MotifyHR

リクルーティング

ヘッドハンティング、どう防止する?優秀な人材を手放さないために必要なこと

公開日:2021.7.8

企業にとって、優秀な人材を手放すことになりかねない「ヘッドハンティング」は、一種の脅威です。早急な対策が必要な緊急事態ともいえます。

人材の離職を防ぐことは企業の大きなミッションではあるものの、他社からのヘッドハンティングは企業にマイナスな影響を与えてしまいます。今回はヘッドハンティングの防止策、そして「引き抜き」との違いについても解説してみていきましょう。

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは、数ある人材紹介の方法の一つです。他社から優秀な人材をいわゆるヘッドハンターと呼ばれる仲介者を通してスカウトし、入社してもらうことを指します。

基本的に優秀な人材を確保するためには、企業は自社でさまざまな施策を実施しながら育て上げていくか高い報酬などによって人材を採用することがしか対策できません。

人材を育成するのは、長い時間を要するうえに必ず優秀に育つとは限らず、不確実で非効率的な方法です。そのような手間暇をかけることなく、優秀な人材を得るために、他社でキャリアやスキルを磨いた社員に対し、スカウトという方法を取るのです。また、その方法には、転職エージェントによるヘッドハンティングといわれています。

ヘッドハンティングと引き抜きの違い

ヘッドハンティングと似た言葉に「引き抜き」があります。この2つの違いは厳密にはありません。強いて挙げるならば、転職の対象となる社員が役職に付いているかどうかという点になります。

ヘッドハンティングは、経営者や幹部人材を比較的高額の手数料を対価に、人材コンサルタントなど転職サービスを利用し、勧誘する方法として認識されています。

一方で引き抜きは役職の有無は関係なく、技術者・特殊技能の保持者などを、他企業から勧誘してくることを指すことが多いといえます。ちなみに、スキルを持っている人材は転職市場でも珍しく、ゼロから人材を育てるよりも用意であるため、近年の採用の方法としては珍しくありません。

ヘッドハンティングされるのはどんな人材か?

人材としてヘッドハンティングの対象となりやすいのは、経営幹部や管理職が挙げられるでしょう。特に創業間もない企業にとっては、経営能力やマネジメント能力を持つ社員が少ない場合も多く、ヘッドハンティングでカバーすることもあります。

また、優秀な人材は広くヘッドハンティングの対象になる可能性がある点に注意が必要です。例えば技術力のあるエンジニアやトップセールスマンなどは、強力な即戦略となります。
一方、経験値が比較的低い若手社員であっても将来有望とみなされれば、基礎的なスキルを身に付けた後で声をかける場合もあるようです。

なぜヘッドハンティングは行われるのか

企業が求人サイトではなく、ハンティングという手法をとる理由についてみていきましょう。

1 社会的信用のため

ヘッドハンティングではなく、幹部や役職者を公に募集した場合、幹部となる人材が不足しており、経営的に問題がある企業なのか?という印象を株主などに持たれる可能性があります。株価にも悪影響を及ぼすこともあるため、ヘッドハンティングが行われるといえるでしょう。

2 現社員のモチベーション維持のため

求人サイトで公に幹部などを募集する場合現社員には適した人材がいない、と企業がみなしていると判断可能です。現社員にとっては、「自分が評価されていない」とも捉えられ、モチベーション低下に繋がる恐れがあります。

3 希望する人材に確実にアプローチするため

求人サイトは企業が料金を支払い、サイトに掲載するという方法であることからあくまでも受け身の採用方法です。必ず希望する人材が応募してくるとは限りません。優秀な人材を自ら探し、個別に交渉する方が確実であり、効果的と考えられています。

ヘッドハンティングを防ぐためにできること

優秀な人材がヘッドハンティングによって他社へ転職してしまうことは、企業にとってマイナスです。退職を防ぐためには、その人材が「残りたい」と思うような企業であることが大切だといえます。たとえば、以下の要素を検討しましょう。

  • ワークライフバランスが考慮された待遇
  • 信頼関係を築ける活発なコミュニケーション
  • 研修制度や能力開発による成長機会

どれも人材が退職する要素を防ぐための施策です。とくに待遇に関しては、年齢というよりも役割によって変えるなどの柔軟さが必要である点を把握しておきましょう。また、信頼関係などに関しては、場合によっては定期的な1to1を行うなど今まで採用してなかった仕組みを使用する必要もあります。

ヘッドハンティングが行われた場合のメリット・デメリット

ヘッドハンティングに伴う企業側のメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

ヘッドハンティングを行うメリットについていみていきます。

  • 自社が必要としていた経験やスキルのある人材に高確率でアプローチできる
  • 短期間で、必要としていた経験やスキルを補うことができる

必要な人材に直接アプローチできる点から採用コストを抑えることも可能です。また、経験やスキルに合わせて採用を行うため、企業としてのニーズに合いやすい点もメリットの1つだといえるでしょう。

デメリット

ヘッドハンティングのデメリットについてみていきましょう。

  • ヘッドハンティングを外部業者に委託する場合、コストが高くなる可能性がある
  • 条件に合う人材がいない場合、ヘッドハンティングに時間がかかってしまう
  • 条件に合う人材がいたとしても、転職する意思がなければ交渉が難航する

上記以外にも、アプローチの方法などを間違った場合に会社の信用に関わることもあるため、方法なども人事で検討する必要があります。

ヘッドハンティング防止には日常的なコミュニケーションも大切

企業側がヘッドハンティングに対して常日頃から危機感を抱き、何らかの対策を講じていれば、実際に起こった場合でも適切に対処できるはずです。もちろん何より大切なことは、日常的に社員とコミュニケーションをとることで潜在的な本音を把握し、待遇を含めた職場環境を整えておくことです。

そのため、会社としても個々の意向を把握する仕組み作りやコミニュケーションの機会を設けることが大切だといえます。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【7/27開催】部下のエンゲージメントを高められるリーダーを育成する!管理職のためのマネジメント力向上セミナー MotifyHR
【7/29開催】人材の定着を支援する!離職防止ツールMotifyHR大公開セミナー!
労働力人口の減少により、
 MotifyHR
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!