MotifyHR

オンボーディング

Withコロナ時代の新卒社員の早期離職を防ぐ方法

2020年度の始まりは、コロナ禍の真っただ中でした。そんな最中に新卒社員を迎えた企業も多いのではないでしょうか。例年であれば今頃は、新卒社員研修も一通り終わっているはずでが、今年は出社さえできずに、オンラインで入社手続き、新卒社員研修を行い、その後もテレワークで業務を始めたというケースが多いようです。経営者や人事担当者は新卒社員の対応にとても頭を悩ませたことと思います。新卒社員のなかには、こういった特殊な環境にうまく対応することができなかったせいか、早期退職してしまった……という話も耳にします。まだまだ新型コロナウイルスの影響が強い昨今、新卒社員の早期退職を防ぐ方法はあるのでしょうか。

本人の希望する仕事の条件や内容を聞く

テレワークであろうとオフィスワークであろうと、新卒社員が早期退職してしまう大きな理由は「仕事条件や内容と、本人の希望のミスマッチ」にあるようです。入社後に実際に業務に携わってみて初めて「仕事が合わない」と感じる新卒社員は多く、自分の希望とは異なったり、得意ではなかったりする分野だと気付くようです。そして「思っていた仕事内容と違った」「条件が考えていたよりも悪かった」などのギャップが生じ、新卒社員の早期離職につながってしまうことがあります。

そのようなミスマッチを防ぐためには、入社前の採用活動の時点で応募者としっかり条件を共有し、仕事の内容をイメージできるように、あらかじめ具体的に知らせておくことが必要になります。特にテレワークでは自分の思っていることや希望を伝えづらくなるため、上司や先輩が積極的に仕事条件、内容を伝えつつ、本人の希望を聞き出してあげることが入社後のケアとして大切です。

チームでのコミュニケーションを頻繁に行う

新卒社員が4月に入社し、オフィスにほとんど出社しないままテレワークに突入してしまった場合、どうしてもチームの一員としての仲間意識が薄くなってしまうのではないでしょうか。毎日のようにチームメンバーと顔を合わせていれば自ずと仲間意識や団結力は育つものですが、気軽な言葉を交わすのもままならない状況では、新卒社員も疎外感を感じてしまうはずです。そうならないたいためには、上司が率先してWeb会議システムやチャットツールを使い、頻繁にコミュニケーションを取り、新卒社員が「歓迎されている」と感じられるような環境をつくりましょう。業務から離れたオンライン飲み会なども有効です。 

また、チームの士気を高めるためには上司自身のコミュニケーション能力を磨くことも必要です。経営者は、Web会議システムやチャットツールなどを用いて、上司自身や部下との面談で意見を聞くなどして、上司が部下や同僚とどんな関係を築いているのかを見るのも有効です。

同期同士のコミュニケーションを促す

新卒社員にとって同期社員は、お互いを理解し合い、困ったときは助け合える大切な仲間。同期だからこそ、お互いに不安や悩みを打ち明けられ、早期退職を未然に防げる問題解決の道を探ることができるかもしれません。しかしテレワークでは、チームの結束力を強めることが難しいのと同様に、同期との仲間意識を築くことも難しいもの。上司や先輩、時に人事担当者が新卒社員へ、同期同士でコミュニケーションを取るようにアドバイスしてみてはどうでしょう。そうすることで新卒社員の協調性を育て、コミュニケーションを活性化させることにつながるでしょう。

出社した時にギャップを感じないように

2020年度から新社会人になった新卒社員たちにとっては、緊急事態宣言が解除された後の通常の出社の方が非日常。むしろテレワークが日常になっています。そのため出社した途端に、「入社前に聞いていたことと違う」とギャップを強く感じ、退社してしまう新卒社員もいるようです。そういった事態を防ぐためにも、前述のように通常の会社の状況などをあらかじめ隠さず伝え、会社の様子、具体的な仕事内容についてイメージできるようにしておく必要があります。また企業側も、求める人物像や必要なスキル、仕事への取り組み方などを明確にしておきましょう。

効果的なツールの導入で、テレワークでもしっかり新卒社員を育成しよう

新卒社員の約3割が、入社3年以内に辞めるといわれている昨今。今回のコロナ禍によって新卒社員は、かつてない不安な状況に立たされており、早期離職の増加が懸念されています。このような難しい状況下で人材を育成し、チームの一員になれるようにするには、今まで以上に経営陣、人事担当者、上司の行動と役割が重要になってきます。Web会議システムやチャットツール、また、効果的なHRテックの導入によって少しでも新卒社員の不安や不満を取り除き、育成できるような仕組みをつくりましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ