MotifyHR

テレワーク

テレワーク中の従業員のマネジメントはどうする?監視ではなく管理する方法

多様な働き方が求められるようになり、副業や複業をする人も多くなってきたようです。それに伴い、柔軟な働き方へ積極的な姿勢を見せる企業も増えてきたのではないでしょうか。とはいえ、まだまだ1つの会社に属し、毎日同じ時間、場所で勤務するというのが一般的だったのでしょう。
しかし今、新型コロナウイルスの影響により、テレワークを導入している企業が一気に増えました。以前なら会社での勤務時間とプライベートな時間が明確に分けられていたものが、曖昧になりやすい状況となっています。こうした働き方の変化に、会社として対応できているでしょうか?テレワーク中に従業員がきちんと業務をこなしているか、心配な経営者・上司も多いかもしれません。疑心暗鬼になりやすいこの状態の解決方法を探ってみましょう。

日々の信頼関係の構築が、従業員を信じる近道

テレワークでは社内のように、常に従業員に目を配ることはできません。目が届かない分、「サボっているのではないか」、「こっそり副業をしているのでは?」と疑ってしまうこともあるようです。

そのような、経営者や上司の不安を払拭するためのツールが開発されています。例えば、一定の時間間隔でパソコンのスクリーンショットやインカメラ画像を撮影して、パソコンの使用状況や在席・離席の状況がわかるようなものもあります。また、在宅勤務でWebカメラの設置を義務付け、社員がPCの前にいるかどうかを常にチェックするという方法も。

しかし、このようなサービスは、企業側にとっては管理しやすくてよいかもしれませんが、従業員にとっては不信感を増殖するためのツールになってしまいかねません。「監視されている」「信頼されていないのではないか」と感じてしまう人も多いでしょう。常に監視されているというストレスによって、かえって生産性が低下してしまう恐れもあります。

テレワークを導入する目的は、社内で行っていた業務を、社外でできるようにすること。それによって、多様な働き方を可能にし、人材の確保や生産性の維持・向上をはかることです。それを忘れずに、働きやすい環境を整備し、さらに企業と従業員の間に信頼関係があれば、極端な監視は不必要。従業員が会社への高いエンゲージメントを持っていれば、心配はないはずです。企業側は従業員とのコミュニケーションをしっかりと行い、気持ちに応えられるような対応をしていくべきでしょう。

必要なのは監視ではなく、管理と公平な評価

テレワークになっても変わらず集中して業務にあたるためには、まず作業しやすい環境を整え、コミュニケーションをしっかり取るためのツールやシステムの導入が大変有効です。

通信環境の整備、セキュリティの確保に加え、Web会議システムやチャットツール、情報共有ツールなどを導入し、スムーズにコミュニケーションをとれる環境を整えることが、テレワーク導入には必要となってきます。

また、成果に応じて公正な評価が得られる労働環境の整備も重要です。そのためには、「定性評価」ではなく、成果の達成度合いによる「定量評価」へ移行しなければならなくなるかもしれません。仕事にあたる姿勢だけでなく、成果の達成状況を重視すること、つまり、従業員がしっかり働いているかどうかを監視するよりも、目標達成に向けた進捗状況の管理に注力するということが、必要になってくるケースも生じるはずです。

このようにマネジメントしていくことで、従業員のモチベーションは下がらず、やる気をもって業務にあたってくれるはずです。また、テレワーク下における適切、適正な評価は、エンゲージメント向上につながるでしょう。

どうしても心配なら常時接続のカメラなどの使用も

従業員は監視されるのを嫌がるでしょうが、どうしてもという場合は、勤務状況が常に見えるようにするツールなどの使用もやむを得ないかもしれません。ただ先述しましたが、本来従業員は監視されるべき対象ではなく、逆に不信感を与える可能性もあることを覚えておきましょう。

本来テレワークは、場所や時間を有効に使うことで成果を上げることを目的としています。そうであるにも関わらず、どこにいても四六時中監視されるようなことになってしまうと、プライベートな時間までも見られているのでは?とさらに疑心暗鬼にさせてしまいかねません。

上司や人事担当者は、監視する方法を模索するよりも、まずはツールやシステム、ルールづくりなどをしっかり行い、働きやすい環境を従業員に提供することが大切です。

テレワークでも信頼感UPが売り上げUPにつながる

テレワークにおいて必要なのは、従業員の不正を見つける監視ではなく、経営者や幹部、人事担当者、上司がいかに従業員を信頼して仕事を任せられるかどうかです。それができて初めて、従業員は成果に対してコミットできるようになるはずです。システムやツールを整備することで従業員をしっかりとマネージメントし、チームの生産性を上げ、会社の売り上げアップにつなげていきましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ