MotifyHR

パフォーマンス管理

マネジメント能力のない上司は部下から嫌われる。特徴と接し方

公開日:2021.6.7

どんな人もマネジメント能力のない上司にはつきたくないでしょう。マネジメント能力は部下を正しく評価し、指導するのに重要な要素として重要視されています。では、具体的にはどういった能力なのでしょうか。ここでは、上司になるにあたって重要視されるマネジメント能力についてまとめていきましょう。

改めて知っておきたい、マネジメント能力とは

マネジメント能力とは、ビジネスの面でいうと部下を管理する能力のことです。ただし、単純な勤怠管理や仕事の割り振りだけではなく、部下の精神的なケアや成長管理を総称してマネジメント能力と呼んでいます。つまり、能力がない上司とは、部下を管理する能力がない上司ともいえるのです。

またこの能力は、人間だけに限らず、商品や資金を管理する能力としても使われます。マネジメント能力の高い人材とは、金、人、物を総合的に管理する力に長け、これらを適材適所に回すことのできる人材のことをいいます。つまり、この能力に優れた人物は優れた経営者になることもできるでしょう。人を管理する力という意味ではリーダーシップにも似ていますが、マネジメント能力は企業が運用するあらゆる資材を管理・運用する力なのです。

マネジメント能力がない上司と働くと部下は苦労する!

マネジメント能力がない上司の下で働くことになると、部下は非常に多くの苦労をすることになります。それは、上司の失敗の後始末を部下がしなくてはならない可能性があるからです。たとえば、仕事の割り振りで上司が効率的でない配置をしたとしても、上司はそのしわ寄せを受けることは基本的にありません。人材の置き方で迷惑を被るのは、実際にその場で働いている人たち。特に仕事ができる人に負担がかかることになります。

マネジメント能力のない上司は反省や後悔をしない傾向にあるため、仕事のフィードバックを考えず、どんなに大変な経緯だったとしても、一度できたのならもう一度できると、同じように仕事を振り続けます。結果、能力のある人ばかりに無理を強いることになり、部下は仕事をするのが馬鹿らしくなって転職してしまい、人手不足によってチーム内の仕事が滞ってしまうという負の連鎖が起こるのです。

さらに、マネジメント能力のない上司は部下を労うことをほとんどしません。それではチームのモチベーションがあがるわけもなく、人材育成もできません。場合によっては、自分本位な飲み会や会合を開いて労ったつもりになり、部下の心労を増やすことすらあります。こうした空気の読めない行動は、マネジメント能力のない上司の典型的な例です。

能力の欠如している上司は自己反省を行ったり部下からのフィードバックを自分の行動に反映したりといったこともほとんどしないので、周りにはいわゆるイエスマンだけが残り、さらに部下に気苦労をかけるという悪い連鎖にはまっています。つまり、マネジメント能力のない上司は個人に対して悪影響を及ぼすだけではなく、集団そして企業全体に悪い影響を及ぼす可能性があるのです。

マネジメント能力のない上司の特徴5選

マネジメント能力のない上司には、大きくわけて五つの特徴があります。

1つめの特徴は、「物事を深く考えない」ということです。あらゆる物事には表面的な意味の他に裏側の意味がありますが、能力のない上司は物事を表面的な部分にしか見ず、適当なおべっかに気をよくしてしまいます。結果、人の本質を見抜けずに人材の配置を失敗してしまいがちです。

2つめの特徴は、「部下の気持ちを察せない」というもの。能力のない上司は、部下のことを業務を続けるための歯車としか思っておらず、それぞれの事情があることを察することができません。結果、部下はついてこなくなります。

3つめの特徴は、「複数の仕事を同時進行できない」ということです。管理する部下や物品、お金の数が多くなれば多くなるほど、上司には複数の仕事を同時進行するスキルが求められます。それが出来ない人は、マネジメント能力のない上司と取られても仕方ないでしょう。

4つめの特徴は、「意見をまとめられない」という点です。マネジメント能力のない上司は、複数の意見があったときに、折衷案を提案したり、両者の間に立つということができません。もしくは、現場の意見を吸い上げず、自分を中心にした意見を出したりします。

5つめの特徴は、「付き合う人間を選ぶ」ことです。複数の人を管轄する立場にある人間は、どんなに自分と馬が合わない人相手であったとしても分け隔てなく接し、その能力を評価しなければなりません。しかし、能力のない人ほどお気に入りの人を過剰に評価し、口先だけの人間を重要なポジションに置いたりします。

【上司必見】マネジメント能力がないと思われないためのスキルアップ方法

マネジメント能力は非常に重要でありながら、向上する方法がなかなか見えてこないスキルです。しかし、スキルアップしようと思えば、高めることは不可能ではありません。

第1に、「部下の話をしっかりと聞く」ことが重要です。部下から個人的な話を聞きだすのではなく、仕事についてやりづらいと思っていることはないか、意見はあるかなど、積極的に意見交換のできる場所を用意する必要があります。

第2に、「人の気持ちを考える」ことが重要です。部下、重役、上司、取引先など、人を管理する立場になるとさまざまな人間とかかわることになります。その際、相手がどう感じているのか、自分の行動や言動がどんな影響を及ぼすのか考えるようにしましょう。

第3に、「現状を分析する」ことが重要です。自分はどんな印象を持たれているのか、どうしたら目標に達することができるのか、目標を達成するためにはどんな人間の協力がいるのか、といった点を分析し、最適な答えを出すことが、マネジメント能力に直結します。

こうした能力を身に付けるには、一朝一夕では難しいものです。そのため、自分が目指すマネジメント能力について深く知ってお機、必要な場合は書籍などでさらに学んでいくことが最適な手段です。

マネジメント能力向上方法が書かれている書籍3選

マネジメント能力を向上するために最適な書籍を三つ紹介します。いずれもマネジメント能力向上に必要な情報が詰まっているので、ぜひ参考にしてみましょう。

一つめの書籍が、「3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術」です。この書籍は、短時間でマネジメント術のスキルアップを図ることができます。シンプルなノウハウを知りたいという方におすすめの書籍です。

二つめの書籍が、「伝え方が9割」です。この書籍ではマネジメント能力の内、「伝える能力」に主な視点を置いています。部下への指示をする際に齟齬が生まれることが多い方におすすめの書籍です。

三つめの書籍が、「即効マネジメント:部下をコントロールする黄金原則」です。これは部下のコントロールに主眼を置いた内容。特にたくさんの部下を持っている方におすすめの書籍といえます。

マネジメント能力があるのにないと思われる五つの理由

能力があるのにもかかわらず、周りからないと判断されてしまう方には、総じて行動に問題があります。その具体的な行動をまとめてみました。

第1に、距離調整が下手だと、マネジメント能力に疑問符がついてしまいます。必要以上に部下と仲良くなろうとしたり、逆に部下に対して冷たくしすぎたりすると、マネジメント能力がないと思わてしまうでしょう。

第2に、必要以上に人を叱責しようとするという特徴があげられます。叱責は部下のコントロールをするために重要ですが、回数が増えすぎると、部下のモチベーションにかかわってしまいます。

第3に、感情をダイレクトにぶつけすぎるという点です。昔は熱血で真面目なことが美徳とされていましたが、必要以上に感情をぶつけられると、マネジメント能力がないと思われてしまいます。

第4に、見通しを話さないという点です。今行っている作業が何のためなのかを説明していないと、部下は上司についてきません。部下は感情を持った一人の人間です。しっかりと行動の意味を解説して、「役に立っている」という気持ちを感じさせてあげましょう。

第5に、気づきをフィードバックしないという点です。能力のある上司は部下の素行や組織の構造について何かと気づきがありますが、それは心に秘めたままでは意味がありません。目の前の仕事を片付けるだけではなく、しっかりと組織にフィードバックしましょう。

【部下必見】マネジメント能力のない上司とのかかわり方

上司がマネジメント能力のない人間だと感じた場合、部下としては一体どうかかわっていくべきなのでしょうか。ここでは、上司がマネジメント能力のない人間だった場合の解決策をご紹介します。

上司は本当にマネジメント能力がないのか?

まずは、上司には本当にマネジメント能力がないのかどうか、判断してみましょう。マネジメント能力に問題がない上司の問題点は、「的確な指示ができない」ことにあります。そのため、上司からの指示が的確なのかどうかという点で、その上司にマネジメント能力があるのか、ないのかを見極めてみてください。

上司にマネジメント能力がない場合、部下はどう働くべきか?

上司にマネジメント能力がないと判断できる場合、上司がどんな考えを持って指示を出しているのか、どんな信念を持っているのか、何を一番大切にしているのかなど、どこかのタイミングで聞き出してみてください。

こうすることで、上司が不快にならない範囲で提案ができるようになります。マネジメント能力のない上司に対して正面から意見を言うのではなく、部下からの一案として現状の改善策を提案することで、より働きやすい職場が実現するかもしれません。上司と敵対していると、人間関係に疲れてしまいますし、評価も落ちてよいことはありません。例え能力がないと感じる上司相手でも、笑顔で対応し、こちら側から改善できないか動いてみるといいでしょう。

まとめ

マネジメント能力のない上司は、部下との関係だけではなく企業全体にも問題を引き起こします。そのため、マネジメント能力のない上司にならないよう、人を管理する立場の方は普段から再三気を付けなければなりません。

一方、マネジメント能力のない上司を持った部下は、うまく上司をコントロールして、少しでもよい方向に持っていく必要があります。そうでなければどんどん環境が悪くなってしまうからです。マネジメント能力は自分ではなかなか見えづらい部分なので、他人の目を借りながらもうまく意識して付き合うようにしましょう。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

cloudhr

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
【ニューノーマル世代対応】特別レポート無料ダウンロード
無料簡易診断 エンゲージメントサーベイお申込みはこちら MotifyHR
【6/22開催】新入社員を即戦力化!会社に馴染ませパフォーマンスを発揮させるオンボーディング術公開セミナー MotifyHR
【7/14開催】サーベイを取っただけではエンゲージメントは上がらない!サーベイを活かすための施策セミナー MotifyHR
マンガで分かる「オンボーディング」のはじめかた!MotifyHR導入で新入社員の即戦力化と早期離職防止をサポート!