MotifyHR

人材育成・開発・研修

会社の変革と創造を担う次世代リーダーの育て方

多くの企業で「次世代を担うリーダーが足りない」という悩みを抱えているのではないでしょうか?グローバル化や産業構造の変化が激しさを増す昨今、企業にはますますスピーディーでパワフルな変革が求められています。このような環境において企業が生き残り成長し続けるためには、強い組織と、組織を牽引できる次世代のリーダーの存在が必要不可欠。今回は、そのような次世代リーダーを育てるために必要なことを探ります。

なぜ次世代リーダーの育成が重要なのか?

常に変革を求められ、グローバル化が進む経営環境において、企業は競争を避けられない状況にあります。また、たとえ大規模な企業や歴史ある企業であっても、このような状況においては将来は不確実です。どのような環境であっても、企業が勝ち続け、価値を生み出し続けるためには、組織と事業を力強く引っ張るリーダー、つまり業務やチームを牽引していける人材はますます重要になってきています。

企業を取り巻く環境の変化はすなわち、次世代リーダーを取り巻く環境の変化といえます。この急速な変化に対応できる強くしなやかなリーダーを育成するためには、計画的かつ早急に育成する仕組みが必要となってきます。なぜなら、リーダーを育成することは単なる人材育成上の課題ではなく、経営上の大きな課題となっているからです。強い組織とは、次世代のリーダーを継続的に育成、輩出し、そのリーダーを中心に変化・変革し続けられる組織といえるでしょう。

次世代リーダーの人材要件とは?

これからの時代を生き抜くために、企業にとって必要なリーダーの要件。それは大きく分けて下記の4つが考えられます。

・経営戦略の知識
・考える力
・周囲を巻き込む力
・高い志

特に「高い志」については、

・リーダーシップを発揮し、企業の向かうべき方向性を示す中心軸になる
・常にチャレンジし続けられる精神の源泉
・部下や関係者を統率し、彼らとともに困難を乗り越えていくための原動力

上記のような観点からも、欠かすことのできない要件といえるでしょう。では、どのようにそのような能力を備えたリーダーを育成するのでしょう?

次世代リーダー育成の方法とポイント

次世代リーダー育成において、育成対象の選抜から育成後の配置、評価まで一連のリーダー輩出の仕組みを考えていくことが必要になります。

まず着手すべきことは、育成対象の選抜。多くの企業では、リーダーの選抜方法として推薦や過去の人事評価を採用しているようです。しかしリーダーが足りない、という悩みが顕著な場合は、リーダー育成をより確実にするために、まず求める人物像を明確にするとよいでしょう。リーダーとなるべき人物像の評価ポイントを具体化するというひと手間が加わりますが、明確にすることで永続的な評価基準ができ、精度の高い選抜が可能になります。そのうえで、HRシステムなどのツールを用いた人事評価を併用すれば、さらに効果的な選抜が可能になるでしょう。

次に取り組むべき「育成の方法」として、3つのポイントがあると考えられます。

経営幹部として

1つ目は「経営幹部として」のポイントです。経営戦略やマーケティング、財務などの知識、つまり「経営の定石」とも言える部分の教育です。経営幹部としては当然理解しておくべき「お金」や「法律」について、十分に学べる環境と仕組みを整えるべきでしょう。

人として

2つ目は「人として」というポイント。リーダーシップ研修を筆頭に、すでに多くの教育プログラムが存在しています。そのようなプログラムの研修を実施し、リーダーとしてのスキルを磨くとともに、人格形成という観点からの教育も重要になりそうです。つまり表面的なスキルだけにとどまらず、前述したような「高い志」を持つ人物を育成することが不可欠といえるでしょう。

課題形成と解決力

3つ目は「課題形成と解決力」というポイントです。戦略の策定や組織課題の解決のためのスキルを磨く教育が必要でしょう。OJTでの教育は機会に限りがありますので、別途研修プログラムで補完するとよいでしょう。

適切な育成には外部システムの導入も効果的

刻一刻と変化する経営状況に身を置く企業にとって、将来を担う次世代リーダーの選抜と育成は急務であり、会社存続の重要な要素に違いありません。リーダーを選抜するうえで適性かどうかを判断するHRシステムや育成するための研修プログラム(eラーニング)などを活用するのもよいでしょう。

また、ダイバーシティという観点も企業経営において重要な要素。企業を引っ張るリーダーにも、当然多様性を受け入れられる感覚が必要でしょう。自分が先頭に立つタイプの従来のリーダーシップだけではなく、多様な文化、人材とのコミュニケーションを活かせるリーダーシップが求められます。これらをふまえ、HRシステムや育成プログラムの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

人材開発プラットフォームサービス 『Motify HR』を運営しています。このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
経営者必見!エンゲージメントカンパニーセミナー(12月) MotifyHR
【1/13開催】2021新卒受け入れ直前!管理職向けマネジメント MotifyHR
【1/27開催】半年以内離職を防ぐ為に今やるべき5つのポイントセミナー MotifyHR
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ