MotifyHR

オンボーディング

優秀な人材ほど突然会社を辞めるって本当?辞める理由や気になる損害についてもチェック

公開日:2021.8.16

優秀で今後に期待をしていた人材が、突然会社を辞めてしまった。そんなことはありませんか?辞めると思ってもいなかった優秀な社員が突然会社を辞めたという場合には、何か社内に問題がある可能性も考えられます。
今回は、優秀な人材が突然会社を辞める理由や、突然辞めたときに起こり得るトラブルについて詳しく解説します。

優秀な人材ほど突然会社を辞める理由3選

突然会社を辞める人に限って優秀で困ってしまう…。しかし、実は優秀な従業員が会社を辞めるのには、いくつかの理由があるのです。

代表的なものとしては、仕事の量が不平等かつ正当な評価を得られないということです。優秀な人は仕事が的確で早いため、仕事の量を多く任されがちです。同じ立場・給料であるにも関わらず、他の従業員よりもこなす仕事の量が倍以上になるなど、いつの間にか負担を多く背負ってしまうことも少なくありません。また、優秀な人は、他の従業員よりも結果を出していることが多いため、自分自身に対する会社の評価が正当でないと感じている場合にも、突然会社を辞めてしまうことがあります。このように、仕事の量が不平等かつ正当な評価が得られない状態が続いてしまうことにより、優秀な人はだんだんと会社に対する不満が積もってしまい、突然会社を辞めてしまうのです。

次は、企業理念が理解できないという理由です。優秀な人ほど、会社に慣れてくるに従い、会社の掲げているビジョンや方向性の意味を考え始めます。会社の企業理念が明確になっていなかったり、掲げているビジョンや方向性と現状が一致しておらず矛盾が生じているという場合には、企業理念に疑問を抱くと同時に自分自身の明るい未来を想像することができないことから、突然会社を辞めることがあります。

優秀な人材が突然会社を辞める理由の三つ目は、「これ以上成長することができないと判断したため」です。優秀な人は、常に自分自身を成長させたいと思っています。新しいことへのチャレンジや、自分自身で仕事を進めていくことを好む傾向があるため、その時々で裁量権を与えられないなど、仕事をしづらい職場の場合には、やりがいを感じられず、突然会社を辞めてしまうのです。また、社内に自分が尊敬できるような上司が居ない場合にも、これ以上この会社にいても成長は見込めないと感じてしまうことがあります。

計画的でも突然会社を辞めることはトラブルになる可能性がある

たとえ計画的に進めていたとしても、突然会社を辞めるのは、さまざまなトラブルへと発展する可能性があります。会社や業務内容によって事情は異なるため、「これなら突然会社を辞めても大丈夫!」と思っていても、実際には思いもよらない問題へと発展してしまうことも。では、どんなトラブルが考えられるのでしょうか?

突然会社を辞めた場合で最も大きなトラブルにつながるのは、「無断で突然会社に来なくなること」です。「会社内で辞める手はずは整えてあるから、突然辞めても大丈夫!」というような安易な思い込みから、会社に何も告げずに突然辞めてしまうと、場合によっては「懲戒解雇」という処分になることがあります。懲戒解雇とは、「金銭の横領、重大なセクハラやパワハラ、殺人・強盗・強姦などの犯罪、経歴詐称」などを行った際に適用される、解雇の中でも最も重い処分です。

まず、会社側は社員が2週間以上の長期に渡り無断欠勤をし、出勤の督促にも応じなかった場合には、厚生労働省の定めにより労働者を解雇することが可能になります。さらに、社員の突然の無断欠勤により会社に損害が生じた場合には、懲戒解雇となるケースも少なくないのです。懲戒解雇となってしまった場合には、今後転職の際に不利な状況となってしまうことが多いため、注意が必要です。

突然辞める前に知っておきたい会社の就業規則について

突然会社を辞めることは、自分にとっても大きな損害となる場合があるため、まずは会社の「就業規則を調べる」ことから始めましょう。なぜなら、就業規則とは会社によりそれぞれ異なるため退職する場合には、その会社で定められた最低限の規則やマナーを守る必要があるからです。企業では退職する場合、「最低1カ月前〜2週間前までに辞意を表明すること」と定められていることが多いです。しかし、自分が現在行っている仕事や立場などにより、会社側から就業規則とは異なる期限を要求される場合もあるでしょう。会社側にも引き継ぎや人員の問題があるからです。どちらにせよ、辞める意志が固まった時点で、まずは直属の上司に相談してみることをおすすめします。ただし、セクハラやパワハラのような職場での問題や、ストレスによる精神疾患が原因で突然辞めたいという場合には、会社に相談することにより就業規則とは別の対応をして貰える可能性があります。

もしかして辞める?突然会社を退職をしそうな社員の兆候3選

突然会社を退職する人には、「辞める兆候」というものがあります。注意深く観察することにより気付くことができる兆候です。会社の人事担当者や責任者である人が、知っておいた方がよい突然会社を退職しそうな社員の兆候3選をご紹介します。

一つ目の突然会社を退職しそうな社員の兆候は、「仕事中に隠れて私用の電話をしている」というものです。基本的に社員が仕事中に私用の電話を受けるのは、「家族や身内の緊急事態」「転職先や転職エージェントからの連絡」のいずれかであると考えてよいでしょう。しかし、家族や身内の緊急事態である場合には、隠れて電話をする必要はありません。そのため、仕事中に私用の電話を隠れてしている場合には、確定した転職先や転職エージェントからの連絡である可能性が高いといえます。

二つ目の突然会社を退職しそうな社員の兆候は、「やる気がなく、引き継ぎ資料を作成し始めた」というものです。次の職場がほぼ確定している場合には、今現在の仕事に対しやる気が激減します。今までと仕事に対する熱量が明らかに違うという場合には、辞める兆候であるといえるでしょう。また、急に自分の仕事の引き継ぎ資料を作成し始めたときも、要注意です。この場合、すでに入社日までが確定しているために、引き継ぎをスムーズに済ませたいという状態であると見受けられます。

三つ目の突然会社を退職しそうな社員の兆候は、「自分のデスクを綺麗に整理し始めた」というものです。誰かに指摘されたわけでもないのに、自分の社内デスクを綺麗に整理し始めたときには、すでに次の職場が確定したと考えられます。このような場合には、転職先が確定し、辞める決意も固まっていることから、引き留めることはむずかしいでしょう。いつ辞めるかを上司に伝えるタイミングを伺っているだけである、と推測することができます。

会社の定着率を上げる方法

会社の定着率を上げるには、「優秀な人が辞めたくないと思える環境」を作る必要があります。優秀な人が辞めたくないと思う会社環境とは、「会社を辞める理由で挙げられたことの反対」を追求していけばよいのです。ここでは、優秀な人材に突然会社を辞められることがないように、会社の定着率を上げる方法をご紹介します。

優秀な人が突然会社を辞める理由は、「仕事の量が不平等かつ正当な評価を得られないから」「企業理念が理解できないから」「これ以上成長することができないと判断したから」の3つです。これら三つの不満があることから、優秀な人が突然会社を辞めたいと思ってしまうため、すべてを「望む環境へと変えてあげる」ことにより、「辞めたくない」と思うような定着率の高い会社にすることが可能です。

そのためには、「適正な仕事量と正当な評価基準を設けること」「企業理念を明確にする」「仕事の裁量権を与え成長できる社内環境を整える」という三つの改革が必要になります。さらに、優秀な人は常に自分自身を成長させたいと思っているため、社員育成のための支援制度や能力開発制度などが充実していると、より会社の定着率を上げることができます。

このように、優秀な人が突然辞めたくなるような不満をすべて取り除き、会社と社員がwinwinになるような社内環境へと変化させることが、会社の定着率を上げることへとつながります。また、社内改革においては、優秀な部下を育てることができる素晴らしい上司を配置することも重要なポイントです。優秀な社員を常に会社に定着させたいのであれば、これらの条件を揃えることが必須であるといえます。

まとめ

優秀な人が突然会社辞めるのは、「会社から正当な評価を得ていないこと」「自分自身の成長が見込めないこと」「会社の企業理念が理解できない」というような、会社および自分自身の将来の見通しができないことが理由であることが多いです。そのため、優秀な人材に突然会社を辞められないためにも、これらに現状が当てはまる場合には、大幅な社内改革を行う必要があるでしょう。

優秀な人は常に自分自身を成長させたいと思っています。優秀な人を会社に定着させたいのであれば、まずは企業理念を明確にし、社員をより成長・育成できるような社内制度を導入するなどの工夫や、仕事に対する正当な評価と自由に仕事を進められる裁量権を与えることが重要なポイントになります。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
MotifyHRで人材の定着率UP! 最適な離職防止方法解説セミナー
なぜ、辞めてほしくない人材が辞めていくのか⁉組織の課題見える化セミナー
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!