オンボーディング

【1分で診断!】インポスター症候群 診断結果に応じた対処法もご紹介!

公開日:2021.10.27

  • オススメ

日本でインポスター症候群が急増していると言われています。
遠慮や謙遜は日本社会において必要な場面もありますが、いつのまにか過ぎた謙遜が、自身を卑下しているかもしれません。

・他人から褒められると、期待に応えられるか不安になる。
・仕事が上手にできても、成果が自分の能力ではないように感じる。
・昇給や昇進は嬉しいと思うけど、責任や期待が重荷に感じるので避けたい。
上記のような方は、インポスター症候群かもしれません!こちらの診断ツールを使えば、質疑応答形式で採点できますので、客観的な診断が可能です。
診断結果に応じた解説へのリンクも設置していますので、診断結果を受け止めてしっかり対処していきましょう!
【診断ツールの使用方法】
1. ニックネームを入力してください。
2. すべての回答にチェックを入れてください。
3. 「診断する」を押すと結果が表示されます。

診断してみよう!



問1 : 少しの間違いや能力不足でも悩まされることがある。




問2 : 自分の成功は、運や他人の助力によるものだと思う。




問3 : 論理的で建設的な批判に対して、納得よりもショックを受ける方だと思う。




問4 : 明らかに他人よりも能力が高いと評価されても、自分の能力を軽視してしまう。




問5 : 良くも悪くも人から評価されることは避けたい。




問6 : 褒められると、嬉しさよりもプレッシャーを感じることがある。




問7 : 成功よりも失敗のほうが記憶に残る。




問8 : 自分の考えよりも、「相手の好きな答え」を優先することが多い。




問9 : 失敗や能力不足を知られたくないと思う。




問10 : 期待されても、期待に応えられないのではないかと不安になってしまう。











もう一度診断する

記事へ戻る

インポスター症候群の診断結果はいかがでしたか?
診断結果の点数において、予想通りでしたか?
診断結果が予想よりも低かった、高かった。完璧に予想通りの点数だった方はなかなかいないでしょう。

今一度、インポスター症候群の記事を読んで、自分がどのような状態なのか考えてみましょう。
自分の状態を知ることで、意外と簡単に改善策が見つかるかもしれません。
インポスター症候群に陥ってしまっては、仕事のパフォーマンスが下がり、成果から遠ざかります。
周囲からの評価も受け入れて、自分に自信を持つことで、最大のパフォーマンスを発揮できることでしょう。

この記事を書いた人

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ