MotifyHR

パフォーマンス管理

マネジメント能力を高めたい人必見!必要なスキルや能力アップ方法3選

これから管理職になる人や、管理職を目指している人はマネジメント能力を高めたいと思うでしょう。それでは、どのようにすればマネジメント能力を向上させられるのでしょうか。マネジメント能力に必要なスキルや脳力をアップさせる方法についてご紹介します。

改めて「マネジメント」とは何か?スキルが必要?

マネジメントとはそもそも何なのかをご紹介します。

マネジメントとは管理すること

マネジメントにはいろいろな意味があり、基本的には何かを管理することを総称してマネジメントといいます。ビジネスにおいては、特に人材管理の割合が高く、管理職の上司が行う部下の指導・育成など全般をマネジメントというのです。部下をしっかりとマネジメントすることができれば組織力を高められ、チームとしてより大きな成果を上げられるようになるでしょう。

また、人材だけではなくて機材やお金などの管理もする必要があります。ビジネスにかかわるあらゆるものの管理を総称してマネジメントというのです。管理職というのは、マネジメントをする人と同義とも考えられます。

マネジメントするためにはスキルが必要

マネジメントというのは誰にでも簡単にできるものではありません。正しくマネジメントをするためにはスキルが要求されるからです。だからこそ今、管理職向けの研修や教育などが重視されています。マネジメントスキルのない人間がマネージャーに指定 されてしまうと、きちんと管理できず、その影響はとても大きなものとなります。チーム内の状況が混乱してしまい、企業にとっても大きな損失となります。これから管理職を目指すのであれば、マネジメントに要求されるスキルを身につけることが大切です。企業は管理職に対してマネジメントのためのスキルを身につけるサポートをすることが必要となります。

部下やチームを正しくマネジメントするために必要な「具体的スキル」とは

部下やチームといった人材をマネジメントするのに必要とされる具体的なスキルについてご紹介します。

コーチングスキル

上司として部下を成功に導くための能力のことです。部下の能力を最大限に引き出すための接し方ができなければマネジメントは上手くいきません。コーチングスキルとは、単に指示や命令を出すだけではなくて、それぞれの部下の個性に合わせて接していく技術が要求されます。コーチングを上手くすることができれば、部下は徐々に成功していき、最高のパフォーマンスを発揮できるようになるのです。そうなれば、チームに大きく貢献できるメンバーになるでしょう。そこまで導いてあげるためのスキルが管理職には必要とされます。

アセスメントスキル

部下の能力や資質を把握し、それぞれ適材適所に配置することが上司には求められます。そのためのスキルのことをアセスメントスキルというのです。それぞれの部下の特徴を正確に把握して、どんな仕事を割り振るのが適切なのか判断しなければいけません。単に技術的な部分だけを見るのではなくて価値観や性格、他のメンバーとの相性なども考慮に入れる必要があり、人を見る目があるかどうかがこのスキルにとって重要です。

ヒューマンスキル

こちらはコミュニケーションスキルと似たものと考えられ、他人と良好な関係を築いてそれを維持することができる能力のことです。これから上司として部下を管理するのであれば、信頼されなければいけません。部下からの信頼を得ることができないと、命令や指示を出しても聞いてはもらえないでしょう。他人と上手く関わることができるスキルはマネジメントをするうえでとても重要です。さまざまな場面で要求されるため、ヒューマンスキルを高めておくことが大切です。

リーダーシップ

部下やチームをまとめて牽引していくには、リーダーシップは欠かせません。マネジメントをするなかでリーダーシップを上手く発揮することができないと、とても苦労するはず。それはリーダーシップのある人のもとで仕事をしたいと誰もが考えるからです。この人の指示にしたがっていれば安心できると部下に思わせることができるスキルのため、リーダーシップのない人が管理職になったとしても部下は付いてこないです。だからこそ、リーダーシップを上手く発揮できれば、チームの士気を高めることができて、個々のメンバーが最大限に力を発揮できるようになります。

業務やプロジェクトを正しくマネジメントするために必要な「具体的なスキル」とは

マネジメントには業務やプロジェクトの管理も含まれています。この分野のマネジメントにおいて必要とされるスキルについて見ていきましょう。

決断力

プロジェクトを進めていくうえでさまざまな場面で決断をしなければいけません。そのときにリーダーとして冷静に状況を判断しながら決断することが求められます。さらにデータを参照して合理的に考えたうえで結論を出すことが大切です。そのため、決断力には論理的思考力も必要不可欠といえます。さまざまな手法や考え方を活用して、たくさんの選択肢の中から最善策を選び取るためのスキルが決断力です。

問題解決力

プロジェクトを進行しているとトラブルが発生することもあります。そのときに問題の原因を確認してどうすればそれを解決できるのか考えて対策を実行する必要があります。これらをスムーズかつ確実に行うために必要なスキルが問題解決力です。どんなに難しい問題に直面したとしても、正確な対応ができるスキルがマネジメントには必要不可欠です。

管理スキル

プロジェクトを進めていく際には予算や人材、スケジュールなどの要素を総合的に考えて計画を立てていきます。また、計画どおりに進まない事態はよくあるため、そのときに調整をする能力も求められます。これらを総称して管理スキルといいます。マネージャーが適切に管理スキルを発揮することができればプロジェクトは滞りなく進行して目的を達成できるでしょう。

テクニカルスキル

チームとしてプロジェクトを進めていく際には複数の工程が同時に進行しているものです。各工程ごとに業務内容は異なっていて、活用されている技術が違ったとしても、業務について幅広い技術や知識を持っていることが求められるのです。それぞれの工程でどのような作業が行われているのか、その技術的な意味なども正確に把握していなくてはなりません。

マネジメント能力や優れたスキルを持っている管理職の視点

管理職はマネジメント能力や優れたスキルを有している存在であり、独自の視点を持っているものです。ではどういった視点を持ってマネジメントに取り組んでいるのかご紹介しましょう。

視点は自分に向いていない

多くの社員は自分中心に考えながら行動しているものです。それでも問題なく業務を進めることは可能なのですが、管理職は自分に視点を向けていてはいけません。マネージャーはマネジメントをする責任のある立場にいるため、常に組織や部下、プロジェクトの未来といった外に視点を向けている必要があります。自分以外のところに視点を向けているからこそマネジメントができるのです。

全社視点を有している

優れた管理職は全社視点を持っているものです。全社視点とは会社全体を考えているということです。マネージャは自分の部署のことだけを考えてはいけないのです。その部署で進めているプロジェクトというのは、最終的には会社全体の利益にならなければいけません。近視眼的な視点ではなくもっと高い視点から物事を考えることが要求されます。

マネジメント能力を高めるために必要になるスキル向上のための方法3選

マネジメント能力に必要となるスキルを高めるための方法を3つご紹介します。

研修を受ける

多くの会社ではマネジメントに関する研修を実施しています。その中には強制参加のものもあれば、任意参加のものもあるでしょう。会社で研修を受ける機会があるならば、積極的に参加することをおすすめします。研修を受けることによって、講師からマネジメントに関する知識やスキル、コツなどを聞くことができます。それはこれから自分がマネジメントをする立場になったときにとても役立つはずです。

資格試験を受験する

マネジメントに関する資格試験はたくさんあります。試験ではマネジメントをする際の知識や心構え、スキルなどが出題されます。資格試験の勉強をすることによって、マネジメントに必要なスキルを自然と高めることができるのです。資格試験は出題範囲が決まっていて、参考書や問題集なども出ているため、マネジメントのための学習をピンポイントで行うことができるでしょう。そのため、効率よくマネジメントに関わるスキルを高められます。また資格を取得することができれば、昇進や転職などでも有利になります。

意識改革を図る

管理職は平社員とは異なる意識が求められます。必要とされる考え方や心構えをしっかりと身につけることを目指しましょう。管理職としての意識強化を図ることによって、マネジメントの能力を高めることができます。自分に与えられた役割を正確に意識して、どうすればより上手くマネジメントができるようになるのか常に考える習慣をつくりましょう。そうすればプレーヤーからマネージャーへステップアップすることができます。いつまでもプレーヤーの気分でいてはいけないのです。

まとめ

マネジメント能力を高めるための方法やスキルについて紹介しました。マネジメントをしっかりと行うためには、必要なスキルをしっかりと身につけることが大切です。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

人材開発プラットフォームサービス 『Motify HR』を運営しています。このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
セミナー『エンゲージメントカンパニー』 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
幹部社員の離職防止セミナー(10月) MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ