新入社員を会社に定着させる『オンボーディング』

オンボーディングとは、「新しく仲間に加わるメンバーが、社内で良好な人間関係を構築し、チームの一員として、仕事でのパフォーマンスを上げていくために必要な、順応、育成、定着を行うための一連のサポートプロセス」を意味します。

MotifyHRでは、新たに加入した新入社員の可能性を最大限に引き出せるように設計された90日間の『オンボーディングコース』を用意しています。

オンボーディングの大切さ新入社員の即戦力化

オンボーディング対象の「新入社員」は、新卒社員だけではなく、中途入社した転職者を含む、企業に新入社員全員を指します。
オンボーディングを成功させるには、入社が決まった瞬間から最短でも1年間は継続的なサポートを実施する必要があり、人材開発部門が中心となって行うことが好ましいでしょう。

オンボーディングの導入には、業種や部門の違いは関係ありません。全ての職場環境にて、社員の定着や離職防止に大きな効果を発揮できるでしょう。
アメリカでは、オンボーディング・プロセスが確立されている企業とそうでない企業では、社員の定着率やモチベーションが全く異なるとして、その重要性が認識されています。オンボーディングを通じて、新入社員と既存社員のコミュニケーションをスムーズにし、円滑に業務を進めていきましょう。

オンボーディングで重要視するべきこと

新入社員がそれぞれの部署に配属されると、実務の知識や研修が優先され、これらの知識や考え方の浸透はどうしても置き去りにされがちになります。人材開発部門が中心となり、これらの知識や考え方の共有を通して、会社と個人が一緒に歩むことの大切さをマネジャー、仲間、そして同期と一緒になって築き上げてゆく必要があります。

こんな課題を解決します
課題「入社直後の新入社員を素早く職場に馴染ませたい」

イメージ画像

早期離職

入社後1年以内の早期離職率が高い

イメージ画像

慢性的な人手不足

離職者が多く、残された現場の社員が疲弊

イメージ画像

現場任せ

新入社員の育成が配属先のマネージャーに依存

オンボーディングを成功に導くためには、『一人ひとりと向き合うこと』が一番大切です。流れ作業として「こなしている」ようでは、人を育てることはできません。

そして、新入社員をオンボーディングするために最も重要なのが、入社後の90日間です。

MotifyHRのオンボーディングコースなら、新入社員の可能性を最大限に引き出すために最も重要な90日間に必要な研修&教育コンテンツが適切なタイミングで配信されます。

新入社員が入社後スムーズに会社に馴染めるためのタスクや研修コンテンツなどが、自動配信されるのはもちろん。初日、1週間目、30日目、60日目、90日目と、適切なタイミングで、オンボーディングの状況を知ることができ、上司がフィードバックするタイミングや、フィードバックの内容をシステムがサポートします。

もちろん、導入企業様ごとにカスタマイズも可能。それぞれの業種や部署、企業文化に合わせた独自のオンボーディングコースを構築することで、新入社員や中途社員の即戦力化を実現しましょう。

オンボーディングを成功させる3つのポイント

POINT1 入社初日のオンボーディングが最も重要

イメージ画像

入社初日は本人が忘れられない一日になるように会社を上げて新入社員を歓迎しましょう!

初日から放置されている状態や、新しい環境の情報が得られないとモチベーションは下がります。そうならないためにも、入社初日は以下のイベントを実施しましょう!

MotifyHRでは、内定者もメンバーに登録することができるので、入社前からオンボーディングコースをカスタマイズし、会社の魅力や一緒に働く仲間の情報などをコンテンツとして配信すれば、入社後のギャップを激減できるでしょう。またオンボーディングコースも内定決定後すぐに登録しておけば、採用担当や配属先のメンバーは、当日のイベントに注力できます。

MofityHR『オンボーディングコース』は、直感的なUIで操作も簡単

イメージ画像

※MotifyHRのオンボーディングコース機能は直感的に操作できるので、システムやクラウドサービスに詳しくないひとでも安心してご利用いただけます♪

POINT2 効果測定と検証

オンボーディングの一環として、研修や新たな制度の導入を行っても、それらが新入社員にとって良い影響を与えているのか、狙い通りの効果を発揮しているのかは、アンケート・サーベイなどで調べてみないとわかりません。

MotifyHRなら成果の見える化も簡単に行えます。

オンボーディング実施後の離職率やエンゲージメント率を測定し、「効果あったのか?」「改善がされているのか?」を確認して次の施策へ繋げていきましょう!

MotifyHRなら『サーベイ結果』もひと目でわかる

イメージ画像

チェックした結果の確認や満足度調査、ストレスチェックなどを実施しても、実施しただけで放置していては、むしろ逆効果です。オンボーディングで重要なのは「施策の実施」「効果の測定」「結果に対するフィードバック」です。新入社員へのフィードバック担当者を明確にし、フィードバックが正しく行われているかを定点観測する必要があります。

MotifyHRならフィードバックのアラート出しも簡単に実施できます。

POINT3 社員の言葉に耳を傾けよう!

イメージ画像

採用担当者や上司は、どの施策が効果的だったかを把握しPDCAを回していく必要あります。オンボーディング対象者へのヒアリングを必ず行い、施策の制度を上げていきましょう。また、オンボーディングでは、既存社員をいかに巻き込むかが成功のカギとなります。新入社員を教育し、頼られることで、既存社員のモチベーションやエンゲージメントも高まります。既存社員に研修講師となってもらい、会社についての想いを語ってもらったり、入社1日目に昼食会を開き、できるだけ多くの社員に参加してもらうだけでも、新入社員から見た会社や所属するチームに対しての印象は大きく変わってきます。既存社員を巻き込みながら、新入社員を即戦力として活躍できる人材に育て、会社の発展に繋げましょう。
MotifyHRのオンボーディングサーベイなら、新入社員のオンボーディング状況がリアルタイムで可視化されるので、突然のビックリ退職予防にも効果的です。

新入社員の可能性を最大限発揮させるためにも入社初日からのオンボーディングは重要です。MotifyHRの「90日間のオンボーディングコース」を使って新入社員の定着、そして即戦力化を実現しましょう!