MotifyHR

テレワーク

従業員も企業も納得できる!テレワーク時の人事評価の課題と解決策

新型コロナウィルスがまだまだ収まる気配のないなか、緊急事態宣言解除後もテレワークを継続している企業が多いようです。今後は、With/Afterコロナの生活様式や多様な働き方への需要などから、テレワークはより一般的になってくるのではないでしょうか。しかし、物理的な距離があるテレワーク下において、従業員をどう評価すればいいか悩んでいる会社も多いようです。従業員を正しく評価することは、テレワーク時においてももちろん重要なこと。ここではテレワークに適した人事評価について探ってみましょう。

テレワーク時の人事評価の課題

テレワークによって起こりうる人事評価の課題点はどのようなものがあるでしょう?代表的なものを3つご紹介します。

1.そもそもの評価基準に対する不信感

「テレワーク時では人事評価に対する不満が増えるのではないか?」と心配する上司や人事担当者は多いかもしれませんが、実はそのような不満を抱える従業員の場合、テレワーク前からすでに感じていたというケースが多いようです。要因は「何を評価されているのか不明瞭」という会社に対する不信感。そしてこれらの不満の背景には、上司と部下との間の信頼関係が十分ではない、ということが考えられます。さらにテレワークでは、その信頼関係がさらに低下してしまうことが懸念されます。

2.顔が見えないことによる疑心

これまではオフィスで机を並べて仕事していたので、部下が何をしているのか、ひとまずわかっていた上司の方も多いのではないでしょうか?しかしテレワークだとそうはいきません。上司が仕事のプロセスを目で見て確認することができないため「サポっているのではないか」と疑心暗鬼になったり、仕事の管理が難しくなったと感じたりする上司、つまり評価者が多いようです。

3.上司(評価者)の主観がより強く評価に反映されてしまう懸念

人事評価の評価者であっても、あくまでも一人の人間。人事評価においては、一定の評価バイアス、つまり主観的な評価は避けられないことは前提となっています。評価者が部下を直接見ることができないテレワーク下においては、部下をより主観的に評価してしまい、普段よりも公平性を欠いてしまう可能性が懸念されます。

テレワーク時の人事評価の解決策は?

従来通りオフィス中心の業務であれば通用したはずの人事評価制度が、テレワークで機能しづらいのであれば、新しい解決策を模索する必要があります。どのように解決すればいいのか、2つの方法をみてみましょう。

1.コミュニケーションの工夫

コミュニケーションをはかる具体的な制度を設けてみてはいかがでしょう。業務予定や業務終了後のアウトプットの報告の習慣づけのほかにも、相談事項が発生した場合には適宜相談の場を設けるなどし、通常よりも頻繁で迅速なコミュニケーションをとれるような仕組みをつくりましょう。そうすることで、上司にとっては仕事のプロセスや課題が可視化しやすくなり、結果的に部下の仕事の適正な評価にもつながるはずです。

2.ITツールの導入

コミュニケーションの工夫においても、ITツールはとても有効です。例えば、チャットアプリや通話アプリだけでなく、上司との画面共有機能や細かな勤怠管理をワンクリックでできる機能を備えたテレワークの支援ツールもあります。このようなツールを上手く活用することで、スムーズな人事評価が期待できます。

テレワークに適した評価制度

前述のようなコミュニケーションの工夫やITツールの導入をしたうえで、テレワーク時においてはどのような評価制度が適しているのでしょう?3つの例をご紹介します。

MBO(目標管理制度)

MBOとは「Management by Objective」の略で、直訳すると目標による管理のこと。個人もしくはグループごとに設定した目標の達成度を、個人で管理する方法です。本人の自律性が尊重されつつ主体性が発揮され、成果につながることが期待されます。

バリュー評価

結果や成果ではなく、どの程度企業方針に合った行動をとることができたかで評価する方法です。従業員の企業方針に沿った行動力を養い、市場の変化に迅速に対応できる企業に成長する効果が期待できます。

ノーレイティング

ランク付けしない新しい評価制度です。従来のように従業員をランク付け(レイティング)するのではなく、リアルタイムの目標設定とフィードバックを実施するなかで、その都度評価を行います。

以上の3つの人事評価制度は、物理的な距離に左右されず、また成果主義に偏りすぎない方法です。テレワーク下では、成果だけでなくプロセスを含めて公正な評価ができるような制度が望ましいでしょう。

ITツールの活用がテレワーク時の評価制度のカギ

互いの顔が見えないテレワークでは、人事評価も今まで以上に難しくなります。新たな評価方法を検討すると同時に、コミュニケーション不足にならないような仕組みを取り入れていくことが重要です。短時間で実行に移すには、ITツールの導入が有効です。例えば評価制度構築から安定運用までサポートしてくれる「人事評価ハンドブック」などのITツールを導入することで、時間とコストの削減にもなり、人事の業務効率UPと会社にあった人事制度構築を同時に実現できます。テレワークにおいても適切な人事評価がスムーズにできるようになるでしょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ