MotifyHR

テレワーク

増えているテレワークとその課題!働き方改革をするために課題を解決しよう

公開日:2021.1.14

働き方改革や新型コロナウイルスへの対策として、テレワークを導入しようと決めた会社も多いでしょう。テレワークは昨今、国から推奨をされている働き方であり、導入には企業と従業員の双方にメリットがあります。

ただし、導入する前に起こりうる課題を知っておかなければ、デメリットでしかなくなる可能性も。せっかく従業員のために働き方改革をしようと取り組んだことが逆に従業員を混乱に巻き込んでしまい、不満が爆発…などというケースも考えられるのです。

この記事では、そのようなことが起こらないように、テレワークを導入することで考えられる課題についてご紹介していきます。

課題の前に、テレワークとはどのような働き方?

導入前に知っておいてほしいのは、テレワークとはどのような働き方なのかということです。言葉自体はよく聞くようになったものの、正確にはわからないという人は案外多いのです。

簡単にいうとテレワークとは、時間や場所に捉われることなく働くことができる方法。そのためにインターネットや関連機器を駆使し、オフィスと同じように業務をこなせるように準備します。働き方改革の一環として厚生労働省が推奨をしている働き方にもなります。

知っておきたいテレワークの種類

テレワークは基本的にインターネットなどを活用するので、環境が整っていれば自宅に限らずどこでも作業でき、オフィスに行く必要がないと考えることもできます。働き方にはいくつかの種類があるので、覚えておくことで従業員に幅広い方法で働くことができると伝えられるでしょう。

1.サテライトオフィス勤務
サテライトオフィス勤務というのは、所属をしているオフィス以外に作業できるオフィスや施設があることです。たとえば、都心を含めて複数のオフィスを持つ会社の場合、各事務所内にサテライトオフィスを設けることで、テレワークが可能になります。郊外の自宅から配属先の都心へ毎日通うのではなく、週に数回は自宅や実家近くのサテライトオフィス、残りは都心での勤務とすれば、業務に大きな支障もなく、従業員の負担は減らせるでしょう。

2.モバイルワーク
営業職の従業員が、その日の報告や内容をまとめるためだけにわざわざオフィスに戻るという話をよく聞きます。そんな場合に導入したいのが、モバイルワークです。モバイルワークは、頻繁に外にでる部署の人たちが、立ち寄った場所や、交通機関内などで気軽に仕事ができる働き方です。出先近くのカフェやコワーキングスペースなどで仕事をすることができれば、無駄な移動をせずに済み、体力や精神的な負担も軽減。効率がよくなり、生産性も上がるはずです。

3.在宅勤務
テレワークと聞いて一般的に思い浮かべるのが在宅勤務ではないでしょうか?毎朝、満員電車に乗って通勤しなくてはいけない従業員のストレスを大きく軽減し、家庭の事情でフレキシブルに働きたい人、さらに遠方に住んでいる優秀な人材の確保も可能など、従業員にとっても企業にとっても多くのメリットがあります。

テレワークを導入してわかる「課題」とは

テレワークを導入をすることがすべての企業にとってプラスになるのかというと、そうではありません。特に多いのが、思い切って導入をした後に課題と直面してしまうケースです。

1.従業員の労働状況の把握が難しい

オフィスで勤務をしていれば、各従業員の動きは自然と目に入ってくもの。何時に出勤をしていて、いつ仕事を始め、休憩をしたのかなど…同じ空間で働いていれば随時分かるものです。しかし、テレワークを導入すると、物理的な距離が生じ、状況把握が難しくなってしまいます。特に労働時間の管理は難点で、勤怠管理方法を明確にしなければなりません。出勤時や休憩時は必ず報告をするなどのルールを設けなければ、どの時間帯に勤務をしているのかが分かりづらくなってしまうでしょう。

今までは当たり前にできていた従業員の状況把握が難しくなるということは、大きな課題になりやすいので、予め管理ツールを導入したり、勤怠記録ができるツールを導入するなどの対策が必要になります。

2.コミュニケーションを取ることが難しくなること

テレワークを導入をした多くの企業が課題として感じているのが、コミュニケーション不足です。オフィスでの何気ない挨拶はもちろん些細な雑談まで、すべてのコミュニケーションがオンラインでのやり取りになります。もちろん、オンライン上でもこまめにやりとりはできますが、直接会って話したほうが伝わりやすいこともあり、コミュニケーションを取りやすいというのが現実。同じ仕事をするためにはより強い信頼関係を築くことが大変重要になります。

テレワークを始めると、会社ではうまく馴染めていた従業員が馴染めなくなってしまい、孤立をしてしまうケースも多いようです。オフィスであれば流れで入れるような話も、オンラインになると難しくなってしまうことがあるのかもしれません。

この課題には、定期的なテレビ会議や、グループでやりとりができるチャットツールの導入が効果的です。信頼関係を築くことは、仕事をするうえで何よりも手を抜いてはいけない部分にであり、テレワークでは一層大切になるでしょう。

3.従業員の評価をしにくくなってしまう

労働状況の管理もそうですが、やはり実際に目で見ていないことを評価するのは難しいものです。オフィスにいれば評価もしやすいですが、遠隔で仕事を行うと管理がしにくくなってしまうことも多いでしょう。

しかし、直接見ていないとまったく評価ができないというわけではありません。「目の届くところに部下を置かないと管理できない」と考えているのであれば、テレワークをきっかけに、考え方を変えるべきかもしれません。直接合わなくてもできる指導方法や、仕事の進め方など、部下が仕事をしやすい環境作りを生み出すことは、上司にとって優先すべき仕事です。

【最大の課題】テレワークをするなら注意すべき、セキュリティの問題

テレワークを導入する際、最大の課題となるのが、セキュリティ問題です。社内機密や、情報などが入った機材を外部に持ち出すリスクを考えると、導入ができないと考えている企業は多くあります。

もし、テレワークを取り入れるのであれば、ウィルス対策のソフトの導入などを徹底することが大事になるでしょう。データが消えてしまう可能性もあるので定期的にバックアップを取れる仕組みも必要になります。まずは万全なセキュリティ対策が重要になると覚えておくようにしましょう。

テレワークは課題を解決できると、数多くのメリットを得ることができる

ここまでテレワークを導入することで起こりうる課題をご紹介しました。ツールや管理ソフトを導入することが対策になる場合も多いので、事前準備は万全に行いましょう。課題はしっかりと対策さえすればクリアできるケースが多いものです。そうなると、テレワークのよい部分を手に入れることができるでしょう。続いて、テレワーク導入のメリットを解説します。

1.従業員のライフワークバランスが向上する

テレワークを導入すると、従業員は仕事とプライベートの時間をしっかりと確保しやすくなります。通勤時間が減ることでストレスなく仕事をスタートすることができ、在宅なら休憩時間も自宅でゆったりと過ごすことが可能。仕事が終われば、すぐにリラックスできるのです。

2.コストの削減につながる

リモートワークを導入すると、電気代などのコストが減ります。また、極端な例ですが都内に高い値段で借りているオフィス契約を解約し、郊外に少し安い料金で今より広いオフィスを借りることもできるでしょう。

テレワークを導入した企業の多くはコスト削減を実現しています。この点でも導入をすることは大いにメリットがあるといえます。

まとめ

この記事ではテレワークの導入によって生じる課題をお伝えしてきました。どんな取り組みでも最初は問題が発生するものです。セキュリティやコミュニケーションなど、導入までにさまざまな課題が出てきますが、そういった課題をクリアできれば、必ずメリットになるのがテレワークの魅力。ツールやソフトの準備などは大変かもしれませんが、自社を守り、従業員に働きやすい環境を提供するために、入念な準備を行うようにしましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【1/27開催】半年以内離職を防ぐ為に今やるべき5つのポイントセミナー MotifyHR
【2/9開催】2021新卒受け入れ直前!管理職向けマネジメントセミナー MotifyHR
【ダイヤモンド社 協力開催】なぜエンゲージメントが壊れるのか!?(第2回) MotifyHR
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ