MotifyHR

テレワーク

テレワークで従業員のエンゲージメントを高める秘訣

今、多くの企業にとって必要かつ重要なことは、「エンゲージメント」と言われています。エンゲージメントとは、単なる従業員の満足度と異なり、従業員が自分の会社に愛着と思い入れを持ち、互いの成長のために貢献し合うということ。そしてエンゲージメントこそ、企業の業績向上に大きく寄与するとされています。新型コロナウイルスの影響で今後もテレワークを続ける企業が多くなると言われる昨今。このような状況でも、従業員のエンゲージメントを高めていくにはどういった方法があるのでしょうか。

テレワークはエンゲージメントを下げる?

テレワークには多くのメリットがあります。通勤ストレスの削減、通勤費やオフィス経費のコストダウン、多様な働き方を求める人にも柔軟に対応が可能です。しかし一方で、一人で作業することからコミュニケーション不足などの問題も引き起こします。

オフィスワークでは、同じ場所にいることで自然と一体感や仲間意識が生まれます。一方、テレワークは、従業員がそれぞれ別の場所にいるため、物理的な距離感から生まれる一体感が減少してしまいがち。離れているため、必然的に会話を交わす機会も少なくなり、コミュニケーションに割く時間が少なくなってしまいます。

また、テレワークでは、音声によるコミュニケーションが中心となるため、対面で無意識に行っていた相手の言葉のニュアンスや雰囲気の読み取りが難しくなります。それによりコミュニケーションの質が、対面時より低下する恐れがあります。

コミュニケーションの量、質ともに不足すると、次第に従業員は会社や上司・同僚との距離を感じはじめ、エンゲージメントを下げてしまう可能性があると言われているのです。

質の良いコミュニケーションを密に取る工夫が必要

ではどうすればコミュニケーション不足を解消できるのでしょう?何気ないコミュニケーションが取りづらいテレワークでは、意識的に1対1のミーティングを設定するとよいでしょう。ミーティングの際は、従業員の努力を認め、大いにねぎらいます。また成果をきちんと評価し、適切な成長機会の提示を行うことも大事でしょう。これらはテレワークではなくても重要なことですが、テレワーク中は特に意識して上司や同僚と頻繁にコミュニケーションを取ることで連帯感が高まり、仕事の相談もしやすくなります。

また、オフィスにいる以上に成果を評価する場を設けることで、仕事に対するやりがいも生まれ、結果としてミスが起きにくくなり、仕事へのモチベーションもアップ。エンゲージメントの低下を防ぐことができると考えられます。

適切な人事評価を行う

物理的な距離のあるテレワークでは、人事評価が課題となります。オフィスワークが中心の場合、特に従来の日本企業では過程に対する評価を重要視する傾向にありました。しかしテレワークでは、過程に対しての細かい管理をしづらいため、従来の評価方法が適切とはいえなくなります。むしろ従業員の自主性を重んじ、出てきた成果に対して正当な評価をすることが大切になってくるでしょう。しっかりと成果を認め評価することで、従業員に自信が生まれ、自律的に仕事を行うようになり、生産性が高まるはずです。そして自ずとエンゲージメントも高くなると考えられます。

このような人事評価を行うためには、従業員が仕事に対してやる気や情熱を感じているか、日ごろからこまめに会話をして確かめておく必要があります。つまり前述のように、「質の良いコミュニケーションを密に取る」ことで、従業員の心理的安心感を高め、やる気や情熱を感じているのかも確かめられます。そのうえで、その従業員が持っている才能や強みに対し、きちんと釣り合っている仕事を与えられれば、自律的に働けるようになり、成果も出せ、人事評価の仕組みや評価そのものに対しても、納得感をより感じられるはずです。

プライベートのつながりも重視

テレワークによって上司と従業員の物理的な距離が離れていると、どうしても気軽なコミュニケーションの頻度が減り、業務連絡に偏りがちになります。オフィスで日常的にしていた雑談が減ることで、孤立感やストレスを感じる人もいるでしょう。Web会議システムを使い、仕事と無関係な雑談を意図的に取り入れたり、オンライン飲み会やオンラインゲームなどのイベントを積極的に設けたりすることで、仲間意識を高めることも大切になってきます。

エンゲージメントを高めるカギは、一にも二にも「コミュニケーション」

コミュニケーションが不足すると、疎外感や孤独感、不安感などを抱えてしまいがちです。すると会社への不信感が芽生え、エンゲージメントも下がることに。最悪の場合、従業員は退職や転職を考え始めてしまう可能性があります。ましてや、コミュニケーションが少なくなりがちなテレワーク中であれば、オフィスで働いていた時よりその懸念はふくらむばかり。テレワークの時こそ、質の高いコミュニケーションを意識して取ることを心がけ、エンゲージメントを高めていましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ