MotifyHR

パフォーマンス管理

「達成型組織」を否定する「ティール組織」とは?

昨今、ビジネスでよく耳にする「ティール組織」とは一体何か、皆様はご存じでしょうか。「ティール組織」とはこれまでの概念にない全く新しい組織モデルです。この概念は、2014年にフレデリック・ラルー原著「Reinventin Organizations」で紹介され、世界で活用されています。その組織モデルと運営方法、具体的な事例などを見ていきましょう。

ティール組織で見る組織フェーズの5段階

フレデリック・ラルーは著書「Reinventing Organizations」の中で、「旧来のマネジメント手法は成果が上がっていて正解だと思われているが、実は組織に悪影響を与える可能性をはらんでいる」ということを指摘しています。

“ティール”とは、青緑のこと。
意識は「Red → Amber(琥珀) → Orange → Green → Teal(青緑) 」の順で、“より世界を複雑に捉えよう”と、発展していくと考えられています。
ラルーは組織フェーズを5段階に分けて、この要因を説明しています。

1)Red組織

特定の個人の力で支配的にマネジメントすることがポイント。短期的な目線で動き、どのように組織として生存していくかということだけに焦点が当てられている、衝動的な組織。個人の力に依存するため、再現性がない。

2)Amber組織

Red組織の意識が次の段階へ進むとAmber組織に。特徴は、明確に役割が決められており、厳格にその役割を全うすることを求められている点。長期的な目線を持った組織へ変化していく。「支配する側」という役割の登場によって、特定の個人への依存度を減少させ、安定的に継続できる組織を目指す。今いる環境が不変であることが条件のため、状況変化に対応できないという問題も。

3)Orange組織

Amber組織で対応できなかった環境の変化に適応するために発展した組織。階層構造によるヒエラルキーが存在し、成果を出せば昇進できるというマネジメントスタイルで、一般的な企業のマネジメントはおおよそこの区分。ヒエラルキー内に流動性があるため、時代に合った能力や才能を持っている社員が力を発揮し、イノベーションが生まれやすい。一方、絶えず変化が起こる環境で生き残るために競争を続けることが求められるため、絶えず働き続けることに。Orange組織に当てはまる企業が多いことも、日本でティール組織の考え方が広まっている理由の一つ。

4)Green組織

Orange組織から発展した組織。その人らしさを大切にし、主体性を発揮しやすく、個人の多様性が尊重されやすい。単に目標を達成するのではなく、個人に焦点が当てられるが、メンバー間で多様な意見を尊重し合い、合意形成を行うなど、組織としてのヒエラルキーは残ったまま。決定権限はマネジメント側にあり、明確に決定権限を組織内に再分配されるかについては定義されていない。メンバーが主体的に動き続けることができる場合を除き、多くのGreen組織では社長が決定をくだす。社員にとっては心理的安全があり、Orange組織よりも社内の雰囲気は良い。

5)ティール組織

特徴は、組織を一つの生命体として捉えていること。「組織の目的」を実現するために、メンバー同士で共鳴しながら行動をとる。役職をなくして生産性を上げる新しい組織マネジメント。「ホラクラシー経営」は、ティール組織の一つの形態として考えられる。誰かが指示や命令を出すというヒエラルキー構造はなく、組織の目的実現のためにメンバー全員で行動するスタイル。

ティール組織に欠かせない3つの要素

ティール組織に欠かせない3つの要素

そしてティール組織には、

・「目的を進化させる」
上層部が意思決定を行うのではなく、社員や環境に合わせながら目的を進化させること。

・「セルフマネジメント」
目的を達成させるために、社員全員が自己管理をすること。

・「ホールネス」
環境、人の多様性を理解し、心理的安全性を保障すること。

という3つの要素も欠かせません。
会社の目的達成のために、人事担当者は知っておくべき組織といえます。

「ティール組織」の完成とメリット

「ティール組織」の完成とメリット

ティール組織の最大の特徴は、社長や株主の意思決定が組織に影響を与えるのではなく、個人が組織全体の目的達成のために行動するところにあります。
独自のルールや仕組みをつくりながら、円滑な組織運営を目指せる仕組みです。

ティール組織では、一人ひとりが意思決定権を持つため、それぞれ責任感を持って行動できるようになります。
営業力や情報管理能力などのスキルも高まり、会社全体の利益にもつながります。

ティール組織を完成させることは簡単ではありませんが、完成すれば社内での分裂やストライキといったリスクの抑制にも効果があります。
この組織を実現するために企業規模の大小は関係ありません。

まとめ

どんなビジネスモデルにも対応できる、新しく革新的なモデルが「ティール組織」なのです。
手始めに、「ティール組織」をプロジェクトや小集団といった単位で実践し、その有用性を検証してみてはいかがでしょうか。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ