MotifyHR

リクルーティング

導入を検討している企業も多い!注目のリファラル採用とは【特徴や活用方法の紹介】

リファラル採用を導入している企業が年々増えています。言葉だけは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。それではリファラル採用とは一体何なのか、その特徴や活用方法についてご紹介いたします。

リファラル採用とは

リファラル採用とは何なのか基本的な点について解説します。

推薦や紹介により採用すること

リファラルというのは英語の「referral」のことであり、推薦や紹介という意味があります。したがって、リファラル採用というのは従業員から人材の推薦や紹介を受けるというものです。採用手法で一般的なのは企業が求人を出し、応募してきた人に対して面接などを行って採用者を決めるというものです。一方でリファラル採用の場合は、採用希望者を集めるときに推薦や紹介を活用するのが特徴で、その後の過程については通常の採用手法と同じように面接などの試験を行います。

海外ではリファラル採用が増えている

日本ではまだ馴染みの少ない方法ですが、欧米ではリファラル採用を導入している企業がどんどん増えています。特にアメリカで盛んで、新入社員のほとんどをリファラル採用によって集めているという会社も少なくありません。

このような海外の流れが日本にも波及しており、日本の企業の中にもリファラル採用に興味を持って、実際に活用しているケースが増えているのです。

縁故採用とは異なる

日本には昔から縁故採用というものもあり、こちらとリファラル採用はほぼ同じと思う人も多いでしょう。どちらも従業員の紹介によって採用するという点は同じですが、縁故採用というのは血縁者など特別な関係のある人物に対して便宜を図るというものです。いわゆるコネというものであり、あまり能力は重視されません。一方、リファラル採用はあくまでも能力を重視していて、基準を満たした人材のみを採用します。紹介を受けても採用しないケースがあるのがリファラル採用であり、この点が縁故採用と大きく異なります。

どうしてリファラル採用が広がっている?注目される背景とは

どうしてリファラル採用という方法が広まったのでしょうか。それには当然理由が存在します。注目される背景について解説しましょう。

採用コストをカットするため

日本は不景気であり、どの企業もコスト面をとても意識した経営を進めています。コストをカットするあらゆる可能性に注目していて、採用コストも例外ではありません。。採用にかかる費用は大きく、これをできる限り削減するための方法が模索されています。このような理由から、従来の採用手法よりもコストカットできるリファラル採用の導入を検討する企業が増えています。リファラル採用を取り入れることで求人を出す必要がなくなり、その分の費用を節約可能。自社の従業員からの推薦であれば、コストはそれほどかからないからです。

労働力不足の解消をしたい

人手不足に悩んで求人を出したとしても、なかなか応募してもらえず困っている企業も多いようです。そんな企業にとってもリファラル採用という新しい手法は魅力的なようです。リファラル採用と従来の採用方法を組み合わせることによって、より多くの人材を集められる可能性があり、リファラル採用が上手く機能すれば、必要な労働力をしっかりと確保できます。現在は少子高齢化が進むうえに、若年層の離職率が高まっており、企業の労働力は不足しやすい傾向にあります。このような事態を解決するための方法として期待されているのです。

多様な人材を集めたいから

従来の採用手法では希望どおりりの人材を集めることができず、行き詰まりを感じている企業は多いです。そこで、より違ったルートから人材を集められる方法が求められています。そのような企業もリファラル採用に注目しているようです。リファラル採用は従来とはまったく異なる方向から人材を集める方法のため、これまでに出会ったことのない人材を採用できるチャンスが生まれます。似たような人材ばかりが会社に集まってしまい困っている企業にとって、リファラル採用は人材に多様性をもたらす方法として期待されています。

リファラル採用を活用することのメリットとデメリットとは

リファラル採用にはよい点もあれば悪い点もあります。どういったメリットやデメリットがあるのかをご紹介しましょう。

ミスマッチを防げる

リファラル採用を通して応募した人材は、会社について事前に紹介者から詳しく話を聞いているため、いろいろな情報を知っています。最初から会社の環境や仕事内容を知ったうえで応募しているのです。このような人材は普通の採用方法で雇った人材と比べると就職のミスマッチが生じる可能性は低くなるでしょう。

定着率が上がる

就職のミスマッチが減れば、就職した人が長く勤めてくれる可能性が高くなります。リファラル採用によって雇われた従業員は定着率が高いのです。せっかくコストをかけて採用してもすぐに辞められてしまっては意味がありません。リファラル採用であれば、採用コストを下げつつ定着率が上がるため、とてもメリットが大きいといえます。

従業員への教育が必要

リファラル採用を取り入れるためには、従業員に対してしっかりと教育することが大切です。何も詳しいことを説明せずにリファラル採用を取り入れたとしても、人材を紹介する役目を負わされた従業員は困惑してしまうでしょう。事前にリファラル採用に関する研修を行い、どのような制度なのか、どのような人材を紹介すればいいのかといったことをしっかりと説明する必要があります。そういった手間とコストは必要になります。

従業員に負担がかかる

リファラル採用を導入すると、従業員は通常の業務に加えて人材を紹介するという役目も果たさなければいけなくなります。これは仕事が増えることと同義でしょう。そのため、余計な負担がかかってしまうのがデメリットです。モチベーションを高めつつ、負担を軽減できるような工夫が必要です。

せっかくリファラル採用を導入をするのなら!有効活用できる方法をチェック

リファラル採用を活用するならば、ただ導入するのではなく、有効活用するための工夫が大切です。どういった方法があるのかご紹介しましょう。

インセンティブを設ける

リファラル採用を導入しても、人材を紹介することで何か自身にメリットがないと、従業員はなかなか積極的に活動してくれません。そこで、インセンティブを設けることで従業員のモチベーションを高めることが重要です。たとえば、人材を紹介した従業員に対して報奨金を出すという企業があります。これならば、報奨金を期待して紹介も増えるでしょう。リファラル採用の制度を活性化させることができます。

リファラル採用にかかる費用を会社が負担する

たとえば、知人や友人に会社を紹介する際には、一緒に食事するなどして話し合いをするというケースが多いです。交際費が発生するため、それは会社が負担しなければいけません。交際費にかかる費用を社員の負担にしてしまうと、誰も真剣に従業員を紹介してくれなくなります。リファラル採用を導入する際には交際費がコストとして発生することを意識しましょう。

会社の情報を積極的に発信する

従業員が会社を紹介する際には、会社の情報が重要となります。そこで、会社を紹介しやすくなるように、企業側がポータルサイトなどを準備して、積極的に情報発信することをおすすめします。サイト上で現在募集している職種や仕事内容、応募要件などについて詳細な情報を掲載するのです。また、紹介から面接、入社にいたるまでのフローなども詳しく記載しておくと、従業員は人材を紹介しやすくなります。

企業によってリファラル採用の導入には向き不向きがある

すべての企業がリファラル採用に向いているわけではありません。リファラル採用の向いている企業とそうでない企業の特徴を見ていきましょう。

中長期的に人材採用を考えられる企業

リファラル採用のデメリットとして、多くの人材を一度に採用できない点があります。紹介される数は安定しておらず、紹介された人材のすべてを採用するわけにもいきません。どうしても従来の方法と比べると効率が悪いため、欠員が生じたからすぐに人材を補充したいといったときにリファラル採用は向いていません。比較的人材に余裕があり、急いで採用しなくてもよいという企業であれば、リファラル採用に適しているでしょう。

従業員の不満が大きい企業

リファラル採用は、社員が自社のよさを知人などに伝えて魅力を感じてもらうことが大切です。したがって、そもそも多くの従業員が不満を抱いているような企業にリファラル採用は向いていません。そもそもそのような企業を知人に紹介したいと思う人はいないからです。リファラル採用は多くの従業員が企業に愛着を感じていて、他人に魅力をしっかりと伝えられることが大切。もし、職場環境が悪化しているなど企業にとってマイナスな要素がたくさんあるのであれば、リファラル採用を取り入れる前にまずは企業の問題点を改善することから始めましょう。それをせずにリファラル採用を取り入れても意味がありません。

まとめ

リファラル採用とは従業員に人材を紹介してもらい採用するという方法です。採用コストを下げて、人材の定着率を高めるといったメリットもあります。デメリットと適切に活用するためのポイントを理解して、導入を検討しましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

人材開発プラットフォームサービス 『Motify HR』を運営しています。このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
経営者必見!エンゲージメントカンパニーセミナー(12月) MotifyHR
【1/13開催】2021新卒受け入れ直前!管理職向けマネジメント MotifyHR
【1/27開催】半年以内離職を防ぐ為に今やるべき5つのポイントセミナー MotifyHR
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ