MotifyHR

テレワーク

マネジメントの難しさをどう解決?テレワークがもたらす壁を乗り越える方法

全国的に広まっているテレワーク。ある大手企業に向けたアンケートによると、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除された後も、新しい生活様式に対応できる働き方を推進するため、テレワークの活用などを検討している企業が『8割以上]』となっているそうです。もちろん、テレワークが難しいという業種・職種はありますが、「今回のコロナ禍によって急遽導入せざるを得なかったが、結果として業務は進行でき、自社でもテレワーク導入が可能ということがわかった」という企業も多いのではないでしょうか?

しかし、限られた期間だけでなく、継続的にテレワークを取り入れていく場合、今より多くの課題が生じてくるはずです。その一つが「マネジメント」。上司と部下の間に物理的な距離が生まれるテレワークでは、オフィス勤務と違って目が行き届かないことが多くなり、コミュニケーションも不足しがちになります。そのため経営陣や上司のマネジメントはより難しくなってしまうのです。

従業員ごとに違うテレワークの課題をしっかりと把握すること

テレワーク導入後、多くの企業で問題となっているのが『コミュニケーション不足』です。上司と部下が離れていると、どうしても業務に関連した連絡・報告だけになることが多くなり、連帯感や仲間意識が希薄になりがちになります。日々、オフィスで意識せずにしていた他愛ないおしゃべりや、顔を合わせることで互いの気分や体調を察するということが難しくなり、事務的なやりとりが多くなってしまうのです。
例えばまだ会社に慣れていない新入社員は、同期はもちろん、先輩や上司との交流がなく、孤立しがちになります。仕事で分からないことがあっても聞けなかったり、聞く相手すら分からなかったりすると、通常ではしないようなミスを招くこともあるでしょう。既存社員の場合は、上司との会話不足から、自分の仕事の成果に気づいてもらえない、今後のキャリアが見えないなどの不安を抱えがちになります。そういったコミュニケーション不足から会社へのエンゲージメントまで低下してしまう可能性があるのです。

では、テレワークが招くこういったデメリットに対して、経営陣や上司はどんな施策を行い、どうやってマネジメントしていくべきなのでしょうか。

コミュニケーションの方法を検討し、実行してみる

第一に、社内のコミュニケーションを高めていきましょう。よく取り入れられている方法としては下記のようなものがあげられます。

  • オンライン飲み会の開催
  • 社内イベントの実施

新型コロナウイルスの影響で実際に集まることは難しくても、ZOOMやLINEなどのビデオ通話機能のあるアプリを使ったオンライン飲み会を開催している企業は多くあるようです。同じ部署はもちろん、他部署と合同のオンライン飲み会の開催など、状況に合わせて定期的に開催していくのがおすすめです。

また、ある企業ではオンラインで筋トレイベントやクイズ大会を行うなどのユニークな試みも実施。業務から少し離れて交流を図ることで、実際に会うことはできなくても十分にコミュニケーションを取ることが可能になります。重要なのは、コミュニケーションによって互いの信頼関係を深めていくこと。テレワークで距離は離れているとしても、従業員同士が互いを近い存在と感じられるようになります。どういった催しが自社に合っているのかを検討し、経営陣や上司が積極的に実行していくとよいでしょう。

1対1の面談を増やすことで信頼関係を維持・向上させていく

物理的に距離がある状態が長くなると、どうしても上司と部下の対話は減っていきます。今まで定期的に行っていた1on1ミーティングなどの面談も後回しになりがちになってはいないでしょうか。テレワークの時こそ、個人ごとの面談を増やし、上下間の信頼関係の維持・向上を意識的に図っていく必要があります。今まで週1回だった場合は2回に、もしくは時間を少し長く設定したりするなどして、テレワークで見逃しがちな部下の本音を聞き出せるようにしていきましょう。経営陣や上司の積極的な歩み寄りが、従業員との信頼関係を維持・向上させていくのです。

適切な評価とアドバイスをし、キャリアを可視化できるように

テレワークで働く従業員は、上司が自分の仕事をきちんと見てくれているのかという不安を抱えがちです。成果の陰にある日々の努力や苦労など、オフィスへ出社しているときには自ずと見えてくるものも、テレワークでは隠れてしまうことが多いでしょう。そんな状況でコミュニケーションが不足してくると、部下は「自分はきちんと評価されているのだろうか?」と思ってしまうのも無理はないのではないでしょうか。特にテレワークで上司との距離を感じている状態では、自然な心境と言えます。

こういった場合、従業員のエンゲージメントの低下に注意を払う必要があります。先述のようにコミュニケーション不足にならないよう、定期的なWeb会議、ミーティング、面談はもちろんのこと、積極的に成果についても報告してもらい、社内でその情報をシェアするような仕組みづくりが大切です。

そのうえで、将来的なスキルアップ・キャリアアップについてもこまめに話し合い、従業員が自身の成長について具体的に考えられるようにしましょう。キャリアの可視化や上司からの正当な評価・アドバイスは、会社に対するエンゲージメントを高め、結果として従業員と会社の双方に利益をもたらすことになるはずです。

まとめ

テレワークが急激に増えた今、離れた部下をマネジメントする難しさを実感している経営陣や管理職の方は多いのではないでしょうか。なかでもその障害となるのがコミュニケーション不足。コミュニケーションが不足すると従業員の孤立やエンゲージメント低下を引き起こし、場合によっては離職という結果を招いてしまう場合もあるのです。

距離があるなかでのマネジメントには大変難しいものですが、今回ご紹介した方法でコミュニケーションを高め、互いの信頼関係を深めていくことで部下の本音を聞き出し、ぜひテレワークでのマネジメントを成功させてください。

 

MotifyHR「テレワークを応援する無料サービス」はこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

人材開発プラットフォームサービス 『Motify HR』を運営しています。このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
セミナー『エンゲージメントカンパニー』 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
幹部社員の離職防止セミナー(11月) MotifyHR
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ