MotifyHR

人材育成・開発・研修

人事担当必見!早めにチェックしておきたい新人教育で気を付けること

公開日:2021.1.6

新人は、業務に必要なスキル以前に、社会人としてのマナーや常識、スキルが身に付いていない場合がほとんどです。それゆえ 「研修中の態度が悪く叱ってしまった」「覚えが悪く、ついいらいらしてしまった」という経験をした人も多いのではないでしょうか?

教育する側にとっては、 新人、つまり学ぶ側に早く吸収してほしいと思うのは当然のこと。しかし、その思いだけではなく「教え方」のスキルも同じように持っていなければなりません。そこで今回は、新人教育のために気を付けておきたいポイントや教え方、心構えなどをご紹介します。

新人教育の際に気を付けること

まず新人教育の大前提として、「この人の説明はとてもわかりやすい」「この人から教わりたい」「この人からは学ぶものが多い」と思われなくては、効果的な教育にはなりません。 加えて「教える側も常に見られている」という意識で挑むことで、教え方のスキルを十分に発揮することもできます。これらを踏まえ、下記のようなことに注意するとより効果的だと考えられます。

仕事の全体像を先に伝え、心の準備をしておく

一般的に新人にいきなり多くの仕事を任せることはないと思います。取り掛かりやすい業務から教えることになるのですが、そればかりが続くと、新人は「自分の業務に何の意味があるのか」「いまいち会社(あるいはチーム)がどんな仕事をしているのか見えない」と不安に感じたり、「雑用をやらされている」と、モチベーションが下がってしまったりする場合もあります。

新人にモチベーションを保ちながら仕事を進めてもらうためには、「これをやって」と丸投げするのではなく、それが「どんな仕事・業務」で、「どんな意味がある」のか、つまり仕事の全体像を先に伝え、心の準備をさせることが大切です。

そうすることで、新人は自分の仕事の価値、ひいては自身の存在意義を感じられ、やる気にもつながります。

教える側にとって常識でも、新人にとっては初めてのこともある

教える側にとっては当たり前のこと、常識と思われることも、新人にとってはほとんどが初めて接する仕事であり、意味が分からない業界用語などもあるはずです。たとえ簡単に感じられる内容でも、分かりやすく、手順や方法などを教えるようにしましょう。その際は相手が知っている言葉を使いながら教えると、より伝わりやすいはずです。

実際に目の前でやってみせ、イメージ像をつかんでもらう

文章や口頭で説明したら、実際にその説明に基づいて新人の前で実践してみてください。そうすることで、一気に内容のイメージがつき、理解と吸収が進むはずです。

基本的なステップ、守るべきルール、ミスしやすいポイントなどは、事前に整理しておく

実際にやってみせたうえで、そのポイントや細かな手順、守るべきルールなど、細かなことを教えます。その際、マニュアルがあるとよりスムーズでしょう。教える側もマニュアルをつくることで、伝え漏れがなくなり、次の新人教育にも生かすことができます。

教えたタイミングからなるべく間をあけずに実践させる

教えたことを、あまり時間を置かずに実際に経験させます。そうすることで学習がより効果的になるはずです。顧客対応などの業種は実践が難しいかもしれませんが、本人にマニュアルを見ながら改めて説明させることでも、実践に近い学習効果が期待できます。

評価、フィードバックを伝える

業務実践の後は、必ず評価をフィードバックしましょう。その際、よくできた部分や、上手だった部分を中心にフィードバックするように心がけてください。ミスを中心に指摘してしまうと、新人はネガティブに捉え、モチベーションが低くなってしまう恐れがあります。とはいえ、ミスはしっかり伝える必要があります。そのときは、「そこは間違いやすいポイントだから」といった言い方にするなど、伝え方を工夫すると効果的です。

「背中を見て覚えろ」よりも、教え方の原理原則を踏まえた指導をすることが効果的

「背中を見て覚えろ」という方法は、今や通用しません。まず「褒めて」から「注意」をするという、教え方の原理原則を踏まえたうえで指導をするよう心がけましょう。その際、下記のようなことに気を付けるとよいでしょう。

【褒める時】
・具体的な内容で
・ストレートに
・他の従業員がいる前で
・共に喜ぶ

【注意する時】
・感情的にならない
・人前で注意しない
・昔のことを掘り返さない
・相手の言い分にも耳を傾ける

新人を教育するための研修の導入もより効果的

新人を効率的に教育することは、自分にとっても、会社全体にとっても有意義なものです。自分はすでに知っていることだとしても、上手に教えられるとは限りません。教えることで改めて自分のスキルを再確認したり整理したりすることができます。自分の知識を「教育」としてアウトプットできる機会は、自身の成長にとってもプラスなのです。

気を付けるべきことをしっかりと確認し、効果的に、効率よく新人教育に臨んでみてはいかがでしょう?また、企業の人事担当者、役員などは、新人が配属された部門の上司に、新人を教育するための研修の導入も、検討してみてはいかがでしょう?

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【1/27開催】半年以内離職を防ぐ為に今やるべき5つのポイントセミナー MotifyHR
【2/9開催】2021新卒受け入れ直前!管理職向けマネジメントセミナー MotifyHR
【ダイヤモンド社 協力開催】なぜエンゲージメントが壊れるのか!?(第2回) MotifyHR
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ