MotifyHR

リクルーティング

効率的な採用活動のために必要な「母集団形成」の手法とは

人材採用は、ただ必要な数の人を揃えればいいわけではありません。採用計画を立てる際に重要なのが、「母集団形成」です。

この記事では、さまざまな母集団形成の手法や特徴についてご紹介します。採用ミスマッチを防ぎ、効率的に採用活動を行うために、ぜひご活用ください。

「母集団形成」とは

「母集団」とは、採用候補者を指します。新卒採用における「母集団形成」とは、自社に興味を抱いている学生を集めることです。

ただ、興味関心を抱いている学生の数だけを闇雲に集めればいいわけではなく、採用活動を成功させるためには、自社が求めている人物像にマッチしている学生を集める必要があります。

求めている採用数を満たせたとしても、会社が求める人物像とあまりにもミスマッチな学生ばかりでは、結果として会社で役立つ人材を得られないでしょう。自社にマッチした人材を採用するためには、会社側が「このような人物を求めている」と求職者に発信する必要があります。

そのためにも、採用計画を立てる前に、改めて、今自社に必要な人材はどのような人なのかを明確にしておくことが大切です。

母集団形成の方法はさまざま

母集団形成の方法はさまざま

母集団形成の手法には、オンライン・オフラインともにさまざまな手法があります。自社が求める人材に合った手法やサービスを選ぶことも、採用コストを下げて採用活動を行うポイントです。

ここでは、代表的な母集団形成方法についてご紹介します。

就活サイト

利用している学生数が多く、オンラインでの情報発信のため、全国の多くの学生に自社を知ってもらえるサービスです。

ただし、利用企業が多い分、ただ求人情報を掲載しているだけでは情報が埋もれてしまいます。必要な時期に上位に表示するオプションメニューを活用するなど、戦略を立てて利用することが大切です。

新卒紹介サービス

新卒紹介サービスは、会社が求めている人物像に合った学生を紹介してくれるエージェントサービスです。中小企業など、少人数で優秀な人材の採用を目的とする会社に向いている手法でしょう。

新卒紹介サービスでの採用活動を成功させるためには、信頼のおけるエージェントを選ぶことが必須です。自社の採用担当者とエージェント側がすり合わせを行い、協力体制を築く必要があります

合同説明会・マッチングイベント

合同説明会には、「女性限定」や「理系限定」など、欲しい人材のターゲット層を絞って開催しているものもあります。自社が求めている学生が参加しそうなイベントを選び出展することが、成功への近道です。

また、ベンチャー企業や中小企業の場合は、合同説明会よりも小規模で行われるマッチングイベントの方が、マッチした学生と出会いやすい側面があります。

ただし、あまりにも早期に行われるマッチングイベントでは、応募から内定までの期間が長くなるため、その後の内定につながりにくいというデメリットもあります。十分な内定数を確保するためには、イベントの活用時期や、その後の候補者へのフォローを考える必要があります。

大学・OB/OG訪問

ターゲットとしている大学がある場合、低コストで当該学生と出会える機会を設けられます。うまくいけば大学側とのパイプづくりにつながるのもメリットです。

ただし、従業員数が少ない会社の場合、保門できるOB/OGが少ないという点と、依頼してから訪問に至るまでに時間がかかることがあるのがデメリットです。

各種SNSの活用

SNSを用いた情報発信も、学生に自社をPRする手段として有効です。近年では、人事担当者が実名で発信している会社も増え、会社側・学生側ともに気負わないやり取りが実現しています。面接ではわかりにくい学生の一面がうかがい知れるのも、SNSを利用するメリットの一つです。

就活サイトや自社の新卒採用サイトなどにつなげる広報としての役割も果たせるでしょう。
ただし、学生たちが普段からプライベートでも利用しているツールなので、単発の連絡に使用するのではなく関係性の構築を目的に長期的に続けることが大切です。

リファラル(紹介)採用

新卒採用でも有効な手段ですが、特に中途採用で効果を発揮する採用手法です。新卒採用で用いる場合は、新入社員や内定者に自社にマッチしていると思われる友人・後輩を紹介してもらい、採用ミスマッチを防ぎます。

ただし、従業員が会社に満足してなければ、自分の知り合い、友人などを紹介したいとは思えないものです。従業員が自社を紹介したいと思えるような会社にしていくことが大切です。

母集団形成が不要になる?「ダイレクトリクルーティング」とは

ダイレクトリクルーティング

前章で紹介した採用手法のほか、近年増えているのが、「ダイレクトリクルーティング」です。

ダイレクトリクルーティングとは、自社が求める採用レベルを設定し、それ以上のレベルにいる学生のみをターゲットにする採用手法です。採用担当者が候補者に対して主体的にアプローチをする必要があります。

この手法の場合、会社側があらかじめ自社に合いそうな学生を一定数に絞り、直接コンタクトを取り、関係性を構築して入社を促します。大人数を集める母集団形成は必ずしも必要でないため、説明会や選考などの工数を抑えることができます。

まとめ

母集団形成の方法はさまざまです。また、最後にご紹介したダイレクトリクルーティングのように、自社にマッチした人物像さえ明確になっていれば、母集団形成を必ずしも必要としないケースもあります。

採用計画を立てる際には、どのような学生を求めているのか、その学生に向けてアプローチをするにはどの手法が効果的なのかを考え、自社に適したサービスや採用手法を選びましょう。

この記事もオススメ!

一覧へ