MotifyHR

パフォーマンス管理

リーダー必見! チームのパフォーマンスを最大化させる『チームビルディング』とは?

一人のリーダーが一方的にメンバーに指示する方法を取りつつチームとしての成果を残すことは、なかなか厳しいのもの。メンバー一人ひとりが最大限にパフォーマンスを発揮し、コミュニケーションを活性化させ、目標を達成できるチームをつくるために重要になるのが「チームビルディング」です。今回はリーダーや上司が知っておきたいチームビルディングについてご紹介します。

チームビルディングとは

チームビルディングとは、チームにおいて個々のスキルや能力・経験を存分に発揮でき、目標達成を目指せるチームをつくるための取り組みのことです。

チームビルディングとは、直訳すると「チームをつくる(構築する)」ということ。
単に優秀な人材を集めれば優秀なチームが生まれるというわけではなく、チームをつくり上げるためのワークやプログラム、研修や日常業務でのコミュニケーションといった具体的な方法を用いながら、ゴールに向かってメンバーそれぞれの異なるスキルを尊重し、融合させていくことが重要になります。

そもそもチームビルディングの目的とは、一人ではできないような目標にチーム全体で取り組み実現することにあります。そのためには、それぞれがスキルや能力を発揮するだけでなく、全員がメンバーとしてこのチームで目標を達成したいと強く思い、ビジョンを共有し、一体感を醸成し、何のために動くのかという目的を明確に持つことも大切になってきます。

チームビルディングを効果的に行う5つの段階

チームビルディングを効果的に行うためには、いくつかの段階を経ることが重要です。
心理学者のブルース.W.タックマンが提唱した「タックマンモデル」と呼ばれる有名なチームビルディングの理論をご紹介します。
これは、どのようなチームビルディングが求められるのかを段階別に明確にしたものです。

1.形成期

形成期とは、メンバーが決まり、チームがつくられ始めたばかりの段階を表します。
この段階は、メンバー同士の理解が不十分で、チームの目標も不確かなため、チーム内には緊張感があります。
メンバーは互いを探り合っているかもしれません。
次の段階に進むためには、まずメンバー同士が互いのことを知る必要があります。

2.混乱期

混乱期は、チームの目標が決まって、プロジェクトが進み始めた段階です。
メンバー一人ひとりの考え方はさまざまのため、メンバー同士で意見の対立が起こりやすいでしょう。
またメンバーの意識や関心も、チームの目標ではなく互いの行動や発言に向きがちです。
次の段階に移行するためには、意見の対立を恐れずに議論を通じて相互の理解に励むことが必要です。

3.統一期

統一期とは、意見を出し合ったことでお互いの価値観や考え方への理解が深まり、安定したチームへと統一されていく段階を指します。
チームの目標はもちろん、達成に向けた一人ひとりの役割もメンバー同士で共有できているため、チームにまとまりが生まれます。
メンバーの個性を活かした役割分担や、全員が納得できるチーム目標を設定するために、全員が主体的に動くことで、次の段階に移行できるでしょう。

4.機能期

機能期になると、チームとしてスムーズに機能するようになります。
メンバーがそれぞれの役割をまっとうするだけでなく、サポートし合えるようになっているはず。
全員が同じ目的のために主体的に動くことで一体感が増し、成果が現れ始めるのもこの頃です。
機能期を持続させるためには、リーダーによるメンバーへのサポートやチームワークを高めるアクティビティの実施などが効果的と言われています。

5.散会期

散会期とは、プロジェクトの終了やメンバーの異動により、チームとしての活動が終わる段階のことです。
チームビルディングが成功したかどうかは、この時期のメンバーの反応で判断できます。
解散を惜しむ声やメンバー同士で称えあう姿が見られるようであれば、よいチームで、成果を出せたと言えるでしょう。

チームビルディングを行うメリット

チームビルディングを行うことで、実際にどのようなメリットが生じるのでしょう?主に下記の3つが考えられます。

従業員間のコミュニケーションが活性化する

チームとして共通の目標を持つことで、おのずと会話が増え、コミュニケーションも活発になります。
また、上司や部下とのやり取りや、悩みを相談しやすくなる雰囲気がつくれるでしょう。

チーム内でイノベーションが起こる

多様な価値観を持ったメンバーが集まることで、一人では考えられないようなアイデアが浮かぶことがあるでしょう。
イノベーションへとつながる可能性も高まります。

エンゲージメントが高まる

チームに一体感が生まれることで、目標に対するモチベーションも上がり、結果的に会社へのエンゲージメントが高まることも期待できます。
またチームビルディング構築のために、業務以外で活動するのも効果的です。部門ごとでイベントを開催したり、朝礼、夕礼などを行ってコミュニケーションを取ったりと、工夫をしてみるのもおすすめです。

HRシステムを使ったチームビルディング

チームビルディングを構築するためにシステムを導入するのも一つの方法です。
ここでは、チームビルディングに活用できるHRテックをいくつかご紹介します。

MotifyHR

パルスサーベイから社員のエンゲージメントの状態や会社が抱える課題の可視化、新入社員の定着、即戦力化を促進するオンボーディングを実現できる人材開発プラットフォームです。
https://motifyhr.jp/

HR Onboard

入社1年以内の社員が離職する兆候を可視化し、具体的な対策をアドバイスする離職予防ツール。
入社者への毎月のアンケートによって「離職リスク」が可視化できます。
https://on-board.io/

Click boarding

ミネアポリス(アメリカ)の会社が提供しているツールで、他のHRに関連するツールと連携できるのが特徴です。人事情報システムや採用管理システム、給与計算システムなど、さまざまなツールと連携できます。
https://www.clickboarding.com/

ツールを使いながらチームビルディングを成功させる

各部門の部門長やリーダー、部下を持つ上司の方は、成果を最大化し、会社へ貢献できるようなチームを構築することが重要です。
そのためにもHRシステムなどを導入しながら、チームビルディングの構築に取り組んでみてはいかがでしょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
9/15 24開催 内定辞退に悩まない!オンライン採用時代の内定後フォロー術 MotifyHR
【新卒社員が本音で語る】内定者・新卒のエンゲージメントを高めるフォロー施策
経営者・起業家のための情報が満載!01ゼロイチ