MotifyHR

オンボーディング

オンボーディングのノウハウを活用し、優秀な人材の流出をふせぐ

新卒社員の3年以内の離職率は30%超というデータが知られています。コストをかけて新卒社員を採用しても採算が取れず、負担が会社の財政に重くのしかかるのでは元も子もありません。新卒社員の離職率を下げる一つの方法として、オンボーディングのなかにリテンション施策を盛り込んでいくのが効果的です。

離職予防とオンボーディングの高い親和性

新入社員を会社に馴染ませ、いち早く戦力化するための取り組みのことをオンボーディングと呼びます。社員を受け入れ、定着させ、戦力化していく流れは、離職防止が大前提です。新卒社員を採用するにあたっては、オンボーディングの発想で離職を防ぎ、定着化を図っていくのがいいでしょう。

新入社員の教育はかつて、入社直後に集中的に行われる各種の研修とOJTの組み合わせが中心でした。しかし、オンボーディングにおいては、数カ月単位の継続的な1on1ミーティングや、その間の目標設定や評価などを組み合わせて、戦力化を図っていきます

社内コミュニケーションを助けるイベントの企画や、社内ネットでのチャットコミュニケーション、メンター制度の導入などを、適切なタイミングで行うべく、社内独自のマニュアルを作って運用するのも、オンボーディングのセオリーです。

そうすることによって、新入社員はスキルと知識を身に付け、モチベーションも維持向上させていきます。学生時代に持っていた働くことに対するイメージとのギャップも、オンボーディング期間に是正され「こんなはずじゃなかった」という感覚はなくなっていくのです。

このように、系統立てながらタイムリーに社員を戦力化していくことは、それ自体が離職予防策となっています。離職にまつわる不安の種を、就職直後の数カ月間で消し去るこができれば、新卒入社の社員たちがあっという間に辞めてしまうという問題は回避できるでしょう。

オンボーディング中の経験が後から効いてくる!

オンボーディング期間を乗り越えて戦力となった社員でも、離職を意識する瞬間が来ないとは限りません。社員が離職を意識するのには、どんな理由があるのでしょうか。また、その対策とは?

<労働条件に不満がある>
給与が少ない、休みが取れない、残業が多いなど。入社前に分かっていたはずのことや、繁忙期で残業が続いても仕方ない状況下でも不満は出るものです。「それでもこの会社で働きたいんだ」という環境を作ることが、定着促進につながります。

<帰属意識が低い>
会社に貢献できている実感が薄い、人間関係がうまくいかない、会社の一員であるという自覚が持てないといった状況では、積極的に働くことはできません。社内のコミュニケーションを充実させて、一体感を高める工夫が必要です。

<業務内容のミスマッチ>
何をやらされているのかわからない、面白さがわからない、難しすぎる、仕事量が多すぎるなど。モチベーションが低下し、離職の原因となります。スキルや知識の不足を解消する施策、企業理念や経営への理解が必要でしょう。

<成果・成長が実感できない>
自分の仕事がどんな成果を生み、どう評価されたのかが不明瞭なままだと不安が募ります。目標設定やフィードバックによる、キャリアアップをサポートする仕組みの提供が求められます。

離職理由の対応策となる、会社の魅力を知る、コミュニケーションの輪に加わる、スキルや知識を習得する、キャリアアップを意識するといった経験は、いずれもオンボーディング期間に済ませておくべきことばかりです。一度経験したことは、振り返るのも容易ですし、初心を思い出すことで離職を思いとどまるきっかけになる可能性もあります。

適切に研修を活用して離職防止につなげる!

オンボーディング中は、OJTを重視する会社も多いかもしれませんが、外部研修にも意外な効果があることが知られています。同じ内容をOJTで伝えるよりも、外部の講師から「これが一般的なやり方です」「これが業界全般の共通認識です」など言われたほうが、納得感が高いのです。

毎日顔を合わせる上司や、都市の近い先輩からの言葉も重要ですが、広い視点を持った外部講師の方が説得力がある、ということなのでしょう。この効果を利用して、off-JTを展開するのもいいでしょう。

また社外研修については、入社2~3年目の社員にも効果的です。入社からしばらく経つと、組織の問題や、人間関係に関する悩みなどを抱える社員が増えますので、それに対応できる研修を用意することで、離職リスクを下げられます。同世代の社会人が集まる集合型研修などで刺激を受けることも、奮起のきっかけになる可能性があります。

まとめ

他にも、管理職向けの研修、メンタルヘルス研修、ハラスメント防止研修、リーダー強化研修、メンター研修など、さまざまなタイプの外部研修があります。適切に利用することで社員のモチベーションアップや、離職予防に役立つでしょう。オンボーディングの主要施策として考えられている外部研修ですが、離職予防に使っていくことができるのです。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ