度や言葉を伴う説教のようなフィードバックを受けることは望んでいません。若手社員は耳の痛いフィードバックでも、「なぜそれが大事なのかを分かるように伝えてくれる」「普段から自分のことをよく理解してくれている」と感じていれば、フィードバックを受け止めようとします。
また、最近の若手社員の中には、成長願望が強く自らの成長につながるフィードバックを自発的に求めている人も多くいます。

1人ひとりに対して適切に丁寧な指導を心掛けることが大切です。


続きは【ご登録者様限定】プレゼント!!

そもそもフィードバックとは、何を意味するのでしょうか?
またニューノーマル世代にはどのようなフィードバックがあるのでしょうか?

この続きは、【ご登録者様限定】で
特別冊子「ニューノーマル世代のための早期戦力化フィードバックモデル」を入手された方がご覧いただけます。この機会にぜひ!!

資料お申込みはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

バナースライダー

【5/27開催】元PwC Japanコンサルタント登壇!「【ジョブ型】と雇用/評価」徹底解説 講座 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【4/26 AI CROSS共催】ミスマッチ採用ゼロへ!入社後のオンボーディング施策セミナー MotifyHR
【4/27 リアル/オンライン同時配信】なぜエンゲージメントが壊れるのか!? MotifyHR
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!