MotifyHR

パフォーマンス管理

OKRの導入で得られる具体的な4つのメリットと3つの注意点を徹底解説!

OKRの目標設定サイクルは通常1ヵ月〜四半期です。目標設定と目標設定の感覚が短いため、状況に応じて臨機応変に調整・変更が可能なため、リスクやムダをできるだけ減らすことができます。導入したOKRが会社にうまく浸透すると、会社には多くのメリットがあります。この記事ではOKRを導入するにあたってのメリットと注意点をご紹介いたします。

OKRの導入で得られる具体的な4つのメリット

それでは、OKRを実際に導入することで得られる4つのメリットをご紹介します。

メリット1.自分の立ち位置が明確になる

OKRを導入すると、全社員が同じ方向性を向き、それぞれの目標達成に向けて取り組みます。目標はオープンにされるため、会社の目標達成のためには今自分が何をすべきかを把握することができます。そして会社への貢献度も明らかになるため、一人ひとりが効果を実感しやすいのも特徴です。目標設定のサイクルの度に達成感を得られるため、より高いレベルの目標を設定しようとやる気が出やすくなるでしょう。

メリット2.社内でのコミュニケーションが活発になる

OKRの特徴は上司と部下間でのクローズの目標ではなく、全社員に対してオープン化するという点もあげられます。他の従業員の目標もわかるため、必要であれば協力するなどのコミュニケーションが取りやすくなります。その結果、全社的に横のつながりが増え、コミュニケーションが活発になり、一致団結して目標達成に取り組めるようになると言えるでしょう。

メリット3.仕事の優先順位が明確になる

会社全体の目標、チームでの目標、個人の目標が明確になることで、仕事の優先順位も明確になります。同時に、不必要な仕事や優先順位の低い仕事も全員が把握しやすくなり、仕事の効率が上がるでしょう。やるべきことが明確になり、優先順位を間違わずに今すべき仕事から取り組めるようになります。

メリット4.社会情勢に合わせて臨機応変に対応できる

前述のとおり、OKRの目標設定サイクルは通常1ヵ月〜四半期程度とされています。短期間で目標を設定し、その都度振り返るため臨機応変に調整や変更が可能となります。短期間でフレキシブルに目標や方向性を振り返ることで、社会情勢や経済動向などの外的要因に対しても柔軟に対応しやすいのも大きなメリットです。また、臨機応変に対応することは会社全体の視点で考えても、リスクの軽減や無駄の削減につながるでしょう。

OKRを導入する際に想定される3つの注意点

OKRを導入すると会社の発展だけでなく個人の成長にも効果があることをお伝えしてきました。しかし、OKRは簡単にすぐ導入できるわけではありません。ここでは、OKRを導入する際に想定される3つの注意点をお伝えします。

注意点1.OKRを導入してから浸透するまでに時間がかかる

OKRを導入するためには全社員に価値観やビジョンの共有・浸透ができていなければいけません。本格的にOKRに取り掛かるためには、どうしても準備期間が必要です。OKRを正しく導入するためには経営陣をはじめ全社員に参加型のワークショップ形式での研修を行うなどが効果的です。

注意点2.ビジョンが会社とマッチしていなければいけない

従業員数が少ない会社では従業員間でのコミュニケーションも取りやすく、全員の方向性を一致させやすいのですが、上場企業など従業員数の多い大企業になると従業員全員の方向性を一致させるのは難しくなります。人数が増えれば増えるほど、会社のビジョンに合わない人も出てきてしまうのが実情です。無理に個人の意見や個性を押さえつけてしまうのはよくないですが、方向性の不一致による摩擦は避けたいものです。採用時には会社のビジョンに賛同できる人を採用したり、定期的に研修を行って会社の方向性を再確認したりする必要があると言えるでしょう。

注意点3.最初からOKRの導入に成功するとは限らない

OKRの素晴らしさをお伝えしてきましたが、すべての会社にOKRが適しているとは限りません。「OKRを導入する」という形だけにこだわってしまっていては、本来の効果を得られないばかりか、従業員からの不満なども出て逆効果になってしまうでしょう。人や組織が異なれば、それに合う具体的な方法も異なるものです。OKRを導入したからと言ってすぐに効果が出るとは限りません。自分達の会社にあったOKRの方法を、何度も失敗や模索を繰り返すことで見つけていくようにしましょう。

まとめ

OKRの導入は会社の目標達成や成長だけでなく、個人の成長にもつながり、人材育成にも効果的です。従来の目標設定手法であるKPIはトップダウンで、上司と部下だけのクローズな場所で行われていました。一方で、OKRは部下がミーティングを準備して上司と一緒に目標設定をします。そのため、KPIに比べて部下が目標達成のために主体的に動けるのです。
一人ひとりが自分の意思を持ち、目標に向かって仕事に取り組むことは自己成長を促し、結果的に会社の発展へとつながります。メリット、注意点を理解したうえで、自社の形に合わせたOKRの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ