MotifyHR

テレワーク

改めて知る。テレワークとは? その魅力と職種を紹介

公開日:2021.6.2

テレワークという言葉が徐々に定着しつつあります。しかし、テレワークとは具体的にどのような意味を示しているのか、そこにはどのようなメリットがあるのか、いまいち測りかねている方も多いはずです。

そこでここでは、テレワークについてその言葉の意味を改めて理解し、導入する際に起こるメリットについてより詳しく知っていきましょう。テレワークの導入に足踏みをしているという方は、ぜひ参考にしてください。

テレワークとはオフィス以外で働くこと!

テレワークとは、簡単にいえば、オフィス以外で働くことです。

自宅、カフェ、サテライトオフィスなど、通常のオフィス以外で働いているのであれば、テレワークに当てはまります。テレワークとほぼ同じ意味として使われている言葉にテレワークという言葉があり、こちらはきちんと定義されていますが、テレワークには明確な定義はありません。

さらに似ている言葉として在宅勤務もありますが、テレワークは自宅も含めたオフィス外労働のことを示しており、在宅勤務は自宅のみで働くことを指します。一方、テレワークはより柔軟性が高く、オフィス外労働であれば広く使われます。そのため、公式ではない場所ではテレワークという言葉が好まれる傾向にあるようです。

テレワークの魅力とは?

テレワークを採用する企業が増えています。その理由は、爆発的な流行を見せた新型コロナウイルスによる脅威と、それに伴う国の支援政策によるものが大きいようです。さらに幅広い企業に受け入れられつつあるのは、テレワークに特有の魅力があるからでしょう。

リラックスして仕事ができる

テレワークのメリットとして、働く人のモチベーションが高くなるという点があげられます。通常の仕事では働く場所がオフィスに固定されていますが、テレワークは、自分で働く場所を選ぶことができ、最もリラックスできる場所で仕事ができるのです。

リラックスしながら仕事と聞くと、怠けている、緊張感がないなどと考える方もいるかもしれません。しかしそうではなく、適度な緊張感を保ちながら、慣れた環境で仕事ができるということです。もちろん、通常は仕事の効率が急落するということもありません。

実際に、リラックス状態にある脳に対して適度な緊張と報酬を与えることが、最も仕事の能率を上げることが証明されています。これをヤーキーズ・ドットソンの法則といい、パフォーマンスと緊張感の関係性を表す基本理論です。もちろん、テレワークをしている会社員にも当てはまります。

働く側からすれば適度な緊張感とリラックス状態で気持ちよく仕事ができることは、テレワークの非常に大きな魅力です。また、勤怠管理の面でも、従業員が能率的に作業をして、高いモチベーションを保ちながら仕事をしてくれることは、非常に大きな魅力といえるでしょう。

通勤時間を減らせる

通勤時間がなくなるのは、テレワーク化の非常に大きな魅力です。通勤時間が減れば、満員電車に揺られるストレスを抱えずに済みますし、会社側も、従通勤にかかる経費を大幅に削減できます。

さらに、通勤時間が減ることで従業員のプライベートな時間が増え、それだけ仕事の時間に集中してもらうことができます。電車の遅延や寝坊による遅刻なども大幅に減らすことができるでしょう。

もちろん、通勤時間の削減によるメリットを受けられるのは通常の従業員だけではありません。経営者や役員も通勤時間削減によって、同様のメリットを受けることができます。特に多くの部下を持っている立場の人は、オンラインで部下を一括管理できるので、近くにいる部下に頻繁に声をかけてしまったり、遠くの席の部下とコミュニケーションが取りづらかったりといった、問題を回避することも可能です。

従業員は、テレワークによって生まれた新たな時間を、趣味の時間や仕事の時間に充てられます。このように、通勤の手間の削減はテレワークが推進される大きな理由の一つであり、非常に大きな魅力でもあるのです。

人間関係の悩みが少なくなる

職場の人間関係は、人によっては大きな悩みとなります。特に若い世代にとって仕事の人間関係の問題は深刻で、それを理由として退職した人は、アンケートを取る媒体によっては「やりがい」「給与」などに続いて、上位にランクインするほどの理由となっています。

しかし、テレワークであれば比較的人間関係に悩まずに済みます。面と向かって話すのは難しくても、メールやオンライン上でのやり取りなら問題なく話せるという人は多く、そういった点でもテレワークは非常に魅力的です。

経営者側からすれば、そうした人間関係に悩みがちな従業員がモチベーションを保ったまま仕事をしてくれることは大きなメリットといえます。

テレワークとは新たな働き方の選択肢! どんな職種が対象?

テレワークは、コロナウィルスの隆盛関係なしに選択肢に入れるべき新しい働き方の選択肢です。テレワークを採用することができれば、多様な事情を抱えた従業員に対して、新しい働き方を提供することができます。

しかし、テレワークのできる職種はごく限られているのが現状です。視覚・聴覚はオンライン上で共有できても、触覚・嗅覚を共有する技術はまだ出来ていないので、どうしてもオフィスや現場に出勤しなければならない仕事は少なくないのです。

そのため、経営者側はテレワーク化できる仕事と、そうでない仕事を分けて考えなければなりません。例えば、プログラマーやデザイナー、設計士といった職種はテレワークで作業ができます。しかし一方で、接客、組み立て、工事作業員といったものはテレワークで行うことは難しいでしょう。

しかし、テレワーク化の波に従って、徐々にさまざまな職種がテレワーク化できるように技術の開発が進んでいます。リモートが難しいとされる医療の現場でも、情報通信機器や手術ロボットの開発が進み、離れた場所でも手術ができる技術が研究されています。現時点ではテレワーク化に向いていないとされている職場でも、いずれはテレワークが当たり前になる可能性もあるのです。

企業のなかにはオフィスを完全に引き払ってテレワークを基本とする企業も出始めています。これは少し極端な例ではありますが、今後この波は徐々に浸透していくことが予想されます。経営者はテレワークに対してより柔軟な対応を求められるのです。

まとめ

テレワークとは、オフィス以外で仕事をすることです。技術の進歩によって、オフィス以外で仕事ができるようになりつつあり、感染症対策の観点からもテレワークが推奨されはじめています。また、世の中にはオフィス不要論を唱える人もおり、実際にオフィスを引き払った企業も存在するようです。

これからの経営者は、テレワークの可能性とその実態に向き合うべきといえるでしょう。自分の職種では不可能と初めから可能性を切り捨てるのではなく、前例を調べてみたり、会議の議題にしてみたりといった、柔軟な判断が求められています。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【6/22開催】新入社員を即戦力化!会社に馴染ませパフォーマンスを発揮させるオンボーディング術公開セミナー MotifyHR
【7/14開催】サーベイを取っただけではエンゲージメントは上がらない!サーベイを活かすための施策セミナー MotifyHR
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!