MotifyHR

エンゲージメント

【1分で診断!】ダニングクルーガー効果

公開日:2021.9.21

ダニングクルーガー効果は、なかなか自分の頭の中だけでは診断できません。
自分に自信をもって過大評価してしまっているうちは、どうしても抜け出せないものです。

そんな貴方は、もしかするとビジネスシーンで自分を過大評価して周囲を困惑させているかもしれません!こちらの診断ツールを使えば、質疑応答形式で採点できますので、客観的な診断が可能です。
診断結果に応じた解説へのリンクも設置していますので、診断結果を受け止めてしっかり対処していきましょう!
 
【診断ツールの使用方法】
1. ニックネームを入力してください。
2. すべての回答にチェックを入れてください。
3. 「診断する」を押すと結果が表示されます。

診断してみよう!



問1 : ダニングクルーガー効果を知っている





問2 : 他人の評価に関心はない





問3 : 日常的に目標を定めている





問4 : 成功も失敗も原因を追及している





問5 : 数字よりも直感のほうが大切だと思う





問6 : コミュニケーションが苦手だと思う





問7 : 問題を他責にしてしまうことがある





問8 : 否定されると反発したくなる





問9 : 導き出した結論が非合理的でも問題ない





問10 : 今の環境には成長の機会がないと思う













もう一度診断する

記事へ戻る

ダニングクルーガー効果の診断結果はいかがでしたか?
診断結果の点数において、予想通りでしたか?
診断結果が予想よりも低かった、高かった。完璧に予想通りの点数だった方はなかなかいないでしょう。

今一度、ダニングクルーガー効果の曲線をみて、自分がどこに当てはまるのか考えてみましょう。
自己評価と客観的な認識をすり合わせることで、ビジネスもより円滑に進められるでしょう。

ダニングクルーガー効果の曲線

この記事を書いた人

HR BLOG編集部

このブログでは、「経営者と役員とともに社会を『HAPPY』にする」 をテーマに、HR領域の情報を発信しています。

この記事もオススメ!

一覧へ