MotifyHR

パフォーマンス管理

OKRの導入にはどんな研修が効果的?組織に浸透させるためには目的の共有が重要

目標設定・目標管理の方法の一つとして注目されてきているOKR。近年ではよりよい組織づくりのために、多くの成長企業でOKRが採用されています。OKRとは「Objectives and Key Results」の略。会社の目標設定や管理の方法として、最近ではGoogleやFacebookなどが導入しています。このOKRの導入を成功させるには、会社の経営陣だけでなく、会社で働く従業員全員の理解と協力が必要になります。
さらに、OKRの成功には上司と部下との信頼関係が必要不可欠。導入時の研修もOKRの成功に有効です。ここでは研修時に実施しておきたい内容について具体的にご紹介します。

研修を行う目的、メリットや注意点は

OKRを導入する際に研修を行う目的は、ずばり「OKRを正しく浸透させること」です。研修を通じて、基本的な運用方法に関する知識やノウハウを参加者全員で共有することができます。
もし従業員がOKRを理解できていないまま制度だけを導入したとしても、効果は期待できません。時間と手間はかかってしまうかもしれませんが、OKRを導入する際には研修を行うことで、効果的に導入・運用することが可能です。
それでは研修を行うメリットと注意点を見ていきましょう。

メリット1:組織の方向性が統一できる

少人数のチーム内で仕事をするのであれば、日ごろからコミュニケーションを取りやすいため、方向性も比較的簡単に統一することができます。しかし、多くの従業員が働く企業において、組織全体の方向性を揃えるのは簡単ではありません。そこでOKRで目標管理を行い、各チームの動きをオープンにしてお互い把握することができれば、会社の中で自分やチームの役割が明確になり、方向性を統一しやすくなります。

メリット2:目標が明確になり生産性が向上する

会社の目標が不明瞭であれば、従業員は次に何をすればいいのかがわからず、結局上司からの指示を待つ状態になってしまいます。OKRを導入すれば、曖昧な目標ではなく数値化された目標が明らかになり、自分の立ち位置も明確になることで創造的な考えが出てきやすくなります。その結果、会社としての生産性も向上すると考えられます。

注意点:浸透までに準備期間が必要

目標設定は1年に1度という企業もまだまだ多いなか、OKRを導入すると四半期ごとに目標を設定し振り返ることが一般的になります。従業員への十分な説明や研修がないままに取り入れようとしても、OKRの意味や意義が理解できていなければ反発を招く可能性もあります。社内で浸透させるためには、後ほどご紹介する研修のように、しっかりと準備期間を設けることが必要です。

効果的な研修の方法は

OKR研修のオススメの方法は、ワークショップ合宿方式です。ワークショップでは座学とは違い、自らの意見を積極的に発信して仲間とともに体験することが求められます。一般的には宿泊を伴う合宿をすることが多く、オフィスから離れた場所で参加者同士協力しあい、意見交換をします。経営陣だけではなく、可能であれば全従業員で合宿をすると、より早くOKRを浸透させることができるでしょう。

OKRの研修をする際の3つのポイント

OKRの仕組み自体はとてもシンプルなものなのですが、導入して実際に浸透させるためには経営陣だけでなく従業員一人ひとりまでしっかりと理解をしてもらうことが必要です。
それでは、OKRを導入する際に研修で押さえておきたい3つのポイントをお伝えします。

ポイント1:OKRを導入する目的や背景を共有する

人間誰しも新しいことを始めるにあたっては、多かれ少なかれ抵抗があります。従業員が納得しないままで導入しても、期待どおりの効果は得られません。OKRを導入するに至った背景や目的、メリットなどをきちんと伝えるようにしましょう。

ポイント2:OKRの基本的な考え方を共有する

OKRを取り入れるにあたって、重要なのは「スピード感」です。OKRでは3ヵ月に1度目標を設定し、週に1度の割合で上司から部下によるフィードバックが求められます。方向性が明確になればすぐに実行し、実行中でもよりよいものへ臨機応変に修正し続けることで、PDCAサイクルが素早く回ります。急成長企業に共通しているのは組織のスピードです。この基礎となる考え方を共有しておきましょう。

ポイント3:仕組み自体も臨機応変に改善していくと認識してもらう

OKRの効果的な運用方法はそれぞれの会社により異なります。組織の状況や業務内容によっては、仕組み自体を臨機応変にブラッシュアップする必要があるため、導入から約3ヵ月後にまた目標を再設定してやり直す可能性があることを認識してもらいましょう。そのためにも最初の3ヵ月は基本の運用を徹底させましょう

まとめ

OKRがうまく機能しだすと、会社全体の目標と個人の目標が同じ方向性になり、個人のパフォーマンスも向上するでしょう。方向性が一致することで、上司は部下の個人的な目標と向き合うことができ、さらに信頼関係を築くことができます。まずは、導入後もOKRをうまく継続できるように、導入前から研修方法についてよく検討してみてはいかがでしょうか。


人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ