MotifyHR

パフォーマンス管理

RPA導入にあたって人事部がすべきことは?働き方改革実現に向けての成功ポイントとは

公開日:2021.6.21

働き方改革が急速に進むなかで、多くの企業は部分的に「RPA」を導入し始め、活用をスタートしています。では、そもそもRPAとはどのようなもので、AIとは違いはあるのでしょうか。そこで今回は、全社レベルでRPA導入を成功させるためのポイントやメリット・デメリットについて解説していきます。

そもそもRPAとは何か?

RPAとは「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略です。コンピューター上で行われる定型的なデスクワークを、ソフトウェアロボットが人に代わって自動化する技術のことを指します。RPAを導入することによって、業務効率が改善され、コスト削減や生産性向上が期待できるといわれています。

ただし、RPAを導入することで業務が自動的に効率化されるわけではなく、まずは人の手によってシナリオを用意し、RAPに登録しなければなりません。

AIとの違い

AIとはコンピューターが自ら学習し、判断する技術であることに対し、RPAは人間の作ったシナリオに従って動作を起こします。この2つを掛け合わせたサービスもあるものの、別なサービスである点は把握しておきましょう。

RPAでできること

今まで使われてきた自動化ツールの多くは、プログラミングの知識が必要でした。そのため、使える人は限られてしまい、なかなか全社的な導入に至らないケースもありました。

しかし、RPAの場合は、プログラミングの知識がなくても使用でき、ほとんどのツールがPCの一般的な操作さえできれば問題ありません。1台のPCのみから運用できるなどの使い分けも可能です。

RPA導入効果を引き出すために必要なこと

RPAは導入しやすく、使いやすいように感じられます。しかし、その導入効果を最大化するためには、いくつか注意しておきたいポイントをみていきましょう。

少しずつ導入を進める

従来の自動化ツールに比べ使い勝手がよく感じられるRPAであっても、全てを自動化できるわけではなく、当然機能的な制約はあります。さらに、全てのシステムにおいて言えることですが、RPAを自社に適した形にいかに設計し、運用するかということを検討しなければなりません。

それらを踏まえた上で、まずは社内において少しずつ導入してくいことで現場感覚を掴みましょう。そして、その後全社導入を視野に入れ、大きなプロジェクトなどでの活用に広げていく方法が効果的でといえるでしょう。

安定した稼働を目指す

運用上の注意として、ある特定のプロジェクト内や部署内でRPAを導入したものの、何らかの理由で担当者が変わってしまったり、いなくなってしまったりした場合、現場の混乱が懸念されます。そのような事態が怒らないように、日ごろからノウハウを蓄積、情報を共有しておきましょう。

RPAのメリット

RPAを導入することで、さまざまなメリットが考えられます。

生産性の向上

今まで人の手で行っていた業務をRPAが行うため、従来その業務に携わっていた社員が他の業務をすることが可能になります。結果的に業務が効率化され、生産性の向上が望めます。

人手不足の解消

人口の減少に歯止めが利かない今の日本において、労働力の確保は重要な課題といえるでしょう。そのため、さまざまな業務を自動化できるRPAは、人手不足解消の救世主といえます。

人的なミスの防止

RPAには、人のように疲労や眠気がありません。そのため、ミスの発生もなく、正確な業務が可能になります。とくに、計算や操作といった作業であれば間違えることはないといえるでしょう。

RPA導入の注意点

ここからは、RPAのメリットについてみていきましょう。

システムの誤作動

RPAは、いくつかのシステムと連動し、効率的な業務が可能になる技術です。しかしツールはトラブルが起きることも考えられます。誤作動の復旧に人手が必要となった場合は、かえって非効率だと感じられてしまうかもしれません。

担当者変更による混乱

RPAのシステム導入に携わった社員が人事異動や退職により、RPAの業務から外れることも考えられるでしょう。そのような状況でもRPAに関する業務を空洞化させないよう、あらかじめプロセスをマニュアル化するなど、対策を講じる必要があります。

RPA導入にあたって人事部がやるべきこと

どのような部署、役職にも事務的な業務というものは存在しますが、とりわけ人事部の業務にはその割合が大きいのではないでしょうか。
例えば、以下のような使い方が考えられます。

  • 特定のファイルを使用して計算・印刷を行う
  • 取得したデータの更新
  • 電子データの処理

人事においてもRPAの活躍の場は多いといえます。

自社に適したRPAの活用を

人事の領域と特にに相性がいいといわれるRPAですが、企業によってはさまざまな場面で活用できるはずです。自社にとって、RPAを用いることでどの部門の何の業務が効率化できるのかしっかりと擦り合わせをし、効果的な導入を検討していきましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【11/4開催】派遣スタッフに長く居てほしい!定着率向上のための採用・フォロー術公開セミナー
【11/24開催】【福祉の企業様向け】福祉業界の人事が取るべき今後の人材戦略とは?
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!