MotifyHR

テレワーク

意外な所に潜んでいる!テレワーク導入のデメリット

テレワークを導入している企業が増えている今、自社でもテレワークを導入するかどうか検討している会社も多いのではないでしょうか。在宅での勤務には多くのメリットがあり、例えば育休や産休、介護のために休みを取らなければならない人などが、柔軟な勤務環境によって働けるようになります。

こういった点を知ると導入に前向きになるでしょうが、もちろんテレワークにもデメリットはあり、必然的に向き不向きがあります。

この記事では、テレワークを導入する前に知っておきたいデメリットについて詳しく解説をし、また働き方などについてもお伝えしていきます。

デメリットを知る前に、テレワークとはどのような働き方をするのか

まず皆さんに知ってほしいのは、そもそもテレワークとはどのような働き方をするのかということです。よく耳にする言葉であっても、実際の意味を知らない人は意外と多いかもしれません。

テレワークというのは、インターネットなどを利用してオフィス以外の場所(自宅やサテライトオフィスなど)で通常の業務を行う働き方のことです。「働き方改革」という政府の取り組みではあまり普及しなかったものの、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、急速に広まりました。

テレワークにもさまざまな形態があります。どのような働き方があるのかをチェックしてみましょう。

在宅勤務
在宅勤務とは、その字のとおり業務のほぼすべてを自宅で行う勤務形態を指します。入社時から在宅勤務というケースに加え、家庭の事情によって在宅勤務へ切り替えという場合もあるでしょう。さらに通常のオフィス勤務と在宅勤務を組み合わせた勤務形態もあるようです。

サテライトオフィス勤務

企業が指定したオフィス以外の場所で勤務をする働き方がサテライト勤務です。サテライトオフィスというのは、名前から分かるようにあくまでも企業のオフィスです。本社とは別の場所にオフィスを設置することで、新規事業を始めることができたり、営業部署を確保できたりというメリットがあります。また、都市部ではなく郊外や地方にオフィスを置く「郊外型サテライトオフィス」「地方型サテライトオフィス」は、従業員の暮らし方を優先できるメリットがあり、ベッドタウンに住みたい人にとっては魅力的な働き方となるでしょう。

モバイルワーク

モバイルワークはノートパソコンやタブレットなどを活用し、社外で仕事ができる働き方になります。例えば、営業などで外出をしている際に、企業から支給されているタブレット等を持ち歩けるのであれば、場所や時間の制約を受けずに仕事ができ、出先から社内へのアクセスも容易です。このように、オフィスを離れても仕事ができるのがモバイルワークです。

テレワークのデメリットとは

テレワークとはどのような働き方をするのか、また働き方の種類について改めてご説明しました。もしかすると自分のイメージとは違うテレワークの種類があったかもしれません。そして、テレワークを導入をする企業が増えているということは、コロナ禍という状況でなくとも、企業にとってメリットがあるということでしょう。

メリットを最大にするためにも、自社に合うかどうかを考えてから導入するようにしましょう。次に、テレワーク導入で起こりうるデメリットを紹介します。

セキュリティ面のリスクが高まってしまうこと

テレワークを導入することでまず考えられるデメリットは、セキュリティ面のリスクでしょう。社外に社内情報を持ち出すことになるため、セキュリティ環境が不十分だと、情報漏洩の危険があります。

企業情報が悪意ある第三者に渡ってしまう恐れはもちろん、家族や友人など、身近にいる人が意図せず、社内の機密情報を知ってしまう…なんてケースも考えられるのです。こういった点は、従業員一人ひとりの意識が大切になるのですが、テレワークの期間が長くなると変な慣れが出てしまい、「大丈夫だろう」と気を緩んでしまうこともあります。

端末の紛失などにも十分に注意を払うことができなくなると大変危険です。会社のモノを社外に持ち出すということは、いつでも情報漏洩の可能性があるという意識を全員が持つ必要があります。

コミュニケーションが減ること

社内にいれば自然にコミュニケーションを取る機会があるものです。近くにいるのであれば、チャットやメールよりも直接伝えた方が早いことも多いはず。また、ランチの時間を利用したり、少しの雑談をするなど、共に働く人とのコミュニケーションは特に意識していなくてもできているはずです。

しかし、テレワークを導入すると、今まで自然と行っていたコミュニケーションが必然的に減ってしまいます。だからこそ、チャットやオンラインミーティングができるWebシステムなどを活用して、積極的にコミュニケーションの量と質を確保するとよいでしょう。

コミュニケーションが取れなくなると、孤立してしまう従業員がいたり、作業効率が落ちてしまったり、情報の共有が止まってしまうなど多くのデメリットを引き起こしてしまうのです。

サボってしまう人が出る可能性も

従業員一人ひとりの意識の問題ではありますが、「上司に見られていないからサボってもバレない」と思ってしまう人が出てくるのも現実です。もちろん、そのようなことを考えない人が全くいない企業もあるかもしれません。しかし、心理状態として「慣れ」は大敵になります。最初は気合いを入れて頑張っていたテレワークでも、「見られていない」という意識がいつのまにか「少しくらいサボってもよい」に結びついてしまうこともあるのです。

企業としては管理ツールなどを利用して、ログイン状況を確認したり、定期的にチャットなどで連絡をしてもらうなど、オフィスにいるときよりも体制やルールを整えておく必要があります。

部下のマネジメントを行いにくくなる

オフィス勤務なら、ある程度自然と部下のマネジメントをすることができます。しかし、オンラインでの業務になると、マネジメントはどうしても行いにくい部分があり、オフィスで共に働くことでできていた「評価」も難しくなってしまうはずです。

上司からすれば、管理できない場所で働く部下のマネジメントはテレワーク最大の難点といえるでしょう。しかし、テレワークだからといって全くマネジメントができないということはありません。

前述のように、リアルタイムでやりとりができるツールやWebシステムなどを利用することで、距離は離れていても今までのように共に働いている環境をつくることができます。部下のマネジメントは企業の成長に欠かせないので、テレワークを導入するのであれば、コミュニケーションツールの導入は必須と言えるでしょう。

もちろんデメリットだけではない!テレワーク導入のメリット

ここまでテレワークを導入することで考えられるデメリットを紹介してきました。しかし、注意すれば防げるデメリットも多いため、導入を検討する際には、同時にデメリットへの対策も考えておくようにしましょう。

テレワークは働き方改革や新型コロナウイルスへの対応として導入をする企業が増えており、そのメリットは思った以上に多くあります。ここからは、改めてテレワークを導入するメリットをチェックしてみましょう。

企業側のメリット①人材獲得につながる

働き方改革や、新しい生活が求められている現状を考えると、就活生の多くは、今の時代に合った働き方ができる企業を希望するでしょう。特に現在は、テレワークができるかどうかも重要になっています。

また、新卒だけではなく育児をしている方や介護をしている方など、これまで対象とはならなかった層の優秀な人材を獲得することにもつながるでしょう。

企業側のメリット②コストの削減につながる

オフィスで人が働かないということは、オフィスにかかるコストが必然的に削減できます。テレワーク前は働きやすいと感じてもらえるよう、オフィス環境にお金をかける必要がありましたが、テレワーク下ではそこにコストをかける必要もないでしょう。極端なことを言えば、コスト削減のために郊外に賃料の安いオフィスを借りることもできますし、本当に不要になった際にはオフィスを解約することも可能です。

従業員側のメリット①作業効率がアップする

自宅で仕事ができると、集中力がアップし作業効率も上がるという人は多いでしょう。環境が整っていれば周囲の声や音を気にする必要もないので、自分のペースでしっかりと仕事に取り組むことができます。

また、業務中のコミュニケーションは、チャット等のツールを利用すればスムーズに行うことができます。

従業員側のメリット②仕事とプライベートのバランスが良くなる

テレワークを導入すると、社員は仕事とプライベートのバランスをうまく取ることができることでしょう。これまでは毎日30分かけて会社まで満員電車で向かっていた人は、テレワークを導入することでその必要がなくなり、通勤のストレスも緩和されます。このように、テレワークを導入することは従業員のワークライフバランスにもつながるのです。

まとめ

この記事では、テレワークを導入することで起こりうる「デメリット」についてご紹介しました。社員とのコミュニケーション不足や、部下のマネジメントが難しくなる点など、導入前に知っておかなければならないことは多くあります。

しかし、テレワークで起こりうるデメリットは対策次第で改善ができるものがほとんど。コミュニケーションに悩まないようツールやWebシステムを利用することも必要になるでしょう。

このように、テレワークの導入前にはデメリットが起こらないような万全な対策をすることが大事です。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ