MENU

人材育成・開発・研修

ウェルビーイングとは?注目される理由と企業事例などをわかりやすく紹介

公開日:2023.1.10

    近年、従業員のワークライフバランスを整備し、働きやすい環境を作ることを目指して、ウェルビーイングの重要性を意識する企業が増加傾向にあります。

    本記事では、ウェルビーイングの概要やウェルビーイングが近年注目を浴びている理由などを解説します。また、企業におけるウェルビーイングの取り組み事例についてもご紹介します。

    ウェルビーイングとは

    まず、ウェルビーイング(well-being)という言葉の意味について考えていきましょう。
    ウェルビーイングとは、「幸福」を意味しており、肉体的、精神的、社会的に幸せな状態であることを指しています。
    世界保健機関(WHO)の世界保健機関憲章前文には、次のような文章があります。[注1]


    “Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.”
    健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。”


    “The enjoyment of the highest attainable standard of health is one of the fundamental rights of every human being without distinction of race, religion, political belief, economic or social condition.
    人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別されることなく、最高水準の健康に恵まれることは、あらゆる人々にとっての基本的人権のひとつです。”


    ウェルビーイングを意識し、従業員の心身が常に健康な状態を維持することで、業務のパフォーマンス向上を促し、組織に良い影響をもたらします。

    また、近年社会問題化している過労死やメンタルヘルスといった問題を解消し、従業員の満足度を高めるという意味で、ウェルビーイングは注目されている概念でもあるのです。

    [注1]公益社団法人日本WHO協会/世界保健機関(WHO)憲章

    ウェルビーイングとウェルフェアとの違い

    ウェルビーイングと混同しやすい言葉に、ウェルフェア(welfare)があります。両者は次のように意味が異なります。

    • ウェルビーイング(Well-being):「幸福」「持続的な幸せ」
    • ウェルフェア(Welfare):「福祉」「福利厚生」

    ウェルフェアは、従業員の働きがい向上や従業員(または家族)の健康増進などが目的とされており、ウェルビーイングを達成するための手段となります。

    そのため、あくまでもウェルビーイングを実現させるために、ウェルフェアを整備する必要があると考えておくとよいでしょう。

    ウェルビーイングとハピネスとの違い

    では、もう一つ、ウェルビーイングと似た言葉として用いられるハピネス(Happiness)とはどのような違いがあるのでしょうか。

    ウェルビーイングとハピネス、それぞれの言葉の違いは、以下のとおりです。

    • ウェルビーイング(Well-being):「持続的な幸せ」「身体的、精神的、社会的に良好な状態」
    • ハピネス(Happiness):「感情的で一瞬の短い幸せ」

    ウェルビーイングが長時間の幸せが続くのに対し、ハピネスは短時間だけで感じられる一瞬のシンプルな幸せを意味します。
    人々がより高い幸福度を得られるようにするためには、一瞬のみの幸福となるハピネスではなく、ウェルビーイングを高めることが重要です。

    ウェルビーイングが注目される理由とは?

    ではなぜ、近年ウェルビーイングが多くの企業で注目されているのでしょうか。
    その理由について5つを取り上げ、紹介していきます。

    1. 人材不足

    現在、深刻化している少子高齢化によって、国内における労働力人口の減少が予測されております。今後は、さらなる人材不足に陥る見通しとなっています。

    また、かつてのように終身雇用が一般的でなくなったことから、企業にとっても自社に貢献してくれる人材を確保し、つなぎとめておくことが重要となってくるでしょう。

    企業は従業員の労働力を高め、人材不足を確保する意味合いでも、従業員やその家族に対してウェルビーイングを意識した取り組みが大切となります。

    2. 働き方改革による意識の変化

    働き方改革の推進により、働きやすい環境に向けた整備が急がれるようになりました。

    そのためには、ライフスタイルに応じた柔軟な働き方や長時間労働の是正、雇用形態に拠らない待遇差の改善など、職場環境を整備していくために必要な制度や仕組みを検討していかなければなりません。

    従業員が自分らしい働き方を実現するうえで、ウェルビーイングが重要な考え方となっていくことは明らかです。

    健康経営の推進

    経済産業省では、企業が従業員の健康管理に重点を置いた経営を行えるよう、健康経営への取り組みを推奨しています。

    健康経営の推進の背景として、長時間労働がもたらす過労死が社会問題化し、従業員が安全に働ける環境の整備が必要であることが認識されてきたという点が挙げられます。

    身体的な健康に重点を置く健康経営に加え、ウェルビーイングに着目して社会的・精神的にも満たされた状態になることで、従業員がより健康な状態で仕事に取り組むことが可能となります。

    新型コロナウイルス感染症の影響

    2020年より続く新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークが普及し、業務効率化が進みました。しかしその反面、従業員同士のコミュニケーションが不足することにより、メンタルの不調に悩む人も増加傾向にあります。

    従業員同士が良好な人間関係を築けている職場では、生産性も高まりやすくなります。ウェルビーイングに注目した職場環境を整備することで、従業員のモチベーションアップにつながり、やりがいを持って仕事に取り組むことができるようになるでしょう。

    SDGsに関する動き

    SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月に国連サミットで採択され、2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際的な目標のことを指します。

    SDGsでは、17のゴールが定められております。その3つ目の項目として「GOOD HEALTH AND WELL-BEING(すべての人に健康と福祉を)」が設けられています。

    このことからも、ウェルビーイングに取り組むことが、SDGsの達成へとつながっていくことも考えられます。

    ウェルビーイングに関する理論や調査

    ウェルビーイングに関する理論や調査については、さまざまなものが報告されています。これらは、ウェルビーイング実現の達成度をはかるためにも、目安となる指標です。指標と照らし合わせることで、自社がウェルビーイングを実現するために必要なものが見えてくるでしょう。
    ここからは、ウェルビーイング実現に役立つ主な理論や調査を3つ取り上げ、紹介していきます。

    世界幸福度ランキング

    「世界幸福度ランキング」とは、国連が発表しているランキングです。人生における幸福度について、各国の人々に対し聞き取り調査を行ったものです。

    この調査では、1人当たりの国内総生産や社会的支援、健康寿命、社会的自由、汚職の無さなどの評価項目について、国や地域ごとに数値化し、分析して、過去3年分の平均値を算出し、ランキング化します。

    2022年3月に国連が発表した「世界幸福度ランキング2022」では、日本のランキングは54位です。先進国の中では決して高い順位ではありませんでした。

    日本は、1人当たりの国内総生産や健康寿命については高い数値が示されているものの、社会的支援や社会的自由については低い数値が示されています。

    日本国内でのウェルビーイングを高める意味でも、従業員が自由に人生を選択できる職場環境へと改善していくことが、重要となってくるでしょう。

    ウェルビーイングの5つの構成要素

    アメリカの調査会社ギャラップ社により定義されている、ウェルビーイングを構成する要素には、次の5つの要素があります。[注2]

    これら5つの要素については、国籍などのバックグラウンドを問わず、すべての人に当てはめることが可能です。

    次の5つの要素を実践することにより、企業のウェルビーイング向上を推進していきましょう。

    • Career Well-being:「キャリアの幸福」
      ⇒自分の時間を好きなことに使えているか、または毎日の仕事が好きか
    • Social Well-being:「人間関係の幸福」
      ⇒人生のなかで強い人間関係と愛情を持っているかどうか
    • Financial Well-being:「経済的な幸福」
      ⇒「経済的な豊かさ」があるかどうか
    • Physical Well-being:「身体的な幸福」
      ⇒健康で、日常的に物事を成し遂げるのに十分なエネルギーを持っているかどうか
    • Community Well-being:「コミュニティの幸福」
      ⇒住んでいる地域に関わっているという感覚があるかどうか

    [注2]GALLUP/The Five Essential Elements of Well-Being

    PERMAモデル

    PERMAモデルは、満足度の高い状態でウェルビーイングを実現するために必要な5つの要素を定義したもので、ペンシルバニア大学のマーティン・セリグマン博士により提唱されています。

    このPERMAモデルは、以下の5つの要素により構成されており、すべての要素を意識して行動することで、ウェルビーイングをさらに高めることができます。

    • Positive emotion:ポジティブな感情
    • Engagement:没頭、楽しいことに関わる
    • Relationship:豊かな人間関係
    • Meaning:人生の意味や意義を肯定的に捉える
    • Accomplishment:達成、マスター、やり遂げること

    企業におけるウェルビーイングの事例

    企業におけるウェルビーイングの事例も多数紹介されています。

    以下、具体的な4社の事例を取り上げていきます。企業活動での参考にしてみてはいかがでしょうか。

    Google

    Googleでは、従業員の生産性を向上させるためのプロジェクトとして、2010年から4年をかけ「プロジェクト・アリストテレス」を実施しました。

    その研究結果としてわかったことは、「心理的安全性」「相互信頼」「構造と明確さ」「仕事の意味」「インパクト」の5つの要素が、生産性の高いチームを作る重要なポイントだということです。これらの要素はウェルビーイングの実現においても重要です。

    中でも「心理的安全性」については、従業員の精神面の安定を促すことから注目されており、社内の生産性の向上に向けた取り組みに活かしています。

    味の素

    味の素グループでは、2018年に健康宣言を制定しており、従業員専用の健康情報の専用ポータル「My Health」の設置等、社員の健康維持や増進を目的とした職場環境の整備を行ってきました。

    ウェルビーイングを意識した働きやすい職場環境を提供することで、優秀な人材の採用が見込まれ、離職率の低下も期待できるようになっています。

    楽天

    楽天株式会社では、従業員の健康を維持し、よりよい精神状態で業務にあたれるよう、「楽天健康宣言:Well-being First」にのっとった取り組みを行ってきました。

    社内設備の充実やコレクティブ・ウェルビーイングの概念に基づいたガイドラインの発行、三間(さんま)と余白の概念の重視など、他社とは異なる独自の取り組みで、従業員のウェルビーイング達成を推進しています。

    アシックス

    株式会社アシックスでは、「アシックスの健康経営」とし、従業員の健康は最も大切な要素と位置付け、従業員の健康的な生活の実現を目指した取り組みを行っています。

    主な取り組みとして、従業員の健康状態を把握するための検診やストレスチェック、保健師による面談、また、全社員に向けたメンタルヘルス研修などを実施しています。

    企業におけるウェルビーイング実現のメリット

    ウェルビーイングにより、企業は従業員が働きやすい環境を提供することができるようになります。

    以下では、企業におけるウェルビーイング実現のメリットを紹介していきます。

    企業価値が向上する

    ウェルビーイングに積極的に取り組む企業は、企業価値の向上が期待できます。

    特に近年、環境(Environment)や社会(Social)、ガバナンス(Governance)の視点を取り入れたESG投資の動きが活発です。ウェルビーイングの実現は特にSocialの部分へのインパクトがありますので、対外的にも企業価値の向上を示すことができるでしょう。

    また企業の社会的価値が高まれば、優秀な人材も集まりやすくなるでしょう。

    ワークエンゲージメントが向上する

    ウェルビーイングによって、従業員のワークエンゲージメント(心の健康度)が向上します。
    このワークエンゲージメントとは、熱意・没頭・活力のすべてが揃って充実している心理状態を指します。
    ワークエンゲージメントが向上することで、従業員の生産性も高まり、企業の業績アップにもつながっていきます。

    離職率の低下

    ウェルビーイングを実践することで、従業員の仕事へのモチベーションがアップすると、同じ職場への定着率が高まります。

    結果として、従業員の離職率低下につながり、採用コストの削減も見込めるようになるでしょう。

    組織のレジリエンスが高まる

    個々の従業員が幸福感を感じながら仕事を進めることができれば、自然と困難を乗り越えて成果を出すことのできる職場環境が醸成されていきます。

    ウェルビーイングを向上させることで、従業員が活き活きと働ける組織を作り上げられるようになる、組織のレジリエンス(困難を突破する力)を高めることも期待できます。

    幸福度の高い社員は生産性が高い?

    幸福度の高い従業員は、生産性が高いとされています。

    幸福学の専門家として知られる慶應義塾大学大学院・前野隆司教授の研究データによると、幸福感と生産性には深い関係があることが紹介されています。
    その結果として、幸福感の高い従業員はそうでない従業員に比べて欠勤率は41%、離職率は59%低くなる傾向にあります。また創造性は3倍、生産性は31%、売上は37%高いとされています。
    ※参考:Lifehacker

    ウェルビーイングに関する書籍を紹介

    それでは、最後に、ウェルビーイングについての知識を身につけるためにおすすめできる書籍を3冊ご紹介します。
    いずれもウェルビーイングを経営に活かすために最適の書籍です。ぜひ、参考にしてみてください。

    「わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために」ビー・エヌ・エヌ新社

    本書では、ウェルビーイングとはそもそも何か、そしてウェルビーイングな状態を作り上げるためにはどのようなことが必要なのかが解説されています。
    「個でありながら共のウェルビーイング」を目指す日本的なウェルビーイングのあり方を知るにはぴったりの一冊です。
    >>詳しくはこちら

    「幸せな会社の作り方 SDGs時代のウェルビーイング経営の教科書」不扶桑社

    会社経営を行う上で「幸せ」を軸に据えることで、従業員の幸福度を高め、業績は右肩上がり、離職率の減少にもつながります。
    ユニークな制度を導入し、従業員の幸福感をアップさせた企業の代表が、ウェルビーイング経営について紹介する内容となっています。
    >>詳しくはこちら

    「ウェルビーイング」日本経済新聞出版

    従業員が身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングな状態であることは、企業にとっても良い方向に働きます。
    本書では、ウェルビーイングについてすべてのビジネスパーソンに向け、わかりやすく解説しています。
    >>詳しくはこちら

    ウェルビーイングの取り組みで持続可能な経営へ

    肉体的、精神的、社会的に満たされた幸福が維持されているウェルビーイングの考え方は、政府が推進する働き方改革を実践するうえでも大きな役割を果たします。

    ウェルビーイングを導入することで、従業員の満足度を高められるため、結果として企業の生産性だけでなく、業績や企業価値の向上も期待できると考えられます。

    ぜひ、企業と従業員双方に多くのメリットをもたらすウェルビーイングに積極的に取り組み、予測不能な時代に生き残れる持続可能な経営へとつなげていきましょう。

    FAQ

    ウェルビーイング(Well-being)に関するよくある質問です。

    ウェルビーイングとはどういう意味ですか?
    ウェルビーイングとは、「幸福」を意味しており、肉体的、精神的、社会的に幸せな状態であることを指しています。ウェルビーイングを意識し、従業員の心身が常に健康な状態を維持することで、業務のパフォーマンス向上を促し、組織に良い影響をもたらします。
    ギャラップ社が定義するウェルビーイングの要素とは?
    Career Well-being:「キャリアの幸福」、Social Well-being:「人間関係の幸福」、Financial Well-being:「経済的な幸福」、Physical Well-being:「身体的な幸福」、Community Well-being:「コミュニティの幸福」の5つです。
    ウェルビーイングとポジティブ心理学の関連は?
    ペンシルバニア大学のマーティン・セリグマン博士によって提唱された「PERMAモデル」はポジティブ心理学の分野で提唱され、ウェルビーイングにおいても重要な要素としてとらえられています。

    この記事を書いた人

    M.F

    株式会社アックスコンサルティング マーケティング本部 WEB制作課所属。
    『HR BLOG』にて一般企業の経営者・人事担当者向けの記事を執筆するほか、主にメールマガジンで士業事務所の経営課題を解決するための情報配信を行っています。

    この記事もオススメ!

    一覧へ